ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


旧支配者


ヨミ: キュウシハイシャ
掲示板をミル!
26カキコ!

旧支配者とは、

  1. ラヴクラフトの死後、ダーレスを始めとした書き手達によって、設定されたクトゥルフ神話における々の総称。
  2. ダーレスとスコラーの合作に登場した、後に旧神と呼ばれる存在の呼称の一つ。
  3. H.P.ラヴクラフト小説作品において人類以前に地球を支配していた者の総称。

概要


ラヴクラフトと友人たちによるクトゥルフ神話流に、リンカーターの行った設定に関しては「クトゥルフ神話」を参照のこと。
ここでは、ダーレス以降の設定を元に旧支配者に関する概要を説明する。

ダーレスによって、後、リンカーターによって取りまとめられたクトゥルフ神話々は、大別すると3つに分類できる。

  1. 旧神(The Elder God, Elder God, The Great Old One, The Anicient One)
  2. 古きもの、旧支配者(the elder god, Elder God, The Great Old One, The Anicient One)
  3. 大地の々、地球の神々、地上地球本来の々(God of Earth)・・・地球本来の性、但し地球の夢の次元に居るだけで、地球との関わりはなく、中にはとして崇拝されている者(Great One)もいる。総じてエルフイメージである。

「旧支配者の起こりは、旧神と呼ばれるクトゥルフ神話における善に対し、混沌そのものが反旗を翻し、その戦いに敗れ、の体を与えられ様々な自由を奪われた事に端を発する。
だった旧支配者は、この戦いの際、文字通り「千切っては投げ、千切っては投げ」されて生じた。
このバラバラにされた混沌の断片が宇宙そのものをり、また、の体を与えられた旧支配者となっている・・・・・・とう話は小説には今のところ見当たらず、おそらくゲームか何かの設定である。但し、旧神の創造したアザトースウボ=サスラから旧支配者たちが誕生して叛乱を起こした旧神対旧支配者の対立は小説にも、しばしば登場している。

なお、古き者と異なり旧支配者という訳は原文の意から外れるものだが、この訳旧神に反した々が、地球における先住権を持つ事からきている。
宇宙そのものを旧くは支配していたという意味ではなく、本来は地球外から訪れた「外なる神」と呼ぶ方が相応しい。
以降「外なる神」と言及した場合、それは旧支配者を意味するものとする。又、旧支配者には従属種族の長であるLesser Old Oneも含まれる。

多くの作家旧神との戦いに敗れた多くの外なる神々は、その罰として、大半の者はの体を与えられ閉されているとしているが、そうでない作家も居る。
アザトースも、知性を奪われ、眠りと貢物を貪る白痴とする作家と元から知性などないとする作家に分かれており、ブライアンラムレイ旧神が旧支配者を封印したがアザトースには何もしていないとしている。旧支配者の使者とされるナイアルラトホテップ自由を許され、ヨグ=ソトスシュブ=ニグラスは、人間属の招請に応じてホイホイ現れては子作りしている。

クトゥルフに至っては、地球閉されているのだが、その活動を縛っているのはの活動と、クトゥルフ自身が身を守るために施した呪法に過ぎず、棲たるルルイエが浮上する度に、 短時間とはいえ、実は、人類は滅亡の危機されている事になる。

また、作家によっては旧支配者を地徴する性に区分する者もおり、その区分の代表的存在として以下の4体が挙げられる。

この四柱が徴的役割を担うが、そのは他の性より勝っているとは言い難い。
では、何故この性が徴として扱われるかと言えば、それは、彼らが互いに憎しみ合い相争う間だからであろう。
ナイアルラトホテップクトゥグアと、クトゥルフハスターと争っており、人間が彼らに対抗する手段として、時折、その対立を利用する場合が、特にダーレスの作中に多く見受けられる。

以下に、そのだった性をあげるが、ラヴクラフトはその読みは仮のもので、実際には人間の発器官で発音する事はできないとしていたものの、必ずしもそうでなくなりつつあるようだ。


主な旧支配者(1)



A



B



C



D



E



F



G



次へ»
最終更新日: 19/07/13 22:59
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ