ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


明治天皇


ヨミ: メイジテンノウ
掲示板をミル!
118カキコ!

明治天皇めいじてんのう)とは、その名の通り明治時代の天皇である。
名は(むつひと)

経歴などを詳しく調べたい方はwikipedia[外部]を参照することをお勧めします。


概要



幕末


嘉永5年9月22日(1852年11月3日)、孝明天皇と側室(典中山慶子の間に生まれた第二皇子(第一皇子は世)。

8歳で親王宣下を受けるまでは(さちのみや)、宣下後は仁と名付けられた。
宮とは孝明天皇の祖である天皇の幼名であり、朝廷権威の向上に務めた祖あやかろうと孝明天皇自ら筆で名を書いたという。

4歳にまで外祖である中山忠能の邸で育てられ、安政3年(1856年)9月から御所に移り住んだ。孝明天皇宮を賀茂祭に随従させたり、宮中行事を盛んに見学させ、くから後継者として育てた。

万延元年(1860年)5月11日孝明天皇宮に親王宣下を行う旨を廷臣・京都代に伝え、同年9月28日に親王宣下、仁の名を与えた。
幼少期はかなりのきかん坊だったらしく、の子で遊び相手だった木村之助によると、おもちゃの木を廊下で乗り回したり、少し気に入らない事があるとすぐに拳で殴られたという。
教育については読書を儒学者で公家伏原宣明、習字を皇族の有栖川宮幟仁親王公家胤保、生中山慶子、和歌に至っては孝明天皇が直々に教授するという、非常に教育熱心な環境で育てられた。

慶応2年12月孝明天皇が病に冒され25日に35歳で崩御すると、翌年慶応3年1月9日(1867年2月13日)、14歳で践祚(即位)した。

同年10月15日に大政奉還を勅許。同時期、討幕の密勅中山忠能を通じて明治天皇に密奏され、長両に下ったとされる(現在では密勅の形式や経緯から密奏は行われておらず、偽勅の疑いが極めて強いとされる)。

12月9日には罪を解かれた岩倉具視が参内し、王政復古の文案を奏上。明治天皇は御学問所にて廷臣や大名を前に王政復古を宣言、新政府を発足させた。当日に行われた小御所会議にも臨席し、佐幕山内容堂岩倉具視らのしい議論を間近でにした。

翌年慶応4年1月2日、政情不安のため行わなかった元を5日に行なうことが決まったが、翌日3日、鳥羽伏見の戦いが勃発し延期。錦の御旗を掲げた長軍の勝利によって新政府の土台が整うと、15日に漸く元が行われた。

将軍に代わり、名・実質を兼ねた日本の元首を務めることになった明治天皇は、2月から3月にかけて外使達を相次いで引見し、それまで外国人達にとってに包まれていたミカドの姿を初めて諸外に現した。
天皇外国人を拝謁させることを批判する者もいたが、岩倉具視中山忠能大久保利通らは明治天皇を新しい時代の元首に相応しい人物像にすべく、次々と前例のない経験をさせていく。

3月14日、明治天皇は殿に出御、廷臣・大名らを前に『五箇条の御誓文』の奉読に立ち会った。21日には予てより決まっていた大阪行幸に出発し、26日には軍艦を親閲した。御所を出たのもを見たのも初めてだった明治天皇は物しさに殊の外喜び楽しげであったと伝えられる。

8月27日、即位式が行われ、9月8日には慶応から明治へと元。一世一元と定められた。


明治時代


大元帥睦仁

同年6月、明治天皇の江戸行幸が木戸孝允を中心に計画されはじめた。

9月に日程が定まり、22日に京都を出発。この行幸には岩倉具視木戸孝允など新政府幹部を含め3000人以上が供奉した。
すがら琵琶湖を横切り、途中熱田神宮を参拝し、太平洋富士山を眺め、箱根を経て品川に入り、10月13日江戸城に到着。既にこの年の7月江戸東京称されており、江戸城も明治天皇の到着をもって東京称された。一旦京都に戻った後、明治2年(1869年)3月28日に再び東京に入り、以降は東京に常駐した。

岩倉具視大久保利通木戸孝允維新の元勲達は明治天皇に対し、公家的な柔和なイメージから脱却し、武人的な君へと成長することを望んだ。
明治天皇自身もそれを受け入れ、乗や陸軍の閲兵を行い、時には自ら操練に参加し、兵を揮した。明治4年(1871年)から政府入りした西郷隆盛も他の元勲達と同じ思いを持っており、明治天皇をより強い君にするため宮中の革に乗り出した。これにより天皇の側近から公家出身者が外され、代わりに士族出身者が置かれた。

また、女官については大幅に人員を減らし、宮中の旧弊をめた。
生活スタイルもそれまでの伝統的なものから和洋混淆に置きかわった。を切り、洋を着、西洋料理を食べ、汽車に乗って行幸する事で、新時代に適応した開明的な君としての印を積み上げていった。

明治6年(1873年)には陸軍による野営演習が始まり、これを閲兵。
特に4月29日習志野で行われた野営では暴風雨中天幕をってそのまま野営に参加して兵士達を感させ、大久保利通西郷隆盛もこうした明治天皇の順応ぶりを称賛した。

このように、維新の元勲達の後援を受けながら近代的な国家元首、大元帥としての明治天皇のイメージが形作られていった。

明治六年の政変

明治6年(1873年)、朝鮮との交問題で西郷隆盛が交渉に赴く案が建議された。
留守政府を任されていた太政大臣・三条実美朝鮮やその背後に居る清国との戦争になる可性を憂慮し、海外視察中だった岩倉具視ら使節団を帰させる事にした。

8月17日に開かれた閣議で、西郷三条に対し、朝鮮への使節派遣をすみやかに決定するよう迫った。西郷の気迫に押された三条は、岩倉が帰してから再度評議するという条件で使節派遣を内定する。
19日、三条は明治天皇が休養中だった箱根に向かい、使節派遣の奏上を行い裁可を受けた。明治天皇も三条と同様に使節派遣には不安を感じていたため、岩倉後に十分検討した上で再度奏上するよう命じた。

9月13日岩倉が帰10月14日に閣議が開かれ、岩倉大久保利通は使節派遣に反対・西郷板垣退助江藤新平、副種臣、後藤象二郎らが賛成をし、議論が紛糾した。翌15日に開かれた閣議では西郷が出席せず、西郷の辞任を恐れた三条は使節派遣を決定。これにより岩倉大久保木戸が辞表を提出する事態になり、政府は機不全に陥った。
動揺した三条が心労で倒れたため、明治天皇は三条の邸に行幸して見舞うと、そのまま岩倉の邸にも行幸し、三条の代わりに太政大臣代理として自分を補佐するよう命じた。この行幸は岩倉大久保従のルートを通じて明治天皇と図ったのではないかとされる。

天皇と宮中を岩倉握された事を察知した西郷は、岩倉天皇への使節派遣の裁可を仰ぐよう要したが、岩倉は両論を奏上するとして譲らず、西郷は辞表を提出した。板垣江藤、副後藤らも順次辞表を提出し、西郷を慕う野利篠原薩摩出身の軍人らも辞表を出した。
明治天皇は野らを呼び、これまでどおり職務に尽くして欲しいと伝えたが留めることは出来ず、多数の軍人や政府関係者が西郷と共に鹿児島に帰っていった。後に西南戦争として知られる内戦の、始まりであった。

富国強兵

1894年の日英通商航条約、1902年の日英同盟といった条約締結を踏まえ、強兵政策が開始されると、軍人勅諭を発布して軍の規を説いた。特に日本軍天皇の軍であると言い渡し、のちに何かと面倒な問題となる統帥権事実上この時に確定された。また教育勅語を発し、民の道徳のありかたを説いた。

日清日露戦争では、広島の大本営で揮を執る。特に、攻略に手こずっていた木希典の解任を許さなかったのは、陛下によるご英断としてられる。
最終的に日本は清、ロシアといった大を相手に善戦した実を認められ、不等条約の撤に成功する。かくして、日本は一等として欧列強とならぶことができたのである。


現在


1912年(明治45年)7月30日東京にて崩御。

かしこれはあくまで通説であり、実は殉死した木希典とともに宇宙へと立たれたのであった。
(詳しくは「明治天皇宇宙」の動画を視聴していただきたい)

その御姿こそは表さないものの、今もどこかで々の住む日本を見守っている。


逸話



関連動画



■sm1277085[ニコ動]

■sm5037463[ニコ動]
■sm5046534[ニコ動]


関連項目


121 122 123
孝明天皇(こうめいてんのう)
1846~1866
明治天皇(めいじてんのう)
1867~1912
大正天皇(たいしょうてんのう)
1912~1926

最終更新日: 18/12/28 23:14
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ