ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


曹休


ヨミ: ソウキュウ
掲示板をミル!
28カキコ!

曹休とは、三国志に登場する人物である。


曹家の千里の駒


字は文曹操の甥にあたるが血縁関係はない。
くに失い、一時期戦乱を避けて、祖が太守を務めていた(江)に避難していたが、曹操の挙兵を聞いてを連れて曹操の元に馳せ参じた。曹操は「この子千里の駒である」と曹休を褒め、子の曹丕らと一緒に育てた。

伯父の曹純死後、曹操直属の部隊である「虎騎」を曹真と共に揮し、中で曹洪に従い張飛らが率いる劉備軍の侵攻を撃退するなど数々の戦功を立てる。の建後は鎮南将軍・仮節・都督諸軍事となった。


石亭の戦い


の政権下では曹休は対の前線にいた。征東大将軍、揚州牧、大司馬などを歴任、たびたびと戦って軍を破りここでも数々の戦功を立てている。

しかし228年(太和2年)、の鄱陽太守の周魴が弄した計略にかかり、周魴の偽りの降を信じてしまう。曹休は周魴の案内で荊州にいた司馬懿州にいた賈逵の軍勢をも動員して10万の大軍でを攻めたが、軍のにはまり、石亭(安徽省安慶)まで深入りしてしまう。賈逵の必死の救援で曹休は難を逃れたが曹休の本隊は壊滅状態に陥り、司馬懿の軍も撤退し、この戦いはの大敗に終わった。

都に帰還した曹休への処分はかったが、腫瘍が背中に出来たことが原因でこの年のうちに没した。
賈逵も同じくして亡くなったため、の揚州方面の指揮官には満寵が就任した。


逸話



曹休の家族



各メディアにおける曹休



三国志演義


218年の禕らの謀反を鎮圧するシーンで登場。どっちかというとと戦って負ける場面のほうが印が強い。


三国志大戦


石亭での印が強すぎて、「首都よりの援軍」とか回復を持っていることに違和感が…


曹休の関連動画



■sm5221217[ニコ動]

■sm9958381[ニコ動]
■sm10769688[ニコ動]
■sm11511249[ニコ動]


関連商品


■azB002SE59LG


関連項目



最終更新日: 11/10/02 22:22
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ