ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します



ヨミ: アンズ
掲示板をミル!
21カキコ!

、アンズ、あんずとは落葉の一種、またはその果物のこと。

杏子とも表記する。人名にも用いられる。


植物としての概要


【分類】バラバラサクラ
【学名】 Prunus armeniaca (学名の由来)Prunusスモモラテン語古名/armeniaca→アルメニア

ウメスモモとは非常に近縁で、容易に雑種をつくる。美しいので観賞の対になる淡色のは3-4月に咲き、ウメにもサクラにも似ているが、旬はウメより遅くサクラよりい。また、葉や幹はウメに似ているが、幹には肌の特徴が見られサクラにも似ている。要するにウメサクラを混ぜた感じだということである。

ウメに似るが、より大きい黄色の果実が食用になる。英名のアプリコットApricot)やプラムPlum)で呼ばれることも多いが、プラムす範囲は広いのでアンズをさない場合も多い。旬は6-7月で、他の果物より時季がい。果肉には甘みがあるが味も強いため、生食されるよりは、洋菓子ジャム缶詰ドライフルーツ・果実などに加工されることが多い。β-カロテンを大量に含むことが知られている。

種子の液質の中身を杏仁といい、甘みのある甜杏仁と苦味のある苦杏仁に分けられる。前者を杏仁豆腐材料にするが、日本では実際に杏仁が使われていることは少なく、あの独特の香りはアーモンドエッセンスによるものである。後者は咳止めの漢方薬として用いられるが、配糖体のアミグダリンを含むため素人が安易に食べるべきではない。

耐寒性があり冷な地域に生育する。日本では青森県(特に南部町が有名)と長野県(特に善光寺南部地域が有名)の2県で産のほぼ全てを生産している。世界的にはアメリカ合衆国カリフォルニア州が一大産地である。

長野県千曲市には日本一の「あんずの里」があり、観光名所になっている。熊本県鹿には「あんずの丘」という体験施設があり、過去にはDA PUMPライブも行われた。


杏(アンズ)を名に持つ人物


※音読みで「アン」、「キョウ」とも読むので、区別しやすいように読み仮名を添えておいた。
苗字または名前の一部のみに杏の字が入るものは含まれていない。

杏子(あんず・きょうこ)」については別記事があるのでそちらを参照。


苗字が杏、あんず


実在の人物

ニコニコ関係

名前が杏、アンズ、あんず


実在の人物

ニコニコ関係

架空の人物


漢字として


Unicode
U+674F
JIS X 0213
1-16-41
部首
木部
画数
7画
意味
アンズ、アンズの果実、という意味がある。〔説文解字・巻六〕に「果なり」とある。
字形
諸説ある。
符は省略したものとする説(〔説文〕)、省略したものが符とする説(〔段注〕)、実がなる木の形とする説などがある。
音訓
読みは、コウ音)、キョウ音)、アン(唐音)、訓読みは、あんず。
規格・区分
人名用漢字である。JIS X 0213第一準。1976年に人名用漢字に採用された。
杏を符とする漢字には、莕などがある。
杏園・杏花杏子・杏壇・杏仁・杏仁豆腐・杏葉・杏酪・杏

関連動画


アンズを用いた料理動画

■sm3156916[ニコ動]

■sm2260356[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 18/07/01 21:10
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ