ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


未来形


ヨミ: ミライケイ
掲示板をミル!
3カキコ!

未来形とは、紀香先生も使ってる単である。

未来形なんで。


概要


未来形とは文法用であり、未来に起きることに対する見通しを示す表現方法である。日本人であれば英語の時制として学ぶ機会が多いと思われるが、日本語に限らない。

厳密には、英語の時制は過去現在(非過去)しか存在しない。これは同じゲルマンに属するドイツ語などと較すると分かる。

当記事冒頭には使用されていると記載されているが、現在のところ実際に日本語として使用されることはほとんどない。未来にもないと思う。


英語における未来形


未来形とは英語で<S+will+動詞原形~>又は<S+be+going to+動詞原形~>の形である。基本的には【~する予定・~するつもり】と訳す。

否定文では<S+will not+動詞原形~>,<S+be not+going to+動詞原形~>で【~する予定はありません・~するつもりはない】と訳す。

疑問文では<Will+S+V原形~?>,<Be+S+going to+動詞原形~?>で【~する予定はありますか?・~するつもりはありますか?】と訳す。

be going to のbe動詞は現在形で使用する。

これらはあくまで、意思の助動詞willやgoの進行形が、「~しよう」、「~するためにいく」と言う意味を持っており、即ち、「現在は行っておらず未来において行うとしている」という点から「未来における行動を表す」というように発展した物であり、厳密には時制ではない(同様に、日本語でも、「~よう、~しよう」という形が未来形と言われることがあるが、これは古文における意志の助動詞「む」が発展した形であり、時制ではない。日本語における時制は本的には非過去標であるかあるいは過去及び了を表す「た」しかない)。

比較例文

現在形〕

I play tennis.【私はテニスをします。】

〔否定文〕

疑問文


関連動画



■1234172030[ニコ動]

 


関連項目



最終更新日: 14/09/28 12:33
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ