ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


本田圭佑


ヨミ: ホンダケイスケ
掲示板をミル!
632カキコ!

本田圭佑とは、

1.日本サッカー選手(ほんだ けいすけ、Keisuke HondaКэйсукэ Хонда1986年6月13日 - )

2.宮城県出身のプロ野球選手投手)→詳細は本田圭佑(野球)を参照

本稿では1について解説する。


概要


本田圭佑

大阪府摂津出身。182cm74kg。ポジションはFWもしくはMF。利き足は左足。
ブラジルセリエAのボタフォゴFR所属。カンボジア代表の実質的な監督も務めている。ワールドカップ3大会連続でゴールを決めた一の日本人でもある。

小学2年生のときに両親が離婚し、父親に引き取られて育つが、この頃にサッカーを始めている。中学生の頃にガンバ大阪ジュニアユースに所属。長昭博、安田理大、東口順昭といった後の日本代表経験者が所属していたが、自身はスタミナとスピードに難があったためユースへ昇格ができなかった。

挫折を経験した本田は親元を離れ石川県星稜高校へ進学。1年生からレギュラーを掴み頭を現すと、高円宮杯で準優勝、3年生のときにはキャプテンとして第83回全高校サッカー選手権でベスト4の成績を残す。超高校級MFとしてJリーグ複数のチームからオファーを受けており、2004年には強化定選手として名古屋グランパスエイト練習に参加。7月24日のナビスコカップジュビロ磐田戦で公式戦出場を果たしている。

名古屋グランパス時代

高校卒業後の2005年名古屋グランパスエイトと正式にプロ契約を結び、プロとしてのキャリアスタート背番号は「24」。3月5日J1開幕戦のジェフユナイテッド千葉戦で、クラブ史上4人となる高卒ルーキーの開幕スタメンを飾り、この試合でアシストを記録。4月28日の第8節東京ヴェルディ1969戦では、度のない位置からの左足シュートプロゴールを決める。チームは不振に陥り、残留争いを経験するが、リーグ31試合2得点4アシストを記録。

2年となる2006年シーズンレギュラーに定着するようになり、セフ・フェルホーセン監督の意向によって左サイドハーフ、左サイドバック、左ウイングバックといった様々なポジションで起用される。3年2007年には8アシストを記録し、左足のキックが注されるなど存在感を見せていた。

VVVフェンロ時代

2008年1月16日オランダエールディヴィジVVVフェンロへ移籍。この頃から現在トレードマークとなっている金髪ショートヘアイメチェンしている。オランダ語で応じた入団会見をおこなった当日である1月20日PSV戦でデビューを飾る。3月15日の第27節フェイエノールト戦ではFKからの直接ゴールで初ゴールを決めている。レギュラーを掴んだものの、チームは大きく低迷。2007-2008シーズンVVVエールステ・ディヴィジ(2部)に降格するが、翌シーズンもそのままVVVに残留した。

お前シュートを決めるのはYouTubeの中だけ

サンドロ・カラブロ―

2部で迎えた2008-2009シーズンから背番号を「10」に変更。得点の意識を高めた本田は開幕から首位を独走するチームとして活躍。シーズン途中からキャプテンを任されるなど絶対的な存在として君臨し、チームエールステ・ディヴィジ(2部)優勝へと導き、1年での1部復帰に成功する。キャリアハイとなる16得点13アシストという成績を残し、リーグMVPにも選ばれた。昇格が決まった試合の直後にピッチ乱入したファンから身ぐるみを剥がされパンツ一丁にされ、あわやパンツまで奪われそうになる。

2009-2010シーズンオランダビッグクラブへの移籍が予想されたが、高い移籍ネックとなり移籍が成立せず、VVV所属のままシーズンを迎える。
ここで本田は開幕から3戦で4得点2アシストの大活躍を見せるなど、18試合で6得点を挙げ、復帰1年チームを中位に押し上げた。VVVでは1部で32試合8得点、2部で36試合16得点を記録した。


CSKAモスクワ時代


VVVでの活躍もあって、この年のの移籍市場ロシアの強CSKAモスクワへの移籍(4年契約)を果たす。背番号は「7」。CSKAモスクワUEFAチャンピオンズリーグにもたびたび出場するほどの実を持ち、事実上のステップアップを果たす。

2010年2月24日UEFAチャンピオンズリーグCL)ラウンド16 1st ledセビージャ戦でCLデビューを果たすと、3月16日2nd legでは後半10分におよそ30mほどの位置からFKを直接ゴールに決める。このゴールが決勝ゴールとなってCSKAはクラブ史上初のベスト8進出を果たし、活躍が認められた本田はこの試合のMOMに選ばれ、世界中のメディアからの注を集める。2010-11シーズンリーグ開幕戦となったアルカム戦では、試合終了間際に決勝ゴールを決め、劇的なリーグデビューを果たす。トップ下に若いアラン・ジャゴエフがいたためボランチで起用されることが多かったが、そつなくこなしてチームに貢献。2011年5月22日ロシアカップ決勝のアラニア戦では決勝点をアシストし、ロシアでの初タイトルを獲得する。

2011-2012シーズンは、2列の右サイドで起用されることが多くなったため得点数が伸びるが、2011年8月28日のスパルタク・モスクワ戦で右膝半月損傷によって戦線を離脱。一度は復帰したものの再発させてしまい、2012年3月まで復帰に時間を要することになる。また、この年の1月イタリアセリエAラツィオへの移籍が確実視されるが、CSKAが移籍額に不満を持ってオファーを断ったため破断となる。

2012-2013シーズンは本職であるトップ下で起用され、前半戦の18試合で前年と同じ7ゴールを記録するが、今度は2013年2月に左足首を負傷し、またしても長期の戦線離脱を強いられる。4月21日のスパルタク・モスクワ戦で復帰すると、チーム5月に6シーズンぶりとなるリーグ優勝を決める。自身にとっては初めてとなるトップリーグでの優勝経験となった。また、ロシアカップ決勝にも出場しており、内2冠となるタイトル獲得に貢献する。
また、毎シーズンのように移籍報道も飛び出すが、前述のように4年契約を結んでいたことから高額な移籍ネックとなって移籍が破談になったと報じられることが恒例行事となりつつあった。

2013-14シーズンロシア脱出ならず、開幕からCSKAでプレーすることになる。それでもロシアスーパーカップゼニト戦で2ゴールを決め優勝に貢献すれば、CLバイエルン・ミュンヘン戦、ブルゼニ戦で連続して1ゴール1アシストの活躍を見せ、好調を維持していた。

そして2013年12月CSKAとの契約が終了し、ようやくロシアからの脱出に成功する。


ミラン時代


2013年12月11日心の中のリトルホンダを聞いたことにより、イタリアセリエAの名門ACミランへの移籍が決定。移籍0円での移籍となり、3年半契約背番号は自ら希望した「10」を付けることに。

2014年1月12日セリエA第19節のサッスオーロ戦で途中出場し、セリエAでのデビューを果たす。しかし、その翌日マッシミリアーノ・アッレグ監督が解任となり、後任のクラレンス・セードル監督から右サイドハーフで起用されたことで適応に苦しみ、4月7日32ジェノア戦での初ゴールのみで終了する。

2014-2015シーズン開幕戦のラツィオ戦では、3トップの右ウイングで起用され、先制ゴールを決める。そこからゴールを重ね、一時は得点ランクの上位につける活躍を見せる。しかし、徐々にチームの不調に引っられる形できを失うようになり、周囲からの厳しいを浴びせられるようになる。11月23日ミラノ・ダービーインテル長友佑都との日本人対決が実現するが、本田を高く評価していたフィリッポ・インザーギ監督が途中で解任されたこともあり、徐々にスタメンから外れることも増え、クラブレジェンドであるアレサンドロ・コスタクルタやパオロ・マルディーニからも酷評されてしまう。結局2014年11月以降の得点数はわずか1に終わり、不完全燃焼シーズンとなった。

2015年6月9日自身のマネージメント会社がオーストリア3部リーグのSVホルンの経営に参画することを発表し、話題となる。ちなみにクラブを買収したわけではなく、パートナーシップを結んだという話である。

2015-2016シーズンの前半戦は控え組という位置づけとなり、前年とべて出場機会が減っていた。2014年10月14日2試合連続で出場機会がかったナポリ戦の後に、メディアに対してチーム批判と受け取られかねない発言をしてしまい、問題視される。それでも、シーズン後半戦に入ってから右ウイングの位置でレギュラーに返り咲き、2016年1月30日インテル戦では決勝ゴールアシストする。シニサ・ミハイビッチ監督から与えられた役割は、守備の際は自深い位置まで戻って守備をこなし、攻撃時には前に出ていく上下のアップダウンを献身的におこなう役割であり、本田はこの役割を忠実にこなしチームに貢献していた。しかし、直接ゴールに絡む機会が少なかったため、10番の役割として物足りなく感じたメディアサポーターからの批判はなおも続き、低迷するミラン戦犯にあげるものすらいた。

2016-2017シーズンに就任したヴィンチェンツォ・モンテッラ監督は、右ウイングの位置に若くてスピードのあるスソやジェラール・デウロフェウを積極的に起用したため、本田は構想外になってしまう。に移籍するかと見られたが、チーム残留を決断したものの状況に変化はかった。2017年5月31日ホーム終戦となるボローニャ戦で、後半13分から出場すると、シーズンゴールとなる直接FKを決める。このゴールミランの翌シーズンヨーロッパリーグ出場権獲得を呼び込む勝利に繋がった。試合後、本田は自身の公式ツイッター開設と同時に退団を表明。最終節のカリアリ戦では、キャプテンマークを巻いてフル出場し、ミランでの挑戦を終える。


世界放浪時代


2017年7月14日メキシコリーガMXの強CFパチューカと1年契約を結ぶ。背番号は異例の「02」。右ふくらはぎの負傷で開幕から出遅れるが、8月22日のベラスクルス戦で初出場を果たし、初ゴールを決める活躍を見せる。11月19日のコパMX準々決勝ティフアナ戦では、ハーフウェイライン前から単独で4人を抜いてゴールを決め、衝撃を与える。12月にはFIFA クラブワールドカップに初出場。年明けの後期リーグからはさらにゴールアシストを増やしていき、29試合出場10ゴール7アシストという成績を残す。

この頃からビジネス世界での動きも立つようになり、2018年7月18日ウィルスミスと共同で1億規模のベンチャー・ファンドを設立している。

2018年8月6日オーストラリア・Aリーグメルボルン・ビクトリーFCへの加入が決定。背番号日本代表と同じ「4」。開幕戦のメルボルン・シティとのタービーマッチでは、移籍後初出場ながらキャプテンマークを巻いて出場し、初ゴールを記録。開幕からの7試合で4ゴール3アシストの活躍を見せ、10月11月間最優秀選手に選ばれる。12月に右太ももを負傷し、およそ2カ戦線を離脱するも、2019年3月AFCチャンピオンズリーグに初出場。第2節でのサンフレッチェ広島戦で凱旋帰を果たし、この試合でゴールを決める。チームリーグ3位でファイナルシリーズに進出し、準決勝まで戦ったチームを引っるが、5月23日に退団を発表する。

メルボルン・ビクトリーを退団して以降は移籍先が見つからず、所属の状態がしばらく続くが、10月31日からCSKAモスクワ時代の恩師であるレオナルド・スルツキが監督を務めるエールディヴィジのフィテッセの練習に参加。11月6日にフィテッセと正式契約を結び、10年ぶりにオランダに復帰する。しかし、チームの不振の責任を取ってスルツキが辞任すると、12月23日に退団を表明。わずか1カの在籍となる。


次へ»
最終更新日: 20/06/13 16:11
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ