ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


東京新聞杯


ヨミ: トウキョウシンブンハイ

東京新聞杯は、JRA(日本中央競馬会)が開催する東京競馬場の重賞競走である。格付けはGⅢ


概要


1951年東京杯で行われたのが始まりで、1966年の第16回から東京新聞杯になっている。
創設時は5月ごろで芝2400mで行われていたが、1966年の第16回から2月上旬ごろになり、その後芝2000m、芝1600mと距離が短くなり現在に至る。

基本東京競馬場での開催だが、東京競馬場の工事や他の競馬場の工事の都合上、第18回、第22回、第29回、第53回は中山競馬場で行われた。

歴代の優勝の中には、トサミドリ、ミツハタ、ハクリヨウ、タカオー、オートキツ、ハクチカラコマヒカリタカマガハラ、コレヒデタケシバオーアカネテンリュウフジノパーシアモンテプリンスギャロップダイナトロットサンダーキングヘイローアドマイヤコジーンハットトリックスズカフェニックス、ローレルレイロ、ホエールキャプチャリスグラシューインディチャンプといった面々23頭がG1(G1級)を勝利していた、のちに勝利することになる。

レース名になっている東京新聞は、中日新聞東京本社が発行する日刊

第16回の勝ちアサフジは、メジロおばあちゃんと言われた北野ミヤ氏である。

2019年の第69回は1着インディチャンプ(福永祐一)、レッドオルガ(北村友一)、3着サトノアレス(柴山雄一)と「3ゆういち」で決着する記録となっている。


歴代優勝馬


年齢表記は2000年以前も現在の年齢で表記
第1回~第17回までは芝2400m、第18回は中山2200m、第19回20回はダート2100m
21回~第33回は芝2000m(第22回29回は中山2000m)
34回~現在まで芝1600m(第45回は降ダート1600m、第53回は中山1600m)


次へ»
最終更新日: 19/06/05 05:32
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ