ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


日本の右翼・左翼


ヨミ: ニホンノウヨクサヨク
掲示板をミル!
328カキコ!

ここでは右翼および左翼のうち日本の事に関することを記述する。


明治国家においての「右翼」


   体制


自由民権
新ブルジョワジー
大正デモクラシー
リベラリズム
政府
官僚エリート
軍部
閥・大地


社会主義
共産主義
アナーキズム
天皇原理
対外膨
国家主義
高度
農本
   反体制

日本の場合、フランス右翼、つまり保守反動を旨とする王党派に対応する、江戸幕府はこれを継承する者、掲げる者含め政治的立場としては、雲居雄の反乱謀議を除けば、皆無であった。文化的立場として、新政府を攻撃する元幕臣成北や、近代化を嫌い、江戸文化への郷愁を思った永井、幕府軍の行進曲を創ろうとした架を描いた、保田重郎があった。

旧体制、つまり幕体制復を標榜する「右翼」は一掃された中で、「自由義」、「民主主義」、「社会主義」に対する「保守」、「反動」として、「自由等・友愛」に対して、「秩序・権威・忠」を掲げる政治的立場が新しく生まれた。この場合、天皇中心義(天皇親政から立君主制と幅はあるものの)がある。

明治前期

秩父困民党 植木枝盛 中江兆民 河野広中 板垣退助  大隈重信 伊藤博文 山県有 陸軍 閥官僚 西郷隆盛 学者グループ 天皇親政
自由民権 議会 専制 近代

天皇親政皆無であった。代わりに頭山満の「玄洋社」やその社員内田の「黒龍会」が掲げた「天皇中心義」や「義」。急進的な「対外拡義」、「防充実」が「ナショナリズム」=「民主義」として働いた。これが右翼の特徴とされる。

但し、「天皇中心義」は天皇親政とは全く違い、近代国家特有の新しく創造された権威、国家元首・大元帥を前提とした。「義」も、多くは明治知識人の視点から取捨選択された「歴史」や「文学」、「日本美術」が多かった。これは徳時代、政治的には将軍・大名を仰ぎ、文化的には支那儒教が知識人の尊ぶ処にあったため「天皇」や「日本伝統」は極めて体制の外側に位置していた為である。実際、天皇中心義、義(日本文化至上義)は、賀茂淵、本居宣長、平田篤胤らが、古典研究から入って、インド支那等異文化の崇拝をめ、日本文化復権を訴えた文化運動、「学」や、儒教思想から「天皇中心義」「義」を導いた「闇斎学」「水戸学」は、儒教正統派の朱子学やリアルな徂学とべて反体制的な思想に過ぎなかった。

かしこれらの思想は幕末、開をきっかけに、欧軍事的脅威を前にし、「尊皇攘夷」のスローガンの下、結集し、天皇を中心とする統一国家立して対外的脅威へ抗う、倒幕志士の行動針となる。

その後、倒幕志士の中心、つまり長閥=明治政府はこれを一部取り入れ、新しく近代的統一国家形成にあたり、心的シンボルとして有効な天皇的なイメージを残した。但し、攘夷は当時の世界情勢を鑑み、外交・交易の進展が図られる中、退けられ、天皇はあくまで国家統合のシンボル、元首として残り、平田学者の古事記神話背景とする秘的な天皇学は次第に啓して遠ざけられていった(一部教育分野で残る事になる)。

明治政府は基本路線として、独立維持、欧と拮抗する為の富強兵を掲げる。その中で、軍隊の拡充、官僚制度の整備を進める山県有政府内「右」や、排斥された西郷隆盛の「遺論」、征論等のアジア連帯論や対外膨義と分化していく。但し政府は当初、相当に慎重で、朝鮮への干渉もロシア強硬外交も、反政府的な「右翼」団体、玄洋社や黒龍会に対し弾圧を加え、それらは反発し、独断的な行動を企てていた。

「尊皇」のうち退けられた秘的部分は、教育分野で生き残った。小学校高学年で教えられる史は、神武天皇以来の皇統の暗唱から始まり、古事記神話をも「歴史」として教えた。


明治期の「右翼」団体


明治中後期

幸徳秋水 田中正造 片山潜 近代文学 尾崎行雄 板垣退助 大隈重信 新ブルジョワジー 西園寺望 伊藤博文 桂太郎 山県有 陸軍 官僚 地階級 貴族院 玄洋社 黒龍
初期社会主義 政党政治家 内閣 初期右翼

この頃は、今から考えられる程、「右翼」として確固たる、つまり「左翼」と分化している部分は少なかった。

右翼の代表格と言われる玄洋社も初め、自由民権を唱える政治結社として始まり、リーダー頭山満は全的な民権運動の大会等にも出席している。しかし、明治19年清国艦隊が長崎に入港した際に清国兵が市民を暴行強姦し、日本警察隊と戦を繰り広げ双方合わせ数十名の死傷者を出した事件(通称長崎事件)が起こったのをきっかけに、頭山は、民権よりまず権だ、軍備充実だと悟り、方針転換を図った。自由民権運動の「左」、大井太郎等も殊に晩年、日本の対外拡を強く訴えた。また中江兆民も、対ロ強硬と大陸進出を訴える民同盟会に参加した。兆民は頭山と交流があり、玄洋社員来恒喜が不等条約正で日本に不利な妥協案を成立させようとした大隈重信へ投じた爆弾は、大井太郎が民権運動で用いるために製造したものだった。

また玄洋社頭山満は大アジア義を掲げる中で、孫文中華民国)やラス・ビハリ・ボース(インド)らアジア革命への支援を行った。


大正デモクラシーの中で


大正

大杉栄 荒寒村 山川均  白樺 大正教養義 吉野作造 犬養毅 原敬 山県有 陸軍 官僚勢 地・ブルジョワジー 玄洋社系 大陸浪人 テロリスト
大正社会主義 大正デモクラシー 特権勢 右翼

大正デモクラシー期は、世界史の流れよろしく、大日本帝国内の権も右から左へ動いていく傾向にあった。論権「右」も、依然陸軍や官僚機構として大きな権を持っていたが、第一次世界大戦後の世界的な平和ムード、軍縮の流れに押され気味であった。日露戦争後、曲がりなりにも軍事経済的に先進国の一員を自任出来るまでになって、軍備充実、対外拡を焦らねばならぬほどの危機が去ったのもあった。


昭和初期-右翼テロの時代


昭和恐慌、世界恐慌と相次いだ経済危機により、海外経済圏をめる動きが生まれた。陸軍の一部が石原莞爾等の下に満州事変を起こし、満州に傀儡国家満州立して、日本が実質的に支配する植民地とした。また理想義として、五族協和、日アジア民族が、白人支配から独立して共存する大アジア義のユートピアが構想されていた。但しこの頃には内田といった一部の右翼活動家の中には支那民族からは手を引き、満州に依拠するのみとする立場も出始めていた。

また若い軍人の中には、クーデターで権を奪取し、資本家、また資本家階級と一体化して腐敗した政治家、を一掃し、理想の日本めて建設しようとする思想を抱く者、革新将校、青年将校が現れた。
また知識人や民間政治団体の中でも、似たような思想を抱き、実現を論む、北一輝大川周明等が現れた。

血盟団事件、5・15事件を頂点とする一連の重臣や軍人官僚へのテロ2・26事件を頂点とする一連のクーデター未遂事件は、こうした思想を抱く革新青年将校と民間右翼」団体が引き起こした。この中で後の稲川組となる綿政会の顧問、児玉誉士夫もデビューした。


革新右翼


第一次世界大戦後、欧は軍備を著しく機械化し、民を総力戦へ動員出来る体制を強化しつつあった。その中で後進諸であったドイツソ連はそれぞれファシズム社会主義の体制をとって議会制民主主義し、高度な軍事国家を実現していった。

日本国内でも遅れをとるまいと軍人や「右翼」が躍起になった。「昭和維新」を起こし、高度国家立しようとする思想が生まれた。的は軍義、国家主義だが、そこには資本家政党政治家権亡者、権亡者ぶりを批判して、彼らの犠牲となって窮乏する東北の農民や労働者の救済も掲げられた。これらの構想は議会制の停止と計画経済を描く中で「左」に近づいたともいえる。

このように昭和の「右翼」もまた、明治期の右翼同様「革新」であった。ただ一つ、同じ革新的でも左翼と違ったのは「昭和維新」を唱え、天皇絶対義を奉じていた点であった。

明治維新で出来た政府は、天皇国家の中心に据えこそすれ、長出身の導者が操るものであった。大日本帝国憲法制定後、これは立国家徴的君の形で制度化された為であり、近代政治理論を理解した東京大学卒業の高級官僚や学者エリートは十分理解していた。がしかし、一般庶民また軍人エリート向けの教育では、天皇は「万世一系」の「現人神」で全民の慈悲深いと信じさせられていた。戦後、思想久野収は、これを仏教内のエリート向け教義と大衆向け教義とのダブルスタンダードと喩えて、前者を「密教」、後者を「顕教」と呼んでいる。

昭和の「右翼」は、明治の権者が庶民用、軍人用に創り上げた「伝統」を信仰し、これを前提として、私心なきである天皇が直接支配すれば、農村中心の穢れなき日本回復するというユートピアを夢想していった。

そして学問的エリートの通説、「天皇機関説」を、天皇陛下蒸気機関のごとく見做す不敬な学説ゆえ弾圧すべしと突き上げるまでに至った(国体明徴問題)。

その実現の為には、個人、少数同志によるテロ、あるいは軍人クーデターを考え、情的に、自らが自爆的に死ぬロマンチックな行動で人々の心情に訴えようとした。


昭和戦前期-「右翼」のユートピア実現


昭和戦前


日本共産党 マルクス義知識人  自由義知識人 無産政党 民政党 政友会 西園寺 財閥 陸軍 革新官僚 (満州国 石原莞爾 青年将校 北一輝 大川周明 農本

左翼 政党政治 国家総動員

昭和維新

テロクーデター計画は取り締まられ、その中でも最大規模の二・二六事件は、首謀者17名が死刑となった。しかし、天皇絶対義の顕教教育を受けた一般人の「右」への同情には広範なものがあった。


次へ»
最終更新日: 17/10/17 23:34
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ