ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


明仁


ヨミ: ジョウコウヘイカ
掲示板をミル!
420カキコ!
主観的な記事 この記事は中立的な観点で書かれています。
そのため、どのような人物であっても敬語を使うことはできません。ご了承下さい。

明仁は、第125天皇。在位期間は1989年1月7日から2019年4月30日平成時代の天皇陛下

現在は上皇である。


来歴


人物
明仁
基本情報
生年 1933年12月23日
生誕地 日本東京府東京市麹町区
没年 --
死没地 --
出身地 日本東京府東京市麹町区
日本
本名 明仁(あきひと)
別名 上皇
職業・肩書 上皇
備考・その他
人物テンプレートボックス

※ここでは、現在の上皇・明仁の経歴について述べる。

明仁(あきひと、1933年12月23日 - )は第125代の天皇であり、現在の上皇である。東京府東京市麹町区の出身。

1933年(昭和8年)12月23日皇居にて出生。昭和天皇は香皇后。7人姉弟の5人長男)で、宮は常陸宮正仁親王。

同年12月29日に御称号の継宮と諱の明仁を与えられる。

1936年(昭和11年)3月29日皇居から離れ、赤坂宮内の東宮仮御所に移った。

1940年(昭和15年)に学習院初等科に入学1944年昭和19年)には日光に疎開、疎開先で終戦を迎える。

1952年昭和27年)に学習院大学政経学部政治学科に入学。同年11月10日成年式と立太子礼が行われた。

1953年昭和28年)にはヨーロッパ12かと北2かを外遊、イギリスエリザベス2世の戴冠式に参列した。

上記の外遊の影として学習院大学の進級に支障が出たため、退学し、以降は聴講生として学問を続ける。

また同年12月結核と診断される。当時発見された特効などにより数年後事治癒に至る。

1956年昭和31年)の同級生卒業と同時に聴講生としての「教育終了」となった。

1959年昭和34年4月10日正田美智子とのご成婚式が執り行われる。その後、1960年昭和35年)に浩宮徳仁親王(後の皇太子徳仁親王)、1963年昭和38年)に礼宮文仁親王(後の篠宮文仁親王)、1969年昭和44年)に紀宮清子内親王(後の黒田清子)の3人の子女が誕生している。

[画像を見る]1989年昭和64年1月7日昭和天皇の崩御を受け即位。平成時代の天皇となる。

研究者としては、ハゼの研究でその名を知られ、ハゼ科のに関する論文を31編発表している他、皇居タヌキに関する論文を1編発表している。

また、特別扱いされることをあまり好まない。例えばお出かけに関して、天皇鉄道を使うとき、「お召し列車」という専用の列車が仕立てられていたが、「ダイヤの変更で他の列車に迷惑をかけたくない」との理由で平成に入ってからは使われる機会が減った。現在は、一般の客も乗ることができる列車グリーン車改造して、利用している。

自動車をはじめとして、乗り物に関する趣も深い。大学時代、プリンス自動車(後の日産自動車)の「グロリア」を好んでいた。そのため、プリンス自動車で設計され、日産自動車製作された「プリンスロイヤル」を用いた。因みにプリンス自動車の社名の由来は陛下が由来である。現在本田技研工業の「インテグラ」。また、以外の乗り物についても興味を持ち、学習院大学卒業するときに書いた卒業論文の内容は「ヨーロッパ鉄道について」だったほか、カナダのビクトリア軍基地では飛行機の操縦席に座ったこともある。

2016年7月13日天皇の位を生前に皇太子へと譲る「生前退位」の意向を示していることが各メディアによっていっせいに報じられたが、宮内庁はこれを否定している。また、現在は生前退位の規定がない皇室典範の正について菅義偉官房長官は「考えていない」としていたが、政府6月から極秘チームをつくって検討を進めていることがのちにわかった。

2016年8月8日の午後3時には「お気持ち」を表明する場面を事前撮影したビデオメッセージ開された。NHKおよび民放各社では、同時間帯に報道特別番組を編成するなどした上でテレビ放送を行った。宮内庁のウェブサイト[外部]にも映像・全文・英語訳が掲載されている。
内容としては、自らが高齢となるなか徴としての務めを全うすることが難しくなるのではないかという懸念、終焉前後に際する社会の停滞や諸行事の負担に対する思いなどが含まれる。

その後有識者による検討並びに国会審議の末、2017年6月9日に「天皇の退位に関する皇室典範特例法」(以下「退位特例法」)が国会で成立し同年6月16日布され、政史上初、約200年ぶりの生前退位並びに譲位が確定した。
その後法律では明示されていなかった退位期日(=皇太子徳仁親王の即位並びに新元号への元)が2019年4月30日になることや新元号が「令和」になる事などの閣議決定を経て、2019年4月30日「退位」と呼ばれる一連の儀式を終え徳仁親王に譲位、翌5月1日以降元号令和に変わると共に明仁は「上皇陛下」として第二の人生を歩むことになる。
退位後は新しく即位した今上天皇の住まいである赤坂御用地内の建物(旧「東宮御所」、即位後は「赤坂御所」)を修、「仙洞御所」と称し住まいとされる予定で、2019年10月にも高輪にある皇室御用邸を仮住まいとするため引越しする予定。


関連商品


 ■az4898310877
■az4770410646


関連項目


124 125  126
昭和天皇(しょうわてんのう)
1926~1989
明仁(あきひと)
1989~2019
今上天皇(きんじょうてんのう )
 2019〜

最終更新日: 19/05/02 09:51
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ