ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


東横線


ヨミ: トウヨコセン
掲示板をミル!
93カキコ!

東横線とは、渋谷駅東京都渋谷区)~横浜駅神奈川県横浜市西区)を結ぶ東急鉄道路線である。

駅ナンバリングの路線記号は「TY


成り立ちと概要


 現在の東横線にあたる路線を最初に計画したのは「武蔵電気鉄道」(以下「武蔵」と略)という会社である。武蔵鉄道投機ブームに乗った資集めのための会社の色合いが濃かったが、政府より五島慶太を役員にを迎えたことで計画が進み、同じく五島が役員を務める「目黒蒲田」の企業になり、武蔵は「東京横浜」(以下「東横」)となる。1926年には丸子多摩神奈川間が開通し、翌年には渋谷神奈川間が開通、現在の東横線の原が出来上がる。なお、桜木町まで全通したのは1932年である。
 阪急電鉄を模範にした開発手法で沿線人口は戦前戦後を通じて増加した。時には輸送増強のため、電化私鉄であるにもかかわらず気動車を導入したり(しかし導入直後、戦争化したため急な燃料価格高騰が始まり、わずか2年で気動車を手放す)、現在東急に通じるなりふり構わぬ輸送増強策を行う下地を作った・・・かどうかは定かではない。

 また、東横線は東京横浜という首都圏の2大都市を結ぶことから、終日にわたって利用者が多く、一日均利用者数は約1145600人(2012年度実績)と、全長25km程度の路線にしては非常に多い部類に入る。その利用者数の多さは、JR九州JR四国それぞれ全路線を合わせた利用者数九州:約80万人/日・四国:約14万人/日)を、わずか25kmの東横線1路線があっさりえているといえば、その利用者数の多さがおわかりいただけるだろう。

 ここまで利用者が多い理由には

  1. 沿線がほぼ成熟しており、沿線人口が多い
  2. 商業的に発展している渋谷横浜を結ぶため、間の買い物利用が多い
  3. 東京の副都心である渋谷横浜(さらにはみなとみらい線に直通し横浜都心)を結ぶことから、都市間利用もある
  4. 他の首都圏大手私鉄の基幹路線においては東京方面への人の流れが大多数を占めるのに対し、東横線では東京横浜双方への人の流れがあるために、終日上下線ともに利用者が安定して多い
  5. 観光スポットの多いみなとみらい線に直通しており、東京方面からの観光客が多く利用している

などが挙げられる。特に2・3・5により、ラッシュ時間帯以外にも安定した利用を保っており、東横線は単なる通勤路線ではなく、観光利用や都市間利用といったマルチな需要に対応しているのである。通勤需要に偏らない多様な利用形態があり、定期外利用者(=普通乗車券PASMO等、定期券以外の利用者)の割合が他路線にべて高いため収益性も良い東横線は、東急ドル箱路線である。東急が、わずか100kmの路線網で、安い運賃で(渋谷横浜260円)、しかも有料特急も持たずに、年間約2,562億円(2008年3月期、単独)もの売上を上げられる理由がここにある(なお、この売上を上回る大手私鉄は、どう見ても別格で説明不要な東京メトロと、東急の5倍にのぼる長さの路線網を持つ近鉄―約2,940億円/年・2008年3月期、単独―のみである)。


2004年1月30日横浜駅高島桜木町駅間の営業運転を終了、翌31付けで止され、翌2月1日より横浜高速鉄道 みなとみらい線と相互直通運転を開始。渋谷から元町・中華街へのアクセスが飛躍的に向上した。

2013年3月16日、東横線渋谷駅現在の地上から地下東京メトロ 副都心線ホーム)へ移転し、副都心線と相互直通運転を開始。これにより、川越所沢から横浜までが乗り換えなしで結ばれ、広域的な鉄道ネットワークが形成される。相互直通運転開始と同時に、特急通勤特急急行列車の10両編成運転が開始される(一部は8両)。
同時に日比谷線直通は止となり、菊名駅発着の各駅停車渋谷副都心線方面発着に置き換えられた。

2017年3月25日西武40000系を使用した有料座席車両S-TRAIN」が土休日に運行開始する予定(みなとみらい線元町・中華街駅西武秩父線西武秩父駅間を運行予定)。東急では初めての座席車両となる。


列車種別


東横線には特急通勤特急急行各駅停車の4つの種別の電車が走る。特急通勤特急副都心線内でも優等種別の「急行」「通勤急行」として運転される。かつての日比谷線直通の代替で設定された菊名行きと一部の入出庫電車ラッシュ時間帯の一部電車イベント列車を除き、原則として全列車みなとみらい線への直通運転を行う。

2017年3月25日より、有料座席車両として「S-TRAIN」が運行開始する予定(詳細は「S-TRAIN」の記事を参照)。


特急


 「特急」は渋谷横浜元町・中華街間を通常33分で結ぶ速達列車である。「東横特急」の称があり、2003年ごろから東急が放送案内や掲示物等で積極的に使用しはじめて以降、利用者にも「東横特急」として認識されており、広く浸透している。
 停渋谷-中目黒-自由が丘-武蔵小杉-菊名-横浜-みなとみらい-元町・中華街

 当初は中目黒に停しなかったが、日比谷線乗り換える利用者から特急の要望が多かったことから、2003年3月ダイヤ正より停するようになった。

  日中は毎時4本運転されており、日中渋谷駅は10・254055分に統一されている。待たずに乗れる上、非常にわかりやすい。

 2013年3月16日からは、基本的に全列車10両で運行。ダイヤ乱れ時は8両で運行する可性もある。(今のところ8両での運行実績はい模様)

 2016年3月26日からは、東急東横線・みなとみらい線特急東京メトロ副都心線急行西武線内快速急行東武東上線急行となる電車には「Fライナー」の称がつけられている。ただし、「東横特急」の称も残されている。


通勤特急


 「通勤特急」はその名の通り、通勤時間帯に運転される特急。行先表示等で「通特」と略されることがある。
 停渋谷-中目黒-自由が丘-武蔵小杉-日吉-菊名-横浜-みなとみらい-馬車道-日本大通り-元町・中華街

 特急との違いは、日吉馬車道日本大通りに停するかどうかである。
 日吉は単独で利用者が多く、また港北ニュータウン方面へ至る横浜市営地下鉄グリーンラインの連絡でもあるとともに、日吉の隣にあり、多数の路線バスが集結し利用者も多い綱島駅の利用者も想定しての日吉である。通勤特急運行開始当初は日吉各駅停車に連絡しており、日吉での緩急接続がなくなった現在も、元住吉で通特を待避する各駅停車との間で日吉にて乗り換えることで、綱からも通特を利用できる。
 馬車道日本大通りは横浜都心にあり、通勤利用が多いことから停となっている。念のため言うが、この2から東京方面への通勤利用ではなく、沿線・東京方面から横浜都心への通勤利用である。東横線は双方向の通勤利用があることを如実に表すのが「通勤特急」である。

 2013年3月16日からは、基本的に全列車10両で運行。ただし、ダイヤ乱れ時には8両編成で運行される事がある。(特急と異なりこちらは8両で運行されたこともある)


急行


 「急行」は、特急・通特より停の多い速達列車渋谷横浜間を通常29分で結ぶ。
 停渋谷-中目黒-学芸大学-自由が丘-田園調布-多摩-武蔵小杉-日吉-綱-菊名-横浜-みなとみらい-馬車道-日本大通り-元町・中華街

 停はかなり多く、2以上連続で通過する区間が菊名横浜間(4通過)しかないことから、「隔」と揶揄されることさえある。2000年8月ダイヤ正で多摩が停に加わってから、その傾向が強くなった。

 そういうことから、「東横線急行は遅い」というイメージがつきまとい、通し利用では敬遠されることがある。しかし、間違っても東横線急行を「急いで行かない」などと言ってはいけない。実際に乗ってみればわかるが、たとえ間に通過が1つしかなかろうとも、間を東横線最高速度の110km/hで爆走する。間に通過がない日吉~綱間さえも110km/hで爆走する(日吉~綱間は2.2kmあり東急最長の間だが、他社ではわりと標準的な間であろう)。東横線に多数存在する速度制限も、ATCのおかげで速度過の心配がないことから、ギリギリまで加速して一気に減速する、まさに「攻めの運転」が見られるのである。

 つまり、東横線急行は「隔で急いで行かない」ではなく「に停するが間は物凄く急いで行く」なのである。渋谷横浜間の標準所要時間は29分であり、同25分の特急と4分しか変わらない。
 ちなみに、急行特急や通特に抜かれることは、イベント列車を除いてない(全ての急行渋谷元町・中華街間先着)ので、渋谷横浜間通し利用でも安心して急行に乗ってほしい。日中でも特急と交互に走り、特急とあわせて毎時8本走っている。

 2006年までは元住吉検車区の入出庫を元住吉駅で行っていたことから、「急行元住吉行き」が存在した(元住吉発も)。これは2001年まで東横線の運用が急行(運番51~)と各駅停車(運番01~)で分かれており、入庫電車急行だったためである。本来通過する元住吉に停する数少ない急行であったが、2006年に高架化により元住吉駅での入出庫ができなくなったことから、入出庫は武蔵小杉駅(下り出庫のみ日吉駅)で行うことになり止となった。

 他社では急行は途中から各に停し、各停の代替となる場合がよくあるが、東横線では両端の渋谷横浜双方へ大きな人の流れがあることから、東横線の急行は全線で急行運転をする(みなとみらい元町・中華街間は単に需要の多いにとまっているだけであり、各停の代替というわけではない)。

 なお、10両での運行は・夕方時間帯を中心とする一部の急行のみであり、それ以外は8両である。


各駅停車(東横線)


 「各駅停車」(行先表示には「各停」と表記)は、文字通り各に停する種別。渋谷横浜間は速達列車待避の有・回数にもよるが、だいたい4045分くらいかかる(全線で待避なしだと39分、2回待避する日中各駅停車は43分)。
 入出庫電車や初発・終電を除いて、原則としてみなとみらい線を含めた全線運転である。その他に武蔵小杉・元住吉・日吉(出庫のみ)・菊名発着がある。

 日中は毎時8本が元町・中華街駅まで走っており、東横線では各停しか停しないでも日中毎時8本の電車が利用できるようになっている(均7.5分間隔、しかもだいたいどの区間でも等間隔で7.5分間隔に近い)。これは首都圏大手私鉄の路線ではかなりハイレベルサービス提供している部類であるといえよう。
 日中自由が丘菊名で、急行特急のどちらかに緩急接続で乗換ができる(2回の接続のうちどちらか1回が急行、もう1回が特急)。それ以外の時間帯でも、ほとんどの各駅停車がどこかしらで速達列車に抜かれる(東横線は5時台から0時台まで急行が走っている)が、自由が丘菊名なら緩急接続である(元住吉は通過待避)。
 後述する日比谷線直通を置き換える形で毎時2本が渋谷駅菊名駅の間で運転される。この他に元町・中華街駅発着の2本も合わせた毎時4本が副都心線には直通しない渋谷駅発着の電車となる。

 全て8両での運行である(各駅停車しか停しないホームも8両分しか使われない)。


日比谷線直通(終了)



次へ»
最終更新日: 17/02/13 10:58
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ