ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


曹操


ヨミ: ソウソウ
掲示板をミル!
716カキコ!

曹操とは、後漢末期の英傑の一人である。字は徳。諡は武帝武帝と称することもある。軍事の礎を築いた。


簡単な生涯のあらまし


詳しくはwikipedia[外部]などを参考にしていただくとして軽く説明する。

西暦155年に曹嵩の息子として生を授かる。祖宦官である曹騰
である曹嵩は侯氏からの養子であるため、血筋的には侯氏である。

身長は七尺余りとも言われており、当時は一尺=23センチ程度だったのでおおよそ161センチくらいであろうか。ただし小男であったとも言われており、それにしては大きすぎる気もするのでどちらかの説が間違っているのかもしれない。

若いころはかなりやんちゃをしていたようで、後に宿敵となる袁紹と一緒に他人のさんを強奪していたらしい。
二十歳を過ぎた頃にはちゃんと官職に付いており、最も有名なのが陽北部尉であろうか。
漫画蒼天航路』に見られるように曹操の職務はかなり厳しかったという。

後に発生する黄巾の乱の時には騎都尉(今で言う少佐くらいなものであろうか)となり功績を挙げている。
しかしその後しばらくは病気何だと言いり隠遁生活を送っていたようである。

反董卓連合結成

朝廷宦官を滅殺した董卓の専横を見かねて曹操は袁紹を盟に担ぎ出して諸侯と共に反董卓連合軍を結成する。
しかしながら董卓に恐れをなした諸侯との連携がうまく図れず、なかなか積極的に動けなかったとのこと。さらに、自身の兵が非常に寡少だった為まともな戦果を挙げられなかった。その後、董卓陽を焼き払い長安に遷都した為単独での追撃を敢行する。しかし、董卓配下の勇将・徐栄の反攻により壊滅的に蹴散らされ、重な協者と兵を失い自身も討ち取られる寸前まで追い込まれた。
董卓に関しては皆が知っているとおり王允呂布により誅殺されている。連合軍に関しては董卓撤退後の陽に孫堅が上したのをもって解散となった)


案外、出だしは良くなかったと見るべきであろう。

黄巾残党、徐州への報復、呂布との戦い、そして官渡

州の巾残党軍をらげ、その勢州兵として自らの勢に加えた。
この軍をもってして袁紹と仲たがいしていた袁術を打ち破りその名を支那全土にかすのである。
しかしその直後に彼のである曹嵩が徐州太守である陶謙の部下に殺される。事件が発生した。
そして怒った曹操は徐州に兵を向けてお礼参りを敢行。後に言われる徐州大虐殺のことである。
この件は後世の歴史から非難され、三国志演義に見られる悪役の名を残すこととなった。

それから数年は対呂布戦に費やすこととなる。
自分の死後の事を頼むと約束しあった邈や元々は自分の参軍であった陳宮らの裏切りに遭い緒戦は苦労したようである。
また、同時期に攻め落とした宛において張繍の寝首をかくつもりが先手を取られて息子の曹と忠臣の典韋を失ってしまうなど、いささかを欠いている事もある。(それがきっかけで最初の正室である丁夫人実家に帰ってしまっている)
それでも最後には邈と呂布を打ち滅ぼし、張繍を帰順させている手腕は侮れないのも事実である。

  官渡の戦い[外部]

公孫瓚を打ち滅ぼしたかつての親友である袁紹中原覇者を決める戦いをすることとなる。
物量差を前にして敗北が必至であったものの袁紹サイドミスを見逃さずに襲撃を成功させる。
曹操の優れたる面は相手のミス自爆を見逃さない観察眼にあると言っても過言ではない。
曹操と袁紹。両者の大軍団を率いる将としての差が明確に現れた戦いであったと言えよう。

赤壁、漢中争奪戦、そして……

中原覇者となった曹操は次なる地として荊州、劉表営にを向けるのである。
しかし戦闘準備をする最中にターゲットである劉表が死去してしまう。
これに対して劉表の後を引き継いだ息子琮は曹操に降伏し、あっけなく劉表営を確保するに至るのである。

そのまま軍を手に入れた曹操は長江沿いに軍を進めて行くが、孫権軍の反撃に遭い撤退を余儀なくされるのである。
周瑜黄蓋らの活躍などの手れた兵による火攻めに加え、不慣れな地においての疫病や飢えの蔓延など踏んだり蹴ったりもいいところであった。

しかし曹操はそのままで終わる男ではなく、州の一族を追放し、その一帯を治めている。
また、攻めあがってきた孫権軍を合肥において張遼の活躍もあり撃退させることに成功している。
それから暫く経った時期にと名乗っており、張魯の軍勢を破り中をも手にしている。
しかし219年に軍による攻撃でその中が奪われ、旗揚げ時から付き従ってきた夏侯淵を失ってしまう。
これに対して軍を派遣するも苦戦し撤退を余儀なくされるのである。

その後彼の営は後継者争いの様相を呈するも部下の諫言もあり、曹操は曹丕名し事なきを得る。
そして220年の3月。彼は65年の生涯を閉じた。

遺言として「今は戦時中だから喪にす期間は短く、墓に金銀は入れないでくれ。」とったという。
戦場に生き、多くの戦いを潜り抜けた男の気概が見える言葉である。


戦以外での足跡


孫氏の兵法に注釈を入れて一つの文献にめ上げた功績が一番大きいと思われる。(孫子の兵法書。孫子武注とも)
これにより後代の運用技術が大幅に上がったのは言うまでもない。

さらに配下の韓浩らの献策により屯田制度を施行するなど幅広く部下からの意見を聞くとともに、後漢末期に乱れた政治革を行っている。
後の人間が人材マニアと称するほど彼は人材発掘、育成にを注ぎ、彼が見出した人材は後のの大きな基盤となった。

また、としての才も非で数多くの作品を残している。自身と三男の曹丕、五男の曹植の三人は「三曹」と称され、名の代名詞となった。曹操のは、戦争の悲哀や行軍の苦行、兵や将、民を憐れむ気持ちを自身の戦場経験を添えてに乗せている。しかし、スケールが大きく彼の持つ大望が表れた素晴らしいである。彼ら「三曹」が中心となり、建安文学と呼ばれる時代を築く礎となった。
余談だが、曹操の治世において彼は禁酒法を発しているが、彼自身で醸造法を編み出してもいる。

音楽にも造詣が深く、現存するは全て楽府(音楽に合わせて読み上げる)であり、宴などで歌いながらを詠んだのであろう。

簡素に説明したが、三国志の著者・陳寿をして「非常の人、世の傑」と評価されており、武官一直線だった人物にしてはやりすぎと言える程に多方面での業績がある。

儒家との対立

曹操は儒と常に対立していた。
理由は至極明快で献帝を担ぎ上げる曹操は所詮、簒奪者でしかなかったからで、
はたとえ時代の流れに沿っていようともその教えに反する者を糾弾するのが常である。

ある日、数々の素行不良秤にかけて儒である孔融を処刑したことがある。
孔融の自業自得な面もあったが儒にとって孔子の子孫を殺されるのは耐え難く、
上に書かれている徐州大虐殺と相まって儒教の下で曹操は近代に至るまで常に悪役であり続けた。
しかし、時代が革新めていた上で、彼のような合理義者が下を治める必要性があったのも事実である。 


人物像


三国志演義で見られる厳格で辛辣なる征者のイメージがあるものの、プライベートに関しては女性に関するものが特にを引く。

上にある宛の悲劇に関しても、曹操が張繍叔父未亡人である鄒氏に惚れてしまったのが原因である。この事に鄒氏の甥である張繍を立てていると知った曹操は彼を殺しようとする。しかし、先にそれを察知した張繍側から手く襲撃されてしまっている。
その時に亡くなった曹昂をわが子の様に育てていた丁夫人は曹操にを立て、一方的に離縁されてしまったのである。
丁夫人が名残惜しい曹操は幾度と手紙を書き復縁を迫ったのだが遂に諦めて「仕方ないね」というようなことをいている。

また、例えどのような身分であろうとも一度惚れたら簡単には手放さないのが曹操流恋愛哲学である。
丁夫人の次に正室となった卞夫人は歌という事からもそれを伺わせるには十分であろう。
年老いてもなおを次々と輿入れさせていたことからも、自己に関しては婚姻を勢基盤の形成と見ておらず、
本当の意味で男の性をありのままに表現していたのかもしれない。(そのかわり有な部下には自分のがせて基盤を強固な物にしている)

ただし、映画レッドクリフ』に見られる『も、も、奪う』というキャッチフレーズそのままに
大橋小橋(演義の記述は大、小)を手に入れようとして孫営に攻め込んだとするのは演義の創作である。
他にも息子曹丕さんである甄氏にもをつけていて、娶った曹丕に恨み節をぶつけたという話が世説新にあるものの事実かどうかは不明。
しかし、そんなことを現実にやってしまってもおかしくないほど彼は女性に対して色々な意味で”紳士”であった。

戦争や政務の時には冷酷な導者であるが、プライベートではユーモアのある人物だったと言われている。
彼の集「短歌行」には「に対しては正に歌うべし。人生などどれ程の物だろうか。ただ、その楽しみはだけだ。」と歌っており割と好きだった様だ。
宴が開かれるといつも朗らかに笑い、皆でを即で作って披露しあったりと、かなり楽しんでいる。また、客人を招いての宴の時には、あまりに飲みすぎてフラフラになり、の前の食器に顔面から突っ込み、顔と冠をべとべとに汚して大笑いしたと記されている。ただ、は楽しむ物と思っていたらしく、酔って暴れたとか、な命を出した等と言うどこかの末やどこかの皇帝のような事はしていない。

また、彼は自らの非を認め反する事が出来る人物でもあった。官渡の戦い後、袁紹営が分裂し弱体化していく中で、北方定の遠征を計画する。しかし、反対の配下が多く、曹操は彼らの進言を視する形で出撃した。ところが、重度の干ばつに寒さが重なり、飲みにも困る状態、さらに兵の間に伝染病が蔓延し、まともに戦える状態ではなくなってしまった。りにって何とか的は達成するも、ほうほうの体で帰還する。曹操は遠征に反対した諸将を集めて厚く褒美を与え、「今回の戦いはに幸運を期待するようなものだった。殿らの作戦の方が万全であった。これからも遠慮なく意見を述べて欲しい」とり彼らに頭を下げたという。

さらに、彼は読書かつ勉強であった。常に懐に歴史書を持ち、戦場で対中でも暇が有れば読んでいた。曹操が死んだ時、その手には本が有ったとする民間伝承すら残っている。とにかく上昇志向が強かったのだと思われる。

者、文化人としてのあふれる才と、女性に対してはただの夫でしかない男とのギャップが多くの人々を惹き付けるのであろう。 

……ただし、孔融の処刑に見られるように自身に対して礼な言動をした人物を、君という立場を利用して処刑したり、自殺に追い込んだりするのはどうかと思われるが。良くも悪くも執念深い人物だと言えるのかも知れない。

ちなみに本当にどうでもいいことだが、ブサイクだったという俗説がある。その俗説が元になって「ゴーストライター」を意味する中国語「捉人」が生まれていたりもする(経緯がややこしいので詳しくは「ゴーストライター」の記事を参照)。ただし彼の名誉のために言っておくと、あくまで俗説であり信憑性は薄い。


主な血縁者・親族


 
 ※以下はニコニコ動画に関する曹操孟徳さんの記述です。 

ニコニコにおいての概要


ガチに名君たる曹操、として描かれる事が一般的なものの、
蒼天航路の登場や世間の見直し評価にもよるが、つかみ所のい山師的な男として描かれる事もある。
悪役になる場合においてものかませでなくダークヒーロー的な立ち位置に置かれる事が多い。

何かをしでかした者に対しては「こやつめハハハ」と言うケースが多い。

ボケツッコミもできる器用なキャラとして存在するケースが多く、動画によって様々な曹操を見ることが出来る。
基本的にボケに回ったときの相方夏侯惇荀イク郭嘉などの曹操営の人物が相手であり、
ツッコミに回るときは劉備呂布といった史実の敵営の相手が多い。
もちろん一緒にボケに回る事もあるので、安定と言う言葉は曹操の辞書にはいのかもしれない。

また、コーエー三國志ゲームを使った動画ではアイドルのプロデューサーになったり面妖なる人にあらざる者たちと対峙したりと色々とをしているようである。
史実どおりに身長の低さをなじられたりもしているし、子供じみた反抗をすることもある。

徳を描く人の数だけ曹徳が存在する。そう思ってよろしいであろう。


関連動画 



■sm455605[ニコ動]

心はいつも17歳。曹操徳がアイドルプロデュースを始めたようです。 

■sm1025658[ニコ動]
■mylist/2360810
 

月刊三国志武将紹介」の紫電Pによる劇場版「曹操」 的な解釈。

■sm5958602[ニコ動]


関連商品 


■az4267014418
■az4062608723
■az4480425748
■az4404038941
■az4480080414
■az4003320719
■az4022643323


補足



次へ»
最終更新日: 17/03/14 18:43
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ