ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


朝日杯フューチュリティステークス


ヨミ: アサヒハイフューチュリティステークス
掲示板をミル!
27カキコ!

朝日杯フューチュリティステークスとは、日本中央競馬会が毎年12月中旬に阪神競馬場・芝1600メートルで開催する2歳限定のGIである。


概要


1949年に美所属の2歳最強決定戦朝日杯3歳ステークスとして中山競馬場で創設され、1984年にGIに格付けされる。
1991年に対となる阪神3歳ステークスが限定戦となったため、芝路線における2歳最強決定戦に位置づけられた。
2014年からは阪神競馬場に移設され現在に至る。
このレースに勝ったがほぼその年のJRA賞最優秀2歳に選ばれる・・・のだったが、2017年からホープフルステークスがGIに格上げされ投票が分散すると想定される。
2001年からの年齢を、それまでの数え年から際基準の満年齢への変更に伴い競走名を現在のものに変更した。

出走条件は2歳のであり一応はも出走可ではあるが、前週に同条件で限定の2歳GI・阪神ジュベナイルフィリーズがあるため、近年はの出走は滅多にない。
2003年までは出走条件が・騙だったが、現在は条件が変わり出走できない。また、過去に騙優勝したことはない。

武豊が未だ勝ったことがない内GIでもある。

かつてはクラシックへの登竜門として数多くのクラシック勝ちを輩出した。しかし、距離適性を重んじるようになった近年では、翌年のクラシック戦線を営にとって皐月賞2000mで行われる以上1600mは短すぎる、また中山1600mのコースそのものに順の有利不利が発生するといった理由のため、翌週阪神競馬場で行われるラジオNIKKEI 杯2歳ステークス(芝2000m)に有が集まることが多かった。
そのため1994年ナリタブライアン三冠を制してから2013年ロゴタイプ皐月賞勝利するまでの19年間、この競走の勝ちによるクラシック競走の勝利いという状況が続いた。そのため競馬ファンの間では朝日杯を降格して、 その代わりラジオNIKKEI 杯をGIに昇格させるべきという意見が根強く存在した。
2014年から出走を集めるため阪神競馬場1600mで開催されることが発表された。一方、ラジオNIKKEI 杯2歳ステークスはこのレースと入れ替わる形でレースレーティングのみ同時期に行われていた中山競馬場オープン特別のホープフルステークスに移設統合され、"ラジオNIKKEI杯"の冠は同年から重賞に昇格した京都2歳ステークスに移行した。2017年からはホープフルステークスがGIに昇格しかつての東西2歳GIのような状況になる。


主な前走・前哨戦


競走名 格付 施行競馬場 施行距離 間隔
京王杯2歳ステークス GII 東京競馬場 1400m 6週
デイリー杯2歳ステークス GII 京都競馬場 1600m 5週
東京スポーツ杯2歳ステークス GIII 東京競馬場 1800m 4週

GI昇格後の勝ち馬


65回までは中山競馬場、第66回からは阪神競馬場で開催

回数 開催日 優勝 性齢 勝ち時計 勝利騎手 動画
71 2019年12月15日 サリオス 2 R1:33.0 R.ムーア
70 2018年12月16日 アドマイヤマーズ 2 1:33.9 M.デムーロ
第69回 2017年12月17日 ダノンプレミアム 2 1:33.3 川田将雅
68 2016年12月18日 サトノアレス 2 1:35.4 四位洋文
67 2015年12月20日 リオンディーズ 2 1:34.4 M.デムーロ sm27831756[動]
第66回 2014年12月21日 ダノンプラチナ 2 1:35.9 蛯名正義 sm25169964[動]
65 2013年12月15日 アジアエクスプレス 2 1:34.7 R.ムーア sm22459010[動]
64 2012年12月16日 ロゴタイプ 2 1:33.4 M.デムーロ sm19614342[動]
63 2011年12月18日 アルフレード 2 1:33.4 C.ウィリアムズ sm16459019[動]
62 2010年12月19日 グランプリボス 2 1:33.9 M.デムーロ sm13074585[動]
61 2009年12月20日 ローズキングダム 2 1:34.0 小牧太 sm9147656[動]
60 2008年12月21日 セイウンワンダー 2 1:35.1 岩田康誠 sm9111216[動]
59 2007年12月9日 ゴスホークケン 2 1:33.5 勝浦正樹
58 2006年12月10日 ドリームジャーニー 2 1:34.4 蛯名正義 sm14867853[動]
57 2005年12月11日 サイチリシャール 2 1:33.7 福永祐一 sm2843815[動]
第56回 2004年12月12日 イネルレコルト 2 1:33.4 後藤浩輝 sm3887120[動]
55 2003年12月14日 コスモサンビーム 2 1:33.7 D.バルジュー sm3887082[動]
54 2002年12月8日 エイシンチャンプ 2 1:33.5 福永祐一 sm3887042[動]
53 2001年12月9日 アドマイヤドン 2 1:33.8 藤田伸二
52 2000年12月10日 メジロベイリー 2 1:34.5 横山典弘 sm5143656[動]
51 1999年12月12日 エイシンプレストン 2 1:34.7 福永祐一 sm2591179[動]
50 1998年12月13日 アドマイヤコジーン 2 1:35.3 M.ロバーツ sm8513409[動]
49 1997年12月7日 グラスワンダー 2 1:33.6 的場均 sm2765100[動]
48 1996年12月8日 イネルマックス 2 1:36.3 佐藤哲三 sm5001300[動]
第47回 1995年12月10日 バブルガムフェロー 2 1:34.2 岡部幸雄 sm3893865[動]
第46回 1994年12月11日 フジキセキ 2 1:34.7 角田 sm3886973[動]
45 1993年12月12日 ナリタブライアン 2 1:34.4 南井 sm5655700[動]
44 1992年12月13日 エルウェーウィン 2 1:35.5 南井
第43回 1991年12月8日 ミホノブルボン 2 1:34.5 小島貞博 sm13025160[動]
第42回 1990年12月9日 リンシェーバー 2 1:34.0 的場均
41 1989年12月17日 アイネスフウジン 2 1:34.4 中野栄治
40 1988年12月18日 サクラホクトオー 2 1:35.5 小島
39 1987年12月20日 サクラチヨノオー 2 1:35.6 小島
第38回 1986年12月14日 メリーナイス 2 1:35.6 根本康広 sm12295957[動]
37 1985年12月15日 ダイシンフブキ 2 1:35.4 菅原泰夫
第36回 1984年12月16日 スクラムダイナ 2 1:35.0 柴田政人

なお、1990年リンシェーバー更新するまで、
1976年マルゼンスキーレースレコードを長らく保持していた。

28 1976年12月12日 マルゼンスキー 2 1:34.4 中野渡清一 sm17085[動]

関連コミュニティ


■co374


関連項目



最終更新日: 19/12/15 17:32
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ