ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


本郷みつる


ヨミ: ホンゴウミツル
掲示板をミル!
22カキコ!

本郷みつるとは、日本アニメーション監督である。代表作に『クレヨンしんちゃん』『毎日かあさん』などがある。


略歴


1959年10月12に生まれ。東京都出身、新潟育ち。

1981年に同じアニメーション監督である芝山努が設立した亜細亜堂に入社して、アニメーターとしてキャリアスタートさせる。だがすぐに本人の意向で演出に移行する。

だが当時、同じ亜細亜堂の同期である望月智充アニメ雑誌などに特集されるなどする中で本郷のみがあまり注され評価されることはなかった。しかも、そんな中で1987年の『陽あたり良好!』の演出を降させられる非常事態になってしまう。

だがそこである人物の仕事を見てまた情熱を取り戻すことになる。それがシンエイ動画制作の『エスパー魔美』のチーフディレクター監督)である原恵一である。次第に活気を取り戻した本郷は、1989年に『チンプイ』の監督を任される。

そして、本郷みつる最大のヒット作となる『クレヨンしんちゃん』が1992年スタートした。実は上層部からもあまり期待されていなかったこの作品であるが、徐々に人気が出てきてなんと1993年7月12日の回では視聴率28.2%を記録。

1996年に降した後も、『キョロちゃん』や『バトルスピリッツ 少年突破バシン』などの子供向け人気番組を次々と制作し、人気アニメーション監督の地位を確立している。


人物


本郷は業界内でもアニメーション監督に対する貢献度が多いことでも有名。

例えば、『美味しんぼ』好き勝手やって降させられ、企業内失業に陥っていた水島努を『クレヨンしんちゃん』に引き入れたのは彼である。周りからは相当反対されいたそうであるがそれを押し切ってのことであったという。今考えてみれば、この一件がなければ今の水島作品『侵略!イカ娘』や『ガールズ&パンツァー』なども生まれなかったかもしれない。水島自身も本郷のことを「神様のような人」と尊敬している。

また、湯浅政明の才にはいちく気付いており、クレヨンしんちゃん劇場版でのラストシーンはほとんど湯浅に一任していた。『ヘンダーランドの大冒険』におけるラストの追いかけっこは湯浅絵コンテ・原画を任せ、名シーンを生み出させた。

あまり顔出しのしない人であるが、それはあくまで先輩アニメ監督の思想を真似しているだけで本人自体は顔出しNGというわけではない。

近年ではトークショーなどにも出演して、非常に軽快なトークで観客を笑わせてくれる。興味のある人は一度行ってみることをお勧めする。


監督作品



テレビシリーズ



劇場版映画



関連動画



■sm1083071[ニコ動]


関連商品


■azB004QTOYCQ
■azB0041G52U2


関連項目



最終更新日: 15/06/11 09:59
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ