ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


月刊少年ガンガン


ヨミ: ゲッカンショウネンガンガン
掲示板をミル!
285カキコ!

月刊少年ガンガンとは、「日本一アツい」漫画雑誌である。電話帳ではない。鈍器でもない。


概要


エニックス(現スクウェア・エニックス)が1991年に創刊した。毎12日発売。
名前の由来は同社の看作品である『ドラゴンクエストシリーズ作戦コマンドガンガンいこうぜ」。

ドラゴンクエストIII』の後の世界を描いた名作ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章』や、柴田亜美等の多くの漫画家を発掘した『ドラゴンクエスト 4コママンガ劇場 ガンガン編』等、ガンガン創世記の売りは何といってもドラクエであった。

創刊当初は『ドラゴンクエストV』を応募者100名に毎プレゼントするという企画も行っていた。
結果として大失敗だった隔週化、漫画家一斉打ち切りエニックスお家騒動等、雑誌存続を脅かす危機も多々あったが、なんだかんだで息の長い雑誌。たいていの場合付録がつくので、立ち読みするのはかなり難しい。
誌名の感から分かるように、昔は児童誌っぽいところもあった。

この雑誌の作品は、『魔法陣グルグル』や『南国少年パプワくん』などのギャグ路線、『まもって守護月天!』などのラブコメ、『鋼の錬金術師』や『ソウルイーター』などのファンタジー系、『屍姫』のようなシリアス系など色々なジャンルが掲載されている。
当時からギャグ系が多く現在ギャグ作品が多く連載されている他、バトル系も多く連載されている。

エニックスが出版社という事もあり、ドラクエ以外の自社作品『スターオーシャン』『ヴァルキリープロファイル』等のコミカライズが行われていたが、『アークザラッドII』『ペルソナ』『テイルズシリーズ』など他社のゲーム作品のコミカライズも多い。
現在でも思い出したようにスクエニゲーとのコラボレーションを行うことがある。例えば、『半熟英雄4』(PS22005年)では当時連載中だった『鋼の錬金術師』の公式パロが登場(作者荒川弘氏全面協、更に月刊少年鈍器な技も持つ。そのため、ガンガン以外の雑誌で『半熟英雄4』の宣伝が出来なかった)。

連載3回ぐらいには展開遅すぎて(丁寧に描いてくれているのだろうが)元作品の熱がすっかり冷めてしまっているのが刊誌の悲しい所。
ひぐらしのく頃に』の漫画が連載されると決まった当初、一部の元ガンガン読者は複雑な心だったようだが、考えてみれば昔からこんなだったよねという話。

現在では電撃文庫人気作品である『とある魔術の禁書目録』の漫画が連載されている。今後どんなものが連載されるのか怖くもあり恐ろしくもある。

となっている雑誌の尋常じゃないブ厚さは、隔週化でに2回に分けていた分を1冊にめてしまった為。つまり従来の2倍。
一時期は余裕で1000ページえた事もあり、寝ている人に落としてはいけない。

2016年度から雑誌をリニューアル。連載が少なくなった事と質が良くなった(姉妹誌のガンガンJOKER及びビッグガンガンと同じものになった)事もあり、現在500ページ程となり大分薄くなった。これに嘆いた読者も少なくないとか。


主な作品(連載順)



関連漫画家(五十音順)



関連動画



■sm1667189[ニコ動]

■sm2017628[ニコ動]


関連項目



外部リンク



最終更新日: 16/05/16 00:48
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ