ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


日本帝国政府開示法


ヨミ: ニッポンテイコクセイフカイジホウ
掲示板をミル!
2カキコ!

日本帝国政府開示法(日本帝国政府情報公開法)とは、2000年米国議会で成立した法律である。

英語表記は「The Japanese Imperial Government Disclosure Act of 2000」。


概要


中国系組織「世界抗日戦争史実維護連合会」のロビー活動により2000年米国議会で成立した法律で、米国政府機関に対し、第二次世界大戦における日本戦争犯罪に関する未開文書の開示めるもの。

クリトン政権時代に成立した「1998年ナチス戦争犯罪開示法」と合わせて、ナチス戦争犯罪日本帝国政府の記録の各庁作業班(Interagency Working Group、IWG)が結成され、2000年から2007年にかけて、日本戦争犯罪に関する未開資料の調が行われた。


調査結果と影響


2007年4月にまとめられた最終報告書には、日本の官による捕虜虐待民間人殺傷の代表例が数十件列記された一方で、20万人に及ぶともされる慰安婦関連は皆無であった。文書の点検基準として、いわゆる慰安婦の組織的奴隷化に関わる文書を発見するよう示されていたにもかかわらず、である。 IWG最終報告書(2007年4月) :27.

本報告書における日本戦争犯罪に関する報告数は、ナチスべて少なく、スティーブン・ガーフィンケルIWG委員長代行は「期待していた諸氏は失望することだろう」と所感を記した。IWG最終報告書(2007年4月) :xii.

また、これだけの規模の調で何も出てこないことをもって、「日本による中韓女性の組織的な強制連行・性奴隷化論が虚構であることの明だ」とするも現れ、議会の対日非難決議(2007年)や国連クマラスワミ報告などの撤回をめる動きへの影も示唆された(関連リンクを参照)。


関連項目



関連リンク



最終更新日: 15/01/18 09:35
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社