ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


本質


ヨミ: ホンシツ
掲示板をミル!
21カキコ!

本質とは

  1. それがそれであるために最低限必要な要素。
  2. 物事で一番価値のある部分。
  3. 表面的でない性質のこと。
  4. 哲学学用

である。


概要




例えばハサミ。ハサミがハサミであるために最低限必要な要素とはなんであろうか?

』という人がいるかもしれない。けれど世の中にはのないハサミも存在する。

『ものを切る』という人がいるかもしれない。けれど世の中には観賞用のハサミもある。

ハサミ一つを取ってみても本質を見極めるのは難しい。

<哲学>科学倫理学では人間本質世界本質をずっと昔から考えていた。

人間人間であるために最低限必要な要素とはなんだろう。

世界世界であるために最低限必要な要素とはなんだろう。



一般的には2と3の意味で使うことが多い。

情報過多なこの時代。本質、すなわり何が最も重要な情報であるのかを分別できるようにすることには大きな意味がある。

会社や学校などでも、相手が実際に何を言いたいのかを理解したり、簡潔に自分のを伝えたりする時などこの意味の本質を見極めるは必須となるため、中学高校国語教育で養えるようになっている。



もちろん3の意味の本質を見抜くも必要である。

例えばニュース報道される事件などを文字通りに受け取ることは本質を見失っているといえるだろう。

その事件が一体どのような効果を他に与えているか、などを知ることは肝要だ。

他にも、他人の本質をちゃんと知ることができれば用なトラブルを避けることが出来るかもしれない。



本質については多くの思想議論しているが、ここでは特に有名なものについて説明する。

ウーシア

ウーシアοσία)とは、ギリシア語で「本質」を意味する言葉である。特にアリストテレスの用として使われる。

アリストテレスは『形上学』でウーシアについて論じているが、これを読むと、ウーシアを「本質」だけでなく「実在」という意味でも使っていることが分かる。アリストテレスにとっては、存在することと本質を持つことは同義であったからである。

スブスタンティアとエッセンティア

ブスタンティアsubstantia)とエッセティアessentia)は、それぞれラテン語で「実在」「本質」を意味する言葉である。英語substance実在)、essence(本質)に対応する。

ただ、現在では意味が区別されるこの二も、元々は二つの意味を持った言葉として使われていたようである。

前述の通り、ウーシア実在本質を意味するギリシア語である。ところが、ギリシア語にはもう一つ、「ヒュポスタシス」(υπόστασις)というウーシアの同義が存在していた。この二ラテン語に訳すとき、

と違う訳を当てたのである。この頃は、単に同じ意味のラテン語が二つできたにすぎなかった。

後のキリスト教学の時代になると、第一コンスタンティノポリス会議(381年)で、ヒュポスタシスをラテン語に訳したペルソナpersona)という言葉を、の位格を表す言葉として使うようになった。

また、スコラ哲学の時代になると、スブスタンティア実在エッセティア本質を意味する言葉として区別されるようになる。

表にまとめると、以下のようになる。

ギリシア語 ラテン語
ウーシア エッセティア
ヒュポスタシス ブスタンティア
ペルソナ

こうして、「実在」「本質」を意味していたギリシア語から、両者を区別する用が生まれ、さらには「位格」というキリスト教学の用も生まれた。


関連商品


■az4478004080


関連項目



最終更新日: 13/09/26 21:57
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社