ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


日向(艦これ)


ヨミ: ヒュウガ
掲示板をミル!
273カキコ!
■im3877046(静画)

伊勢航空戦艦日向、推して参る」

日向(艦これ)とは、旧日本海軍戦艦及び航空戦艦、「艦隊これくしょん~艦これ~」に登場する艦娘である。
CV大坪由佳


そうか、私の概要なのか


日向伊勢戦艦2番艦がモチーフクールお姉さん姉妹艦である伊勢が事あるごとに日向に話しかける描写が多いのに対して、日向からはられないどころか、似たような経緯で航空巡洋艦になった最上を気遣う方が多い (コミック版では「ウザイ」とまで言ってしまって伊勢が半泣きになることも……)。ただ、入渠修理の時は伊勢に後を託したり、中破の際には「伊勢には見せられない」と言ったり、最期の時も伊勢に別れを告げる・・・つまり伊勢のことを全面的に信頼しているから、非常時以外はいちいち言及しない姿勢と捉えることができる。

実は日向最上に言及するセリフは一種類しかない。それでも伊勢より最上の方にご執心という印になるのは、最上へのセリフMVP時のものだからである。日向が強くてMVPを取りまくり、滅多に大損を負わないものだから、印として最上にばかり気にかけるイメージになるのだろう。

航空戦艦になってからは航空戦艦の有用性をる事が多く、自身に対して強な自負がある。その辺りをネタにされ、提督諸氏からは「(日向/瑞雲)師匠などと呼ばれる事も。
ただし、加賀のように同僚や他の艦娘に対して上から目線台詞を発することはない。
事実航空戦艦になると火力は下がるが(を2基降ろしているので当然だが)対及び索敵、回避が大幅に上がりバランスが良くなっている上、運の数値も伊勢と並んで後述の改二では戦艦として高数値(2019年現在ウォースパイトトップアイオワ榛名改二と続き、日向改二伊勢改二長門改二と同率4位)をマークしている。航空戦艦になる事で対潜攻撃を持つので戦艦の二巡攻撃特性を利用して航空撃・対潜戦闘とあらゆる状況で運用できる万性を得ている(但し適切な装備を吟味する必要有り)

空母の艦載機ほどではないが水上爆撃機水上戦闘機も艦載機熟練度システムの恩恵を受ける事ができ、熟練度がMAXになると制値が+9されるため、西方域(4-X)や北方域(3-X)のウィークリー任務周回時には制値を航空戦艦で微調整し、空母に1スロでも多く艦上攻撃機/爆撃機を積んだりするために戦艦として採用される事もある。

また稼働日未定艦これアーケードでは、姉妹艦の伊勢と共にタイトルロゴの艦船シルエットに採用されている。(二人の艦名の末尾だけを読むとセガになる)

色々な事ができるMMDではバード形態に変形したり大気圏突入したり当たり前のように飛んだりとぶっ飛んだされ方をしている。
 
ボイスには艦名を受け継いだヘリコプター搭載護衛艦・DDH-181ひゅうが」に関する発言が多い(詳しくは後述)。


四コマ『吹雪、がんばります!』での活躍


No.003 伊勢二番艦 戦艦 日向

伊勢と共に駆逐艦たちの面倒を見る。
暴走しがちな伊勢に対するツッコミ役。

吹雪、がんばります!』第1巻 艦娘紹介!より引用 

公式四コマ吹雪、がんばります!』では伊勢と並んで吹雪駆逐艦の教官を務めており、後輩艦娘からも信頼されている様子が伺える……が、同時に個性が強い戦艦空母組のメンバーの抑え役にもなっていて気苦労が絶えない。最近ではサボり癖がある伊勢を監視することが多い。ゲーム較するとクールというよりは生お姉さんになっている。


コミックアライブ『いつか静かな海で』での活躍


第一話の役として連載開始時のイメージイラストコミックの表にも登場しており、作品全体の役とえる存在(後述の第一護衛隊群「ひゅうが」との兼ね合いもあると思われる)

航空火力部隊旗艦として伊勢最上大井時雨夕立(後に北号作戦組の大淀初霜朝霜)を率いている。前述の『吹雪、がんばります!』同様年少の艦娘から慕われており、伊勢にして「こういうのも似合うじゃん」と面倒見が良い一面も見られる。

一区切りとなるコミックス3巻の巻末エピローグにおいても、日向線をとおして鎮守府日常が紹介され、伊勢加賀らとともに、海上自衛隊の新世代DDHグループへと繋がっていく。


『水平線の、文月』


鎮守府力部隊の旗艦であり劇中では提督代理。秘書艦として伊勢香取鹿島が居る。非常に駆逐艦たちからは憧れの存在であるが、生ゆえに根を詰める事が多く伊勢のフォローに人知れず感謝している(もっとも伊勢それとなく気づいているが)


護衛艦「ひゅうが」との関わり


航空戦艦後の日向は自身と海上自衛隊護衛艦ひゅうが」に関係する発言が多く、この事が彼女の性格付けに大いに寄与している。


改装航空戦艦、日向改二だ。さらに航空艤装を強化した。もちろん瑞雲の運用も可能だ、いけるな。


[画像][外部]

2019年3月27日伊勢改二に遅れる事9か。遂に日向改二実装された。既に伊勢改二実装直後に実装が明言、2019年カレンダー一月度で伊勢改二とおいの衣装で出ており文字通り待望の実装である。

同年3月に艦状態でのスタイル艦娘姿のシルエット運営鎮守府から提示されており、BBH-HYUGAネームが付けられており、その姿も伊勢改二との相違点が見られた(具体的には艦首伊勢改二は三連装2基に対して、日向改二は連装と三連装の混載。全通甲の右舷前方にヘリコプターらしき着陸デッキエレベーターとそちらに直結する形のカタパルト)

そして、上記の通り日向改二はあらゆる意味で伊勢とは一味違う改二としての方向性をし示した。

レベル90実装時のトップタイ(同率首位に瑞鶴改二甲・サラトガMk.Ⅱmod2からのコンバートによるMk.Ⅱが居る)必要になる資材が弾薬4500、鋼材8800、装設計図x2、試製甲カタパルトx1戦闘詳報x1、新航空兵装資材x1、開発資材x181」伊勢改二以上を要される。これはもだが、後述する持参装備に影されている。なお、開発資材要数の「181は上記の護衛艦ひゅうが」の艦ナンバー『DDH-181』から(艦首ペイントされている)

航空戦艦への艦種変更・第5スロットの開放・の装備は第1と2スロットのみ、艦戦艦爆艦偵が装備可になりWG42が装備不可能になったのは共通だが、伊勢改二57機の搭載に対して日向改二50機と少なめ、更にスロットの配置数も伊勢改二が「2・2・2222・9」に対して「2・4・22・11・11」となる。

ステータスから火力が1下がっており、戦艦としては他の改二較すると最低レベルえるが、初期装備に試製41cm三連装を持っておりワンランク上のフィット補正が付くようになったので後述の艦載機の補正と合わせると実際の戦はほぼ据え置きか微増している。ただ、戦艦としては耐久・装甲はかなり低いので(からほぼ据え置き)増加した燃料・弾薬の消費の割にはという・・・ケースもある。

補正装備は41cm系統の上位機種41cm三連装改二(伊勢日向を模した妖精が乗っているので分かり易い)陸奥改二実装で追加された41cm連装改二(同装備は扶桑改二長門にも補正がある。なお持参装備である「試製41cm三連装」は過積載によるマイナス補正はいが補正も付かないので注意したい)、二式艦上偵察機彗星二二系統の各種艦爆

そして各種部隊名表記の瑞雲であり、同日に瑞雲改二(六三四)』及び同『熟練』実装された。ステータスの高さ(索敵値が+7、8爆装値が+10、11水上偵察機や艦上爆撃機の上位機種に匹敵する)も注だが、日向改二伊勢改二に載せると熟練の場合は単独で火力が+8(素の状態で+2と装備時の補正+6の合算)装備させるだけで金剛改二に匹敵する火力が付くという破格の補正である・・・

??「やはり、瑞雲は最高の機体なのだな」 

対して日向改二のみのスキルえるのが戦艦一の対潜先制攻撃になった事。ステータスを見れば一瞭然だが、LV99で装備しで対潜値「81」を叩き出し、駆逐艦はおろか一部の軽巡をも駕する対潜火力である。更に改二になって小ソナーも装備可になり持参装備である「オ号観測機及び「カ号観測機」を2スロット装備して対潜値が「100」をえると対潜先制が出来るようになっている。同時に上記にある回転機の上位機種とうべき「対潜ヘリコプター実装

この対潜ヘリコプター日向改二のみ1スロット装備のみで先制対潜攻撃が可なる=残り4つのスロット+増設施設で火力向上や対射撃などのセッティングが出来るので伊勢改二と同様、それ以上に装備選択が重要になっている。

もう一つは同日伊勢改二にも共に実装された立体攻撃』『瑞雲立体攻撃』である。

  1. 状態が中破以下(大破だと発動しない。これは弾着観測射撃と同様)
  2. 立体攻撃』×1彗星(六三四)系x2。該当するのは彗星二二(六三四)と彗星二二(六三四/熟練)、彗星一二(六三四/三号爆弾搭載機)
  3. 瑞雲立体攻撃』×1瑞雲系×2を装備している(こちらは機種は問わない)
  4. 権確保または航空優勢である

上記条件の1・2・4か1・3・4を満たせば単発撃の1.3倍(瑞雲~の場合は1.35倍)の火力が出せる。

メリットは弾着観測射撃とべると、徹甲弾水上偵察機を載せる必要がく該当航空装備には対爆撃値が付いているので航空戦での制値の上乗せと敵艦隊への手数を増やせるのと伊勢日向改二は装備補正が多いのでステータスの底上げが期待出来る

デメリット弾着観測射撃の「×2・徹甲弾水上偵察機」の組み合わせの1.5倍より劣る事と対射撃で艦載機が全滅すると条件4を満たしても発動しない。
そのため、運用するにあたっては弾着観測射撃と同様に及び航空機修を充分行い修値による数値の上乗せを行う、制権を確保するため(+火力の維持)に制担当の空母など僚艦の選択を適切に行う必要がある。


次へ»
最終更新日: 19/04/08 09:36
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ