ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


月刊ミズタニ


ヨミ: ゲッカンミズタニ
掲示板をミル!
3カキコ!

月刊ミズタニとは、KONAMI音楽ゲームSOUND VOLTEX」の譜面製作者である。


概要


SOUND VOLTEXにおいて曲やジャケットと並んで重要な要素となっているエフェクター譜面製作者)の一人。
絶対許さないで有名なPHQUASE、片手処理と鍵盤譜面で多くのプレイヤーを苦しめているTEK-A-RHYTHM悪な譜面を作るエフェクターとして有名だが、「この2人の次に悪な譜面を作るのは誰だろうか?」という疑問に対する答えの一人として挙げられるのが、この月刊ミズタニであろう。他の補にはつまみ特化譜面Hirayasu Matsudo、数多くの譜面エフェクトを担当しLv15最上譜面若干だが担当しているMAD CHILDリズム譜面に定評があり少ない担当譜面で多くの難民を生み出したEther99等が挙げられる。最初の2人は同一人物説もあるが相は ただし2人と違ってまだ公式に許されない発言を受けてはいない。
鍵盤譜面アナログデバイス譜面どちらも作るオールラウンダーなエフェクターであり、数多くの譜面を手掛けている。アナログラインの交差しそうで交差しない「フカセトラップ」の進化系である「ミズタニトラップ」をよりによって東方人気アレンジ曲で作り出した人でもあり、最近はテンポの速いボス曲譜面を担当することも多い。
他のエフェクターコラボすることも較的多く、名義をよく見ると「刊」の二文字が紛れていることもしばしば。週刊ボルテと称して毎週アップデートを行っていた時は週刊ミズタニと名義が変わっていたこともある。 

TEK-A-RHYTHM同様、初代の較的い時期から譜面を作っているものの譜面製作の他に何をしているか・かの別名義か否か等は全く判明しておらず、の多い人物である。 


制作した譜面


ここでは月刊ミズタニ製作した、あるいは製作に関わったEXHAUST譜面INFINITE譜面GRAVITY譜面の中で特徴的な物を挙げる。
特筆しない場合、譜面についての記述はすべてEXHAUST譜面の物とする。

.59 -BOOTH BOOST REMIX-

月刊ミズタニが初めてSOUND VOLTEXに登場した曲。
アップテンポジャズアレンジに合わせた変リズムの鍵盤譜面アナログデバイス複合譜面NEARが出やすく、鍵盤や片手処理の苦手なプレイヤーを苦しめる。SDVX II
ボス曲に5回も選ばれたことがあり、SDVX IIIでも同コースの第一回Aコースボス曲となった。

チルノのパーフェクトさんすう教室(ごましおくんとの共同製作)

SDVX東方参戦!」で配信された、KONAMI音ゲー初の東方アレンジ楽曲のうちの1曲。
非常に有名な電波曲だが、音楽に合わせた大量の直アナログデバイス16分トリル、16分階段、くの字階段、縦連打等の鍵盤譜面が襲いかかり、現在でもLv13の中で上位クラス、人によっては詐称クラス譜面となっている。

明星ロケット

SDVX東方参戦!第弐弾登場」で配信された曲。
サビまでは較的楽な譜面が続くものの、終盤の時間差アナログデバイスとこの譜面で初めて登場した
ミズタニトラップラス殺しとなっており、軽い気持ちで選曲したプレイヤーアナログデバイスが苦手なプレイヤーを容赦なくCRASHさせた。 
前述した譜面や他の初見殺し譜面(この2人のせい)の件もあり、「ボルテ東方楽曲は他の音ゲーの版権曲のような甘い譜面ではい。魔物が棲んでいる。」「エフェクター実験場なのではいだろうか。」等と言われるように。

AA BlackY mix

月刊ミズタニが初めて製作したLv15譜面
FXロングトリル・乱打の重が高い鍵盤譜面であるが、フカセトラップや片方のアナログラインを端に寄せた後、違う方のアナログデバイスを回すトラップといったアナログデバイスに関するトラップもいくつか配置されている。
難易度インフレが進んだ現在ではLv15でも較的弱い方の譜面だが、最後のFXロングからCD→B→A→Bの繰り返しになる部分でERRORハマりしやすく油断は出来ない。

Absurd Gaff(逆球レジェンドとの共同製作)

KAC2012オリジナル楽曲コンテストで採用され、前半に配信された楽曲
KONAMI音ゲー初のBMS出身楽曲であり、曲線アナログラインが多用された初めての譜面十面相EXHAUST譜面チェックメイトADVANCED譜面曲線アナログライン自体は登場していた。でもあったため、登場時のインパクトは非常に強いものであった。 
難易度インフレが進んだ現在はLv15の中で最弱クラス譜面となってしまったが、16分チップ乱打や強化版dreamin' feat.Ryu☆地帯といった難所もあり、それなりの地を要される。
一方でスコア難易度チップ乱打でNEARが出やすい上にCHAIN数が少ないため、現在でもかなり高い方である。

Gott

KAC2012オリジナル楽曲コンテストで採用され、後半に配信された楽曲。
高速乱打やトリルを中心とした鍵盤譜面に、直アナログデバイスが絡む忙しい譜面であり、出張が試される。 

物凄い勢いでけーねが物凄いうた

東方アレンジ大量追加」で配信された曲。
サビが終わるまではLv14下位程度の譜面が続くが、終盤の強アナログデバイス発狂が初見殺しラス殺しとなっている。
当時はこれ程までにアナログデバイスが発狂しているLv14の譜面かったため、CRASHを繰り返すプレイヤーが多く、「Lv15をこんなにもクリアしたのに出来ない!」と深いトラウマを刻みつけられたプレイヤーや、クリアした/ULTIMATE CHAINした後に癖が付いて再度CRASHしだすプレイヤーまで現れる始末であった。

ヤサイマシ☆ニンニクアブラオオメ[INF]

II最初期のINFINITE譜面の一つ。
EXHAUST譜面の「強アナログデバイス譜面若干チップ譜面」という構成をさらに強化したような譜面になっており、歌詞に合わせてニンニクライン地返し+FXロング・ごちそうさま放置・各種トラップ満載で絡みあうライン等の強アナログデバイス譜面を組みこんである。
アナログデバイスが苦手な人にとってはEXHAUST譜面同様、こちらの譜面詐称に感じられるだろう。

ごりらがいるんだ ~かぼちゃが歌ってみたver~[INF]

コンテスト用の歌唱音を本実装してしまった、音自体が変化した曲の譜面
ネタまみれの歌唱音を「ごりごりいるんだ」にする・半回転だけする直アナログデバイスを入れる・ごりキャンセルを盛り込む等、さらにネタまみれにしてしまった。
最後にしっかりミズタニトラップを仕込んでいるあたりも抜けがない。 

Unicorn tail Dustboxxxx RMX

BPM200の高速曲に、密度の高い鍵盤譜面を詰め込んだ体譜面
アナログデバイスロングFXとの複合も難しい箇所が多く、Lv14でも上位クラス譜面になっている。

DEADLOCK XXX

さらに速いBPM222の高速曲に、やはり密度の高い鍵盤譜面を詰め込んだ体譜面
フカセトラップミズタニトラップをこれでもかと混ぜ込んだダブルレーザー地帯や、16分トリルラス殺し等もあり、Lv15でも上位クラス譜面である。
そのためか1分30と短い曲であるにも関わらず1944CHAINと、標準的なLv15のCHAIN数を軽く上回る。 

放課後ストライド

さらに速いBPM225の高速曲に、今度はBT/FXロングや複雑なアナログデバイスを詰め込んだ譜面
片手処理やアナログデバイスの操作がLv14を逸脱した
詐称譜面であり、リズム難でスコアも出しづらい。
つぶやき魔法少女りむる等と同様、
Lv14の難易度インフレ徴する曲の一つと言えるだろう。 

Hellfire

KAC2013オリジナル楽曲コンテストで採用され、Bangin' BurstFor UltraPlayersが最後に待ち構えるボスラッシュ「――終わりなき… 剛羅の戦い」の中堅として登場した。
作曲者・譜面製作者が共に同じであり、かつKACオリジナル楽曲コンテストでの採用曲ということで「II進化したGott」のような曲・譜面になっており、Gottにはかったダブルレーザー地帯が序盤・中盤・終盤の各所に配置されている。

クリアレートこそLv15の中では非常に高い譜面長らくLv15のクリアレートトップを記録していた。SDVX IIの終盤では断片Storyクリアレート1位を奪取した時期もあったがあまりに簡単であったが故の高レートであったためSDVX IIIであっけなくLv14に陥落。だが、Lv15上位クラス超越してしまった彼女と其を生み落した理由EXHAUST譜面をAランク以上でクリアしたプレイヤー数となっている見せかけのレートであり、実際の譜面難易度はかなり高い。 
個人差も大きく、「ボスラッシュ最弱」「Last Concerto難民だけど一発クリア」という人から「やたら苦戦した」「序盤のダブルレーザー地帯に癖が付いてEXCESSIVE RATEだと即死する」という人まで様々。

Bangin' Burst(ごましおくん・Hermit♣clubとの共同製作)

そしてKAC2013オリジナル楽曲コンテストの最優秀楽曲の片割れにして、初めてLv16を与えられたこの曲の譜面も(3人での共同製作ながら)担当した。
DEADLOCK XXXよりさらに速いBPM234の高速曲にやはり密度の高い鍵盤譜面を詰め込んだストロンスタイルの体譜面になっており、回し間違えるだけでゲージが吹き飛ぶダブルレーザー地帯や16分隣接同時押しからのFXロング→BTチップ同時押し等の殺し所も多く用意してある。

PHQUASE譜面を担当した他のLv16の2曲と違う属性譜面であるため、やはり「Lv16最弱」「速いだけのLv15」という人から「Lv16最強」「首切りされるせいでいまま」という人まで様々。
さらに癖が付きやすい譜面でもあり、最初は「Lv16も大したことないな」と思っていた人が「バンギン怖い」と言いだすこともしくはない。

IX

熱闘!BEMANIスタジアム」のボス曲
密度が高くロングBTが嫌らしく絡む鍵盤譜面と要所要所に挟まるアナログデバイス譜面が終始襲いかかる、総合を問われる正統派の体譜面であり、イベントボス曲らしいLv15でも上位クラス譜面となっている。
しかしSDVXにおける当イベントラスボスイベント前半にあまり労せず解禁できたHYENAである。 

Growth Memories(博多の男との共同製作)

「第一回ボルテキャラテーマコンテスト」の第一回配信『週刊ボルテ巻頭グラビア特集キミはどのをする…?』のラスボスとなる曲。
おっぱいロリ双子ロリクールで怖いお姉さんと来た後のマキシマのわがまま☆ココナツボディインパクトが強い当楽曲だが、譜面の方もそんなマキシマのわがまま☆ココナツボディ
に負けないぐらいマッチョな体譜面であり、鍵盤とアナログデバイスの双方がLv15最上クラスの総合譜面となっている。

croiX[INF](TEK-A-RHYTHMとの共同製作)

|CD BC CD BC CD BC CD BC C  C  C  C  C  C  C  C  |

ついに手を組んでしまった二人。自重しない鍵盤譜面自重しない縦連打。
EFFECTIVE RATEでのクリア難易度もLv15の中では高い方だが、EXCESSIVE RATEでのクリア難易度お察し下さい。

werewolf howls.


次へ»
最終更新日: 16/03/15 15:41
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ