ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


日産・GT-R


ヨミ: ニッサンジーティーアール
掲示板をミル!
76カキコ!

日産・GT-Rとは、日産自動車が製造・販売する乗用車である。


概要


日産自動車でかつて生産されていたスカイラインGT-Rはあくまでもスカイラインベースにしたモデルであったが、このR35スカイラインの名を冠しない独立した種である。機械的な関連性は前世代のGT-Rより薄く、プラットフォーム、ミッションも専用のものとなっている。

エンジン全新規設計の3.8リッターV6気筒、VR38DETTを搭載し、ミッションは所謂デュアルクラッチミッションを採用。ミッション体後方に配置するトランクアクスル形式を採用しておりこの形式は非常にしい。

整備・点検は全160箇所に設置された日産ハイパフォーマンスセンターで行われ、対外となるパーツの装着、改造などが行われていた場合メーカー保障が外されて整備ができなくなる(GT-Rの部品は一般向けに販されてないため、保障が外れると普通の人には維持が難しくなる)。が、軽微なものであれば元に戻し、再保障認定を受ければ保障が復活する。

他の種と大きく異なるのは、1年ごとに仕様変更やマイナーチェンジを繰り返していくことも挙げられる。2012年まで毎年仕様変更やマイナーチェンジを繰り返し、2017年まで行うことを明言している。

2008年にはスポーツカーテストコースとして有名なニュルブルクリンク(北コース)にて当時の最速ラップタイム7分293を記録し、世界レベルでの性の高さを実した。
さらにマイナーチェンジを施した2011年モデルでは、一部ウェット路面のために正式タイムではないものの、7分2422まで短縮、特別仕様ではないとしては、シボレー・コルベットZR1を抜いた(ダッジ・バイパーSRT ACRが7分1213を出しているが、特別仕様である)。
さらに2012年には、2013年モデルで7分186に更新したことを明らかにした。 
2014年にはEGOIST(エゴイスト)グレードに代わってNISMOニスモグレードが登場。
日産ニスモが生み出すパフォーマンスモデルの頂点」に位置づけられたNISMOは7分867と大幅にラップタイム更新し、同時に量産の最速ラップタイムを記録した。


モータースポーツ


SUPER GTでは2008年からZ33フェアレディZに変わって参戦。年間7勝という圧倒的な強さでNISMOドライバータイトルを獲得した。
2009年からはGT500クラスに3.4L V8エンジンフォーミュラ・ニッポンと基本構成は同じ) の搭載が義務づけられたため、新規開発を余儀なくされたGT-Rは当初低迷するも、2011年2012年にはMOLAシリーズチャンピオンを獲得した。
2014年からはドイツツーリングカー選手権と共通の規格になり、2.0L 直4 直噴ターボエンジンを搭載。ここでも圧倒的な戦闘力を発揮し、2014年オートポリスで表台独占、14、15年とNISMOタイトルを獲得した。2016年NISMOが2連勝を挙げて史上初の三連覇待ったなしに思われたが、中終盤で苦戦して最後はレクサスに逆転されタイトルを逃した。

一方FIA GT1選手権には2009年から賞典対車輌(2010年度からの新基準で製作されたため)として参戦、2年2011年にはミハエル・クルム/ルーカスルーア組がドライバーチャンピオンを獲得した。

2011年にはニスモJR Motorsportとの共同開発でFIA GT3車両が開発され、海外レースデビューした。スポーツカーの参戦がないSUPER GT GT300クラスにも2012年より参戦し、2016年までで5年連続で優勝を飾っている。また2015年には性調整の有利が働いて、鈴鹿1000kmで100kgのウェイトを積みながら優勝するなどして4勝をマークゲイナーGT-Rが最終戦を前にタイトルを獲得した。

またGT-R GT3は海外でも活躍しており、2015年にはバサースト12時間優勝とブランパン耐久シリーズタイトルを達成している。なおどちらも千代勝正がドライブしていた。


■sm25542486[ニコ動]

2015年に開発されたLMP1マシンについてはこちら→日産・GT-R LM NISMO


関連動画


■sm5561683[ニコ動]
■sm4853173[ニコ動]
■sm6712299[ニコ動]
■sm16543703[ニコ動]


関連コミュニティ


■co24673


リンク



関連項目



最終更新日: 18/05/05 11:43
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ