ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


本因坊道策


ヨミ: ホンインボウドウサク
掲示板をミル!
3カキコ!

本因坊道策(ほんいんぼう どうさく)とは、日本囲碁棋士である。正保2年(1645年) 生、 元15年3月26日1702年4月22日)没。幼名は三次郎、法名は日忠。 
本因坊算悦、本因坊悦門下。四世本因坊


概要


歴代本因坊の中でも特に圧倒的な強さを持った棋士。残された棋譜からもその強さ・読みの深さを読み取る事ができ、現在まで彼は「棋聖」「碁聖」と言われ、史上最強棋士として今でも名を残している。また、囲碁の考え方を合理的に捕らえ、手割理論策流(現在中国流)、さらには段級位制の確立など、彼の考えた方式は300年以上たった今でも要な囲碁理論として君臨している。

秀策人気が出たのは明治以降という事も付け加えておく。

ちなみに、段級位制は名人を9段(つまり一人)、7段を上手、その間を8段とし、以下二段で一子置く制度である。この制度は後に将棋にも取り入れられている。なお、策は同じ時代に生きた棋士達を全て先以下に押さえ込んでしまい、策自身が強すぎた為に「実十三段」と言われてしまうほどだった。 


棋譜


vs琉球人 親雲上濱比賀(べいちん はまひか)4子

琉球一の打ち手とされるベイチンとの対局。

策は彼の腕を図るべく、ひとつイタズラをした。これが有名な「策のハメ手」である。

vs安井算哲 (先)

映画天地明察」で有名となった対局。主人公安井算哲は天文学者であり、盤を宇宙とし、「失礼」の一言と同時に初手天元を放った。そして普通に負けた。 

vs小川道的 (2子)

おそらく初の策流の登場。つまり現在中国流が誕生した棋譜である。棋譜を見ればお分かり頂けるとおもうが、ミニ中の進行となっている。小へのカカリへの対策も現在中国流の基本的な打ち方に似ている。近代になり、囲碁ライター安永一が研究を重ね、中国囲碁界にこれを伝える。その後中国内で相当な研究がなされ、棋戦中国棋士が団体戦で全員が同じ布石を用いた事などから 「中国流」と呼ばれるようになった。


トリビア



関連動画



■sm33120515[ニコ動]


関連商品


本因坊道策に関するニコニコ市場の商品を紹介してください。


関連コミュニティ


本因坊道策に関するニコニコミュニティを紹介してください。


関連項目



最終更新日: 19/07/16 20:51
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ