ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


木簡


ヨミ: モッカン
掲示板をミル!
10カキコ!

木簡もっかんとは文字の書かれた木片である。削りの剥片からに書かれた文字まで、その意味では木簡になる。


木簡の概要


木簡古来中国ではがとても重であり、今日のように日常的に手もと近くにはかった。そこで代用品として、木、布などに文字を記し、通信、記録、覚書などに用いた。に書いて提出るのだが、練習として木簡簡を使うという場合もある。またに写さず、その木札、札を点して「冊書」という書籍にすることもある。「冊」という字はもともとこの木簡簡を束ねた状態を文字にしたもの。

日本でも、ほぼ同じような理由で木簡を用いた。もっとも「簡」という文字は「製の札」の意味し、用字としては木製品なら「牘(とく)」が正しい。それゆえ木簡という造は「木製の札」の意となり、厳密にはおかしい。現代の中国でもいわれているように、両者あわせて簡牘とするのも一案である。ただ日本にはその土・季の関係で製の「簡」の発見例がない。木製の札を中国の「簡」のように用いていたので、木簡という新しいを造ったのである。

木簡は「木製の札に字を記したもの」であるから、とくに古代に限った遺物ではない。鎌倉時代戦国時代江戸時代のものも出土している。またで使っているの値段表は、の薄片に書かれているが、これも現代木簡といえよう。

出土した古代木簡一号昭和3年(1928年)の三重県柚井遺跡からのもの。


木簡の関連商品


■az4305701502
■az4642019715
■yssueyoshi-wood_06h005

 


関連リンク


 


最終更新日: 08/07/21 16:54
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社