ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


木曽川


ヨミ: キソガワ

木曽川
きそがわ
Kiso River

一級系 木曽川
種別 一級河川
延長 229km
均流量 169m3/s
山観測所 1951年2002年
流域面積 5,275km2
鉢盛山
標高 2,446m

流域

長野県
[画像を見る]岐阜県
[画像を見る]愛知県
[画像を見る]三重県

特記事項 木曽川上流河川事務所[外部]
木曽川下流河川事務所[外部]
[画像を見る]日本 > [画像を見る]長野県[画像を見る]岐阜県[画像を見る]愛知県[画像を見る]三重県 > 河川一覧木曽川

[画像を見る]

 木曽川とは、長野県から岐阜県愛知県三重県を経て伊勢湾へ注ぐ一級河川である。

 河川法上は揖長良川とも木曽川系に含まれ、総称して「木曽」と呼ばれている。木曽川系としての流域は滋賀県も含み、その面積は9,100km2で全5位の広さとなる。


概要


 長野県木祖村の鉢盛山。中央分嶺であり、山の南方から木曽地域を南西に下る。ちなみに木祖村の村名は、木曽川流(祖)という意味を込めて付けられた。

 上町内の渓谷には、信濃の国でも歌われている木曽の桟や寝覚の床がある。岐阜県に入っても恵那峡などの渓谷が続き、特に美濃加茂市から愛知県犬山市にかけては、風景ラインに似ていることから「日本ライン」とも呼ばれる。濃尾平野に出たところで飛騨と合流する。

 各務原市愛知県犬山市界付近や、揖長良川と並行する付近では、かつて合流・分流を繰り返していた様子が伺える。
  1887年(明治20年)、オランダ人技師ヨハニス・デ・レーケによる分流工事が12年の歳をかけて行われ、木曽全に分流された。当時の最新技術を用いており、洪水が大幅に減るなど著しい効果を挙げた。現在でも、屋への洪水対策として造られた輪中が残る地域がある。

 その後、木曽川三重県長島町と木曽岬町の伊勢湾へ注ぐ。延長229kmは最上川と並んで全7位。


木曽川水系 主要河川



関連動画



■sm23835775[ニコ動]

■sm16348215[ニコ動]
■sm11486099[ニコ動]
■sm4291637[ニコ動]


関連商品


■az4833105241
■az4434143220


関連コミュニティ


■co1756
■co1005

■co141
■co546511


関連項目



最終更新日: 16/12/31 21:20
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社