ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


李氏朝鮮


ヨミ: リシチョウセン
掲示板をミル!
52カキコ!

李氏朝鮮とは、朝鮮に存在した王である。日本中国では統治者の姓から李朝李朝と略して呼称することもある。韓国では単に朝鮮朝鮮と呼ぶ事が多い(古代に存在した「朝鮮」を号とする(衛氏朝鮮など)は「朝鮮」と呼んで区別している)。
より近代に至るまで中国(明・清)の冊封であった。


概要


1392年から1910年まで(中国の冊封としては1897年まで)続いた朝鮮半島最後の王である。918年より半島を統治していた高麗を、武人のが簒奪して建した。首都は初期に開、後に漢城現在ソウル)。

当時、大陸では中心部の統治国家が大元から明へと変化しており、は簒奪後すぐに明帝国へ使者を送りその正当性を認めさせた。この際、号を高麗からめるように命じられ、明の洪武帝に「和寧」と「朝鮮」の2つの号を提案し、平壌付近の古名であった後者が選ばれたので「朝鮮」の号が採用された。

時より朱子学(儒教)を重んじ、仏教を弾圧する「崇儒」体制が採られた。前王高麗仏教を重んじていたため、それとの差別化を図る意図があったと言われている。

4代国王世宗の時代に王は最も繁栄したと言われている。現在ハングルのもととなる訓民正音の編纂が行われたのはこの頃である。も、官僚らの反対も強く訓民正音の普及はこの段階では限定的なものに留まっていた。

その後、王は王族と両班の権争い、更には豊臣秀吉の出兵(文・慶長の役、倭乱)や後(後の清帝国)による侵略(丁卯胡乱)によって大きく疲弊。特に後者の結果、清への従属を余儀なくされる。

1897年日清戦争の講和条約である下関条約により清帝国朝鮮への従権が失われ、号を「大韓帝国」とめる。これにより君も王から皇帝となった。

その後は日本による保護化が進み、最終的に1910年の日韓併合条約によって王は滅亡、日本の王族となった。


関連動画



■sm10993447[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 17/09/30 15:32
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ