ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


日独伊三国軍事同盟


ヨミ: ニチドクイサンゴクグンジドウメイ

日独伊三国軍事同盟とは、1940年9月27日に締結された軍事同盟である。
正式名称は「日本独逸伊太利間三約」。


概要


先に締結された日独伊防共協定軍事同盟に発展させたもので、のちの枢軸国子となった。

1936年11月25日日独防共協定が締結され、仮想敵ソ連を警する同士緊密な関係になった。しかし何を思ったのかドイツソ連との間に突如不可侵条約が結ばれた。このため一度はドイツとの距離が離れたが、第二次世界大戦におけるドイツ軍の精強っぷりに親ドイツが再燃。世論は日独関係強化を望んだ。ドイツを模範として育ってきた日本陸軍は親ドイツが多く、関係強化に積極的だった。一方で軍は反ドイツだったため、陸軍で喧が勃発。特に反ドイツ徴的存在だった山本五十六長官は陸軍に恨まれており、暗殺を警した軍大臣に戦艦長門へ異動させられる事態にまで発展した。軍の反対とは裏に、ドイツとの距離は徐々に縮まっていった。

1937年7月より勃発した支那事変が未だ終結の兆しが見えず、社会から孤立しつつあった日本政府は圧を強めてくるアメリカへの牽制を考えていた。とても強いドイツと連携する事は、敵・中華民国支援するアメリカへの威嚇に打ってつけだった。一方のドイツアジア方面から等を牽制して貰いたかったので、1939年1月日本を同盟に誘った。ちょうどその頃、何かと親しいイタリアが英と対立して社会から孤立していた。このためイタリアにもをかけて同盟を持ちかけた。

1940年9月ハインリッヒ・シュマーター特使が来日。松岡外相と交渉に入った。この頃になると、軍内から盛んに上がっていた反対意見も少なくなっていた。そして9月27日ベルリンで日独伊三国同盟が調印された。同盟を大別すると「独日本が築こうとしている大東亜共栄圏を認める事」「日本ドイツイタリアヨーロッパ新秩序を認める事」「日独のうち一ヶが攻撃を受けた時は、他二ヶが攻撃を仕掛けた宣戦布告し、軍事経済支援を行う」「有効期限は10年」になる。元の防共協定はソ連を仮想的にした同盟だったが、三軍事同盟ではアメリカ仮想敵に加えている。日本は三同盟にソ連を加えた四国同盟を構想していたが、ヒトラーの支持を得られなかったので単独で交渉する羽になる。こうして日独は同盟の関係になり、軍事顧問として中華民国を貸していたファルケンハウゼンが本に引き上げた。

11月23日ハンガリールーマニアスロバキアが三同盟に参加。1941年3月1日にはブルガリアが参加した。ドイツユーゴスラビアに圧をかけて3月25日に三同盟に参加させたが、反枢軸クーデターによって政権が転覆。これに激怒したヒトラーバルカン半島に侵攻し、ユーゴスラビアを粉砕。新たに誕生したクロアチア独立国6月15日に参加した。日本タイ王国にも軍事同盟に加わるよう要請したが、こちらは不成功に終わった。

第二次世界大戦中の19439月イタリアが降伏し、日独の一が崩れる。が、直後に成立したイタリア社会主義共和国が抜けたイタリアの代わりに参加。しかし1945年5月8日イタリア及びドイツの降伏によって日本一だけになってしまったため三軍事同盟は消滅した。


加盟国



関連項目



最終更新日: 20/04/13 07:48
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ