ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


朝霧の巫女


ヨミ: アサギリノミコ
掲示板をミル!
36カキコ!

朝霧の巫女とは、日本漫画作品またはそれを元にしたテレビアニメである。
副題は『平成生物怪録(へいせいいのうもののけろく)』。作者宇河弘樹


概要


少年画報社発行の『ヤングキングアワーズ』に2000年3月から2007年8月まで連載され、
単行本も2013年4月30日に最終巻となる第9巻が発売、堂々完結した。
なお単行本の中には大幅加筆がされている巻もあり雑誌で読んだ人も買って損はない。

タイトルのせいか巫女萌え漫画かと思われがちだが、単行本第1巻の裏表の解説「妖怪譚『稲生物怪録』をベースとしたラブコメ伝奇漫画」が示す通り怪異妖怪てんこ盛りで、それらに翻弄され立ち向かう人間模様を描く。

余談だが短編集『妖の寄る』に本作に繋がるシリーズが収録されている。


あらすじ


主人公天津忠尋は、故郷の広島県三次市に帰ってきて々、謎の男・乱裁宗に襲われる。忠尋を審神者と呼び"儀式"を行おうとする乱裁から忠尋を救ったのは従兄弟稗田三姉妹だった。
以来様々な怪異に巻き込まれていく忠尋だが…


 登場人物



TVアニメ版


2002年7月から12月にかけてテレビ東京にて放映された。全26話(ただし1話15分)。

中立がモットーのWikipediaには「賛否両論」と当たり障りのない(?)ことが書いてあるが、原作ファンからの評価は黒歴史以外の何物でもないというのがおよそ衆の一致するところである。

前述の通り、原作巫女萌え漫画の皮を被った伝奇漫画であるが、アニメ版は1話15分で『陸上防衛隊まおちゃん』と抱き合わせ放送という放送形態に加え、アニメオリジナルキャラ跋扈する安い萌えアニメ以外の何物でもない出来となった。中盤の作画崩壊には動画マン出身の監督が自分のサイトでキレるなどという一幕も。

その上、DVD全巻購入特典が「朝霧の書」という冊子1冊だけという扱いに至っては、アニメ版の出来そのものには沈黙していた原作者すらも業を煮やし、当初「朝霧の書」内に収録される予定だった宇河弘樹イラスト集はカット。その代わり、原作者本人が独自に小画集と「原作オープニングムービー」を制作して特典にするという事態になった。

このアニメ版はファンに与えたダメージ以上に、原作者に多大な精ダメージを与えたことで知られ、一時は原作の連載継続自体が危ぶまれる事態にまで陥った。原作の単行本(全9巻予定)の発刊ペースが異様に遅いのは、アニメ版による被害の後遺症も大きい。宇河弘樹の項も参照。

かつては『HELLSING』や『真月譚 月姫』と並び称された黒歴史アニメの代名詞であるが、ひとりの漫画家作家生命を断ち切りかけた、という意味では他の黒歴史アニメよりも余程罪深いとも言える。

ちなみに舞台広島であるが、本放送時は広島では放映されなかった。のちにRCC中国放送が放映している。


関連動画


 
■sm871829[ニコ動]

 


関連商品


■az4785920602
■az4785921226
■az4785922060
■az478592389X
■az4785928964
■az4785932864
■az4785935588
■az4785938536
■az4785940107
■az4785919701


関連コミュニティ


朝霧の巫女に関するニコニコミュニティを紹介してください。


関連項目



最終更新日: 13/05/09 00:59
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ