ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


東方ヴォーカル


ヨミ: トウホウヴォーカル
掲示板をミル!
291カキコ!

概要


東方ヴォーカルとは、歌入りの東方アレンジ動画に付けられるタグである。
東方アレンジ」のタグと併記されていることが多い。「東方アレンジヴォーカル」「東方ヴォーカルアレンジ」とも。
曲の記事・詳細についてはヴォーカル曲含めアレンジ一覧にてまとめて載せている。

⇒ 「東方アレンジの一覧

原作である東方Projectの楽曲には、歌入りの物はおろか歌詞がある物すら存在しない。
その為、全ての東方ヴォーカル曲の歌詞二次創作者のオリジナルである。
物凄い勢いでネタに走っている曲と、大な曲が混在している。
初音ミク等のボーカロイドが歌っている動画にもこのタグが付いている事がある。

例外として、東方とある程度リンクしているZUNによる音楽CD夢違科学世紀」収録の曲「童祭」には歌詞が存在し、それをヴォーカルアレンジ曲に組み込んだものも存在する。


大まかな歴史


2004年12月に頒布されたCOOL&CREATEの「東方ストライク」の中に収録された「レザマリでもつらくないっ!」「drizzly rain」が、ヴォーカルアレンジの存在のきっかけになったと言われる。SYNC.ART'S麗」をはじめ、石鹸屋など、この頃の東方アレンジCDの中に入っているヴォーカル曲は1、2曲くらいというしい時代であった。またDTM制作におけるシンセの性にも限度があり、ハードコアテクノ系のインストアレンジ立っていた頃であった。

2006年SYNC.ART'Sから頒布された東方アレンジアルバムREQUIEM幻想に散る少女たち~」は、収録曲が全てヴォーカル曲で、界に大きな影を与えた。同年IOSYSから頒布された「東方乙女囃子」には、後にニコニコで流行した「魔理沙は大変なものを盗んでいきました」などが収録されており、ヴォーカルアレンジがさらに拡大するきっかけが生まれる。

DTM音楽制作用の機材の進歩に伴って、2007~2008年にかけて様々な東方原曲によるヴォーカルアレンジが急増していき、ポップユーロビートロックメタルジャズと各音楽分野に長けた音楽サークルが次々と登場していった。ニコニコ動画内でIOSYSCOOL&CREATEの影からか「東方ヴォーカル曲はネタ電波が多い」イメージが付いていた人もいたが、「スキマツアー」などで様々な音楽サークルヴォーカルアレンジ曲を知ったという人も。
日が経つにつれ、原曲メロディライン歌詞を乗せたものだけでなく、J-POP系になじませるために原曲メロディを崩したり、原曲フレーズバックオリジナルメロディライン歌詞に乗せているヴォーカル曲(EastNewSoundAmateras RecordsFELTなど)も登場していき、現在では高いクオリティヴォーカルアレンジも次々に登場しており、多ジャンルで多様化している。しかし、少女が多数登場する東方Projectということもあってか、ヴォーカル曲では圧倒的に女性が多い。


関連コミュニティ


■co5925
■co2062
■co3


関連項目



最終更新日: 16/11/18 22:40
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ