ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


東海三県のアニメ視聴・アニラジ聴取事情


ヨミ: トウカイサンケンノアニメシチョウアニラジチョウシュジジョウ
掲示板をミル!
8カキコ!
全国のアニメ視聴・アニラジ聴取事情 > 東海三県のアニメ視聴・アニラジ聴取事情
注意 この記事は東海三県民及び事情に詳しい方の編集協めています。
また、掲示板では、情報提供や記事内容の質問・相談などを受け付けております。

概要


この記事では東海地方3県愛知県岐阜県三重県)のアニメ視聴・アニラジ聴取事情について記載しています。場合によっては状況が変化することがある・・・と思います。


アニメ視聴事情


さすがは「日本第三の都市圏である名古屋都市圏がある地域」といったところか、関東関西に次いで視聴可な本数が多い。

ただ、深夜アニメに関しては、2010年代に入って、それまで関東関西東海三県の3地域で放送される作品は減少の一途をたどっており、関東関西BSのみ(下手したら関東BSのみ)で放送される作品が増えてきている。これは製作側の経費削減(深夜アニメの放送は基本的にテレビ局お金を払ってを買い取る形で確保される。したがって放送局が増えれば増えるほど経費がかさむことになる)とテレビデジタル了によるBSデジタル視聴可世帯の増加およびネット配信の一般化といった要因が重なった結果であると考えられる。実際にCBCテレビにおけるTBS系深夜アニメ放送全削という自体が2018年アニメで起こった独立局べると系列ネット局は単価が高いといわれるが、愛知県には独立局が存在せず、近隣の独立局愛知県での受信は後述の通り難しい。したがって高いお金を払って東海3県でのを確保しなくとも、東京メトロポリタンテレビMX)・サンテレビSUN)・BS11無料衛星放送)という「深夜アニメテレビ放送における独立テレビ局ビック3」の組み合わせおよびネット配信という形態にすることで安上がりに全で視聴できるようにすればよいという判断が下されていると考えられる。

いずれにせよ、東海三県に住んでても、関東関西と遜色なく地上波で安心して深夜アニメが多く視聴できるという状況が危うくなっている。


アニメ製作でも有名な在名民放テレビ局


名古屋市に本社を置く民放テレビ局もまた、関東関西要民放テレビ局と同じでアニメ製作局としての実績がある。とはいえ、全局がそういうわけではない。東西と異なりコンスタント深夜アニメ製作はどこも行っておらず、全日アニメだけをみても(市場自体の縮小もあいまって)昔にべるとかなり存在感が小さくなっているのが現状である。アニメ製作実績がある局は以下の通り。


東海三県での深夜アニメの放送時間


在名民放局が製作として関わる深夜アニメの放送時間に関しては東海三県最速(または愛知県最速)となるのが基本である(『Angel Beats!』、『ラストエグザイル-銀翼のファム-』、『琴浦さん』・・・など。そこ、"全部CBCテレビじゃねーか"とか言わない)。製作が単独だと尚更である。ちなみに、MXが今ほど影のなかった昔は『sola』や『ましろ色シンフォニー』のようにTVAで最速放送されることもあった。近年は前述のようにそもそも放送数自体が減っており、深夜アニメでは在名局のの製作作品も最速放送もない状況が続いている

それ以外は大体、関東関西に次いで三番の放送時間ということが大抵多い(関西よりはいこともある)。それでも昔にべれば善されており、同日時差放送もあるが、基本的に系列ネット局での放送ということもあり大体放送時間は遅めである。

・・・で、でも、一部の地域は、地上波BSを合わせれば同一回を週一で2回視聴できるしぃ・・・ま、多少はね?(震え声)


東海三県のアニメ放送の雄・テレビ愛知(TVA)


テレビ東京系列局の中で一番に、独立テレビ局向けの放送が深夜アニメも多数ネットする。とはいえ、深夜アニメの放送量はMXほどではない。そういうことでTXに3で割って2を掛けたMXを付け加えたようなテレビ局という認識をすればいいMXの台頭以前は、地上波局では毎期アニメ放送数トップの記録を誇り続けたが、MXと違いショートアニメ再放送皆無なのもあり現在はその地位を譲っている。

ただ、TXMX宜しく、東海三県の民放テレビ局の中で、深夜アニメを含めた新作アニメの放送の大半はこの局に集中してしまっているので東海三県内でどう足掻いてもTVAを受信できない地域は、地上波での新作アニメの大量視聴は正直難しい。


岐阜放送(GBS)と三重テレビ(MTV)


TVA愛知県域局ということもあって、独立テレビ局である岐阜県域局の岐阜放送GBSテレビ独立テレビ局称「ぎふチャン」)と三重県域局の三重テレビMTV独立テレビ局)がテレビ東京系列の番組を放送したりしている。よって、岐阜県三重県TVAが受信できない地域は、この2局を通してテレ東アニメを視聴している。しかしながら、所詮はテレビ東京系列外のテレビ局なので、全部のテレ東アニメネットするわけではない。

その結果、2010年代に入ってからはテレ東アニメの放送本数がゴッソリ減ったBSジャパンお前らは)一方で、2局って仲良く同じ作品を放送する深夜アニメが2を基本として確保されている。しかし、『たまゆら~hitotose~』や『のうりん』といった「どちらかの局のみで放送」となった例外もある(※前者はMTVで放送されたが、続編『たまゆら~もあぐれっしぶ~』はTVAで放送された。後者は地元ということでぎふチャンで放送されたがTVAでも同時期に時差放送された)。なお、愛知県内においてこの2を視聴する場合、ぎふチャンMTVのどちらも受信できない場合はBSで視聴せざるを得なくなる。・・・まぁ、BSのほうが放送日時はいんだけどうわなにをするやめ(ry

余談だが、GBSMTVTVAよりも先発の民放局であるが、この2局が先んじてTXの番組を大量に放送していたため、TVAが広域局になれなかったという経緯がある。但し、GBSMTVTVAが広域局として開局することについて、特に反対はしていなかったという。

また、MTVは同じく中日新聞社下ということでTVAとは姉妹局の関係にあり、GBSの親会社である岐阜新聞社は中日新聞社とはの仲なのにTVAに出資しているという事情もある。


各県の視聴環境について


各県ともそれぞれ東西あるいは南北によって視聴環境が異なる。以下を読むと分かるが、綺麗に分かれている方である。

始めに申し上げておくと、ケーブルテレビ衛星放送を考えない単純な地上波受信とした場合、もっとも視聴環境で恵まれているのは名古屋市、あるいは名古屋市の属する尾地方ではない。というのも前述の通り、何処に住もうが区域外局の受信は必要だが、TVAと2つの独立局べると出が2倍違うため、岐阜県三重県TVAを受信する方がラクだからである。

とはいえ、アニメ以外のサブカル関連も一緒に楽しみたいときは名古屋市に住んだほうが地の利的なメリットは大きい。つまり、アニメが視聴出来さえすればいいという人で、BSの工事費・受信料やCATV代をケチりたければ岐阜県内や三重県内でTVAのスピルオーバーに期待したほうが地価も安くお得だが、通勤通学費、ショップに行く費用なんかをいろいろ考慮する必要はあるということである。まあどこ住んでも東京よりは安いし。


愛知県の場合


名古屋市を中心とする西部の尾地方豊田市岡崎市を中心とする中部の西三河地方豊橋市を中心とする東部の東三河地方とで視聴事情が異なる。

直接受信では電波強度と向性の関係でMTVぎふチャンの受信は県に近くないと十分な電波が確保できず難しい。

ケーブルテレビでは尾地方と西三河地方は基本として在名民放5局とMTVが配信される。但し、尾地方三重県岐阜県の両方の県近くにある地域に限り、ぎふチャンも再送信される(※下記参照)。また、西三河地方ではMTVの再送信がない地域がある。

東三河地方は共同アンテナでの受信が難しいため、基本的に区域外再送信がないところばかりである。ただ、県内西部寄りの地域の一部ではMTVが区域外再送信されている。



岐阜県の場合


平野部では特に何もしなくても広い範囲でTVAが受信できる(※そもそも強度が違うとはいえ他の局も同じところからの電波を受信しているため)。内陸部、北部の飛騨地方では難しい。

南部美濃地方ではいくつかのケーブル局がTVAの区域外再送信を行っている。一方、共同アンテナでの受信すら難しい美濃地方の山間部や飛騨地方は行われていない。



次へ»
最終更新日: 18/01/23 00:49
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ