ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


時田貴司


ヨミ: ニセライガー
掲示板をミル!
11カキコ!

時田貴司(ときたたかし)とは、スクウェア(現スクウェア・エニックス)所属のゲームクリエイターである。
代表作は『FF4』『LIVEALIVE』『半熟英雄』など。 通称『ヤキソバ髪型的意味で)』『トキータ』『たかしくん』ダルトン


概要


元々役者志望であり、ゲーム業界にはアルバイトとして入ったという経緯がある。
偶然プレイしたドラクエIIによって「ゲームでも演劇表現が出来るんだ」と感じ、ゲーム開発を本格的に志すようになる。
(そのためか、氏の作品にはBGMの挿入など演劇的演出が取り入れられる事が多く、声優程嶋しづマ氏など舞台俳優出身の方をよく起用する) 

現在は劇団ユニットpuresのキャプテンを努め、脱線劇団ペーワンにも所属。
劇団R:MIX演の際に音楽スタッフの協を仰ぐなど、演劇活動も豊富となっている。
また、ゲームの宣伝の際は自ら気ぐるみを着てキャラクターに扮したり、自らラジオ番組に出演・客演するなど、体当たり的なものをよくやる。
制作したゲーム主題歌・挿入歌の作詞モブゲスト声優を務めることもしばしばある。 
ニコニコ動画ではチョコボレーシングのED曲である『心のたからばこ』が特に有名であると思われる。 

幼少期に『デビルマン漫画版)』に触れたことがきっかけで、人間性悪説を強に植えつけられたらしく、携わった作品のシナリオの要素として『欲望や心の弱さ、果てなき進化』といった人間のエゴが散見されている。
事実、『FF4』のカインや『LIVEALIVE』各編のストーリー展開、半熟英雄シリーズストーリー終盤の展開はこれらと見事に当てはまる。 

パロディネタ下ネタが大好きであり、『半熟英雄対3D』ではこういうネタが以前のシリーズ以上に立っているが、あまりに多すぎるためか、シリーズファンの不を買ってしまっている。
が、続編『半熟英雄4』ではさらにパロネタが増量し、OPに至ってはパロネタが9割で埋め尽くされている。なんなんだこのヤキソバ

ちなみに、大のプロレスファンであり、特に獣神サンダーライガーがお気に入りでもある。
ついでに言うと携わった作品の多くに「開発室」という楽屋裏的なお遊び要素が出ている。 


関連作品



関連動画



■sm5175126[ニコ動]

■sm301730[ニコ動]

■sm3538833[ニコ動]
■sm7182963[ニコ動]


関連商品


■azB002655L7Y
■azB002653M9I

■azB00008PT6K
■azB004HW83GK


関連コミュニティ


時田貴司に関するニコニコミュニティを紹介してください。


関連項目



最終更新日: 12/07/20 21:42
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ