ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


春風亭昇太


ヨミ: シュンプウテイショウタ
掲示板をミル!
113カキコ!

春風亭昇太とは、日本落語家タレントである。落語芸術協会・6代会長


概要


1959年静岡県清水市(現:静岡市清水区)に生まれる。本名は田ノ下雄二(たのした ゆうじ)。

大学時代に成り行きで入った落語研究会でお笑い覚め、素人ながらもテレビお笑い番組で優勝するなど活躍をしたことから、1982年大学中退五代春風亭柳昇一門に入門落語家ではただ一人の五代春風亭柳昇子である。

50代に突入したのだが未だに独身を通しており、笑点では「結婚しろ」「そんなだから結婚出来ない」「好楽を貰え」などとネタにされる事が多い他、自身でも地方収録時の挨拶などでネタにしている(一方、たい結婚生活を引き合いに「結婚したくない」と言う事もある)。
また、隣が林家木久扇の為か時々木久扇のような回答をする事があり、「黄色が感染った」と言う事もある。噛むことも稀によくある

2006年から新しく笑点に参加した較的新顔と見られがちだが、元々は演芸コーナーの若手大喜利の回答者出身である。その後90年代後半には若手大喜利会者として定着し、五代圓楽の勇退に伴うメンバー補充の際に正式なレギュラーに昇格している。大喜利メンバー定着後も若手大喜利会は継続。若手から中堅落語家を相手に、大人の事情を露に匂わせる不条理な采配で笑いを取る芸が特徴。大喜利とは違った面さを見ることができる。

大喜利回答者になってからは2012年末までに過去3回座布団10枚を達成している。しかしいずれもネタ商品ばかりで、ロケを伴うガチな商品の獲得はまだない。 

2016年5月22日放送の『笑点』にて今回で会者を引退する桂歌丸から次の大喜利会者として名された。翌週の5月29日の放送からほとんどが自分より年上の回答者を相手に大喜利会者役を務めている。会者になったために一ついた回答者の席には新たに林家三平がついた。さらに2019年6月27日にはやはり歌丸の後任として落語芸術協会の会長に就任した。歌丸が会長在任のまま前年くたばり死去して以来、副会長三遊亭小遊三会長代行をしており、昇太も小遊三に1期会長をやってはとすすめたのだが、逆に「15年近く副会長をやってきたからもう楽をさせてほしい」と頼まれて会長を引き受けたという。

落語家としては席亭推薦により7人抜きで真打昇進を果たした実。演は新作落語を中心とするが、大胆なアレンジを加えた古典落語を演じることもある。

テレビ出演も多く、ドラマに出演したり落語監修や落語導を行う事もある。また、趣味巡りを生かした番組出演をする事もある。
なお、かつては「タミヤRCカーグランプリ」にも出演していたが現在はこの番組についてはたいが振る程度で、自身ではあまり触れられない。

長年の一人暮らしで鍛えた事全般をこなし、特に料理は得意。しばしば後輩の噺を自宅に招いて手料理ふるまい、「お母さん」と呼ばれてからかわれているという。柳家喬太郎く「どこに出しても恥ずかしくない独身」。

そんなこんなで長年独身ネタにし・され続けていたが、2019年6月30日、「緊急生放送」として放映された『笑点』で、ついに結婚を発表した。芸術協会会長の就任会見で、独身ネタでいじられ倒してからわずか3日後のサプライズ発表であった。19歳下の「専門学校で働いている女性」とのことであったが、スポーツなどによれば、トリマー養成学校の学長で、元タカラジェンヌというセレブなお方だという。笑点といえば歌丸やたいら、恐妻話が長らく定番となってきた中、今後どういうさんネタが飛び出してくるのか注される。


関連動画



■sm4274061[ニコ動]

■sm4189623[ニコ動]
■sm7506177[ニコ動]
■sm12000113[ニコ動]


関連商品


■azB001TMEEMS
■azB0009616XU


関連項目



最終更新日: 19/07/12 01:35
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ