ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


日向ネジ


ヨミ: ヒュウガネジ
掲示板をミル!
196カキコ!

日向ネジとは、岸本斉史漫画NARUTO」に登場するキャラクターである。

アニメでのCV遠近孝一が務める。


概要


初登場は中試験編。木の葉にて最強の「日向一族」の人間であり、他の日向一族と同様にチャクラから放出し、相手の体内に流し込んで内部からダメージを与える「柔拳」の使い手である。
暑苦しいマイト・ガイが率いる第三班の一人で、ロック・リーテンテンチームを組んでいる。ちなみに主人公ナルト達よりも三班は全員1つ年上である。

日向一族では日向始まって以来の天才と呼ばれており、その実は当であり伯父でもあるヒアシも認めるほどだが、ネジは分の出身であるため宗に逆らえないように額には呪印が刻まれている。
この呪印は宗に逆らおうとすればたちどころに苦痛が走り、宗人間がその気になれば殺すこともできる悪な代物で、死の際には日向一族固有のである「眼」のを封印される。

ネジは幼少期に起こった日向ヒナタ誘拐事件の際、隠れとの戦争回避の条件として提示された「日向ヒアシの死体を渡せ」という条件を飲むために、自身のであり日向ヒアシであった日向ヒザシを身代わりとして殺されたと思っており、日向に並々ならぬ憎しみを抱いている。
同時に自身の呪印を「籠の中」と言い、憎しみを募らせつつも宗には逆らえないことや自身より圧倒的に実で劣る日向ヒナタが宗人間であったことからある種の達観とも諦めとも言える思いを抱いており、「運命にはも逆らえない」、「人の運命は最初から決められている」という考えを持つようになる。 
また自分よりも実が劣る人間を見下しており、当初はチームメイトのリーとも諍いが絶えなかった。

アニメではガイ班ということもあってかオリジナルストーリーギャグ描写が描かれることも多い。
ロック・リーの青春フルパワー忍伝ではリーと共にボケたり女装させられる等大蛇丸程ではないにせよキャラ崩壊を起こしている。


中忍試験編


試験ではやたらと第七班のうずまきナルトうちはサスケ春野サクラに絡むロック・リーとは違い、中試験第三試験の予選まではこれといった戦闘描写もなく、実も不明だった。
しかしその予選で同じ日向一族の日向ヒナタと対戦すると、試験ならば宗・分は関係ないとばかりにヒナタを精的に追い詰めようとするがナルト励で失敗し、いざ対戦となるとややヒナタに押されているかのようにも見えたが、ネジはすでにチャクラ放出するための「点」を突いてヒナタの攻撃を全に封じており、結局はネジの圧勝に終わっている。しかしこの時最後にヒナタに核心を突かれる言葉を言われた際は殺気で試験官の上ビビらせ、上の静止が遅れれば確実にヒナタを殺そうとしていた。

試合後にはあまりのネジの冷酷振りにキレたナルトに詰め寄られ、「ぜってー勝つ!」と宣戦布告をされるが意に介していない様子だった。

本戦では初戦でいきなりうずまきナルトと対決。当初はナルトの玉砕覚悟の攻勢に驚かされたが、独学で習得した八卦回天ナルトの攻撃を防ぐと、ヒナタ戦同様に点を八卦六十四で突き、ナルトチャクラを練れないようにする。
これで勝負ありと思いきや、土壇場でナルトが九尾のを引き出したことでパワースピードが上昇したナルトに一転苦戦。最後はナルトの正面からの突進を回天で弾き返してナルトを倒したと思いきや、倒したと思ったナルトは影分身で、地中に潜っていた本体のナルトの一撃を受けて敗れた。

試合後、病室で休んでいたところにヒアシの訪問を受け、ヒアシからられたの死の真実とヒアシ自身からの謝罪、そして試合の中でにかけられたナルトの言葉を受けてそれまでの宗への憎しみや自身の考え方をめた。


サスケ奪還編


サスケ奪還任務では奈良シカマルが集めたメンバーの中で一の年上。シカマルから副隊長に任命され、隊列の最後方の警を担う。

その後チャクラを流し込んで強粘着を持つ糸を作ることが出来るという特別な体質を持つ童丸と隊が接触した際は、隊で童丸の作る糸を柔拳で破ることができるということでその場に残り、他のメンバーを先行させる。

童丸の糸によって防御手段である回天を封じられ、なおもしい攻勢をかけてくる童丸に八卦六十四で対抗(アニメでは八卦二十八を披露している)するが、360°見渡せると思われていた眼のわずかな死を見破られ、そこを底的に突かれることで徐々に追い込まれる。

童丸が状態2を解放するとさらに追い込まれ、ついには蜘蛛心臓付近を貫通されるという重傷を負う。(さすがにアニメではマイルドな表現にされた)
しかし最後はギリギリで致命傷を避けつつもわざと矢を体に受け、その矢につながる糸からチャクラを流し込んで柔拳を行うという決死の作戦童丸にダメージを与え、さらにボロボロになった体で童丸に特攻を仕掛けついに撃破に成功するが、同時に自身もその場に倒れた。

その後はシズネ率いる木の葉の医療忍者部隊の懸命な治療もあって事に回復し、和解したヒアシやヒナタと修行を重ねる姿が描写されている。


第二部


いつの間にやら上にまで昇格している。
我愛羅奪還任務ではカカシ班と合流する際に干柿鬼鮫と対決するが、ロック・リーテンテンと共にの術で囚われてしまう。その後ガイとの交戦中に隙を見せたことでから脱出した。
カカシ班と合流後はアジトの封印を解くために班員それぞれが単独で行動するが、相手のトラップにより自分自身と戦うことになった。
トラップ解除後はデイダラの追跡を行うがデイダラの自爆分身によって取り逃がしている。

以降しばらく描写がかったが、第四次界大戦では、戦闘による疲労でダウンし、キバが話しかけているのに対し丸に言葉を返すなどややコミカルな面も見られた。 回復後は十尾と戦うナルト達の救援に向かい、十尾の攻撃をいのと協してずらすも、覚醒した十尾の木遁による広範囲攻撃に苦戦。直後、ナルトとヒナタを守るために二人をかばって致命傷を負い、ナルトの呼びかけに対し、かばった理由を「お前天才だと言われたからだ」と言い、ナルトに後を託して息を引き取った。大戦ではナルトと共に中試験を受けた当時の木の葉の下の中で一の死者となった。


関連動画



■sm7631308[ニコ動]


関連商品


■az4088735951


関連コミュニティ


日向ネジに関するニコニコミュニティを紹介してください。


関連項目



最終更新日: 14/12/19 01:10
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ