ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


東海道新幹線


ヨミ: トウカイドウシンカンセン
掲示板をミル!
139カキコ!

東海道新幹線とは、東京駅新大阪駅を結ぶ東海旅客鉄道JR東海)の鉄道路線である。

概要

東海道新幹線
JR東海・JR西日本 N700系新幹線電車
基本情報
日本
経由地 東京都神奈川県静岡県愛知県岐阜県滋賀県京都府大阪府
種類 高速鉄道新幹線
起点 東京駅
終点 新大阪駅
172003年~)
開業 1964年10月1日(全線)
所有・運営 JR東海
使用車両 N700系700系
路線諸元
路線総延長 514.4km
(営業キロは552.6km)
軌間 1,435mm
線路数 複線
電圧 交流60Hz 25,000V
最大勾配 20
最小曲線半径 2,500m
(※熱海駅付近は1,500m)
閉塞方式 内信号式
ATC ATC-NS(2006年~)
最高速 285km/h(2015年~)

日本で最初に開業した高速鉄道新幹線)路線で、輸送量が逼迫していた東海道本線の輸送を増強する為に建設された。
1964年に開業し、2014年10月1日に開業50周年を迎えた。
新幹線路線のうち、全線が一括開業した一の路線でもある(新在直通路線、いわゆるミニ新幹線秋田新幹線を除く)。

開業当初は東京駅新横浜駅小田原駅熱海駅静岡駅浜松駅豊橋駅名古屋駅岐阜羽島駅米原駅京都駅新大阪駅の12だったが、1969年三島駅1988年新富士駅掛川駅三河安城駅2003年品川駅が開業して17となっている。
神奈川県内(寒川)および静岡駅内(静岡空港)に新を設置する構想があるが現時点では具体的な動きはい。滋賀県では一時期南びわ湖を設置する動きがあり、着工までこぎつけたものの財政問題や反対の県知事が就任したことで白紙になっている。

山陽新幹線とは、1972年岡山開業時から直通運転を行なっている。現在は、JR西日本山陽新幹線博多駅まで直通運転し、東京駅新大阪駅間を最短最速2時間22分で結ぶ。なお2011年開業の九州新幹線とは直通運転を行っていない。これは東海道新幹線内で走行する車両規格を統一させるためである。
山陽新幹線との直通列車体のダイヤであるため、東海道区間がJR東海、山陽区間がJR西日本と管轄が別れた現在も「東海道・山陽新幹線」とセットで呼ばれることが多い。

東海道新幹線最高速度は285km/h。しかし初電と終電近くの列車以外は過密ダイヤゆえ240260km/h程度の走行であることがほとんどで、270km/hに達する区間はごく僅かである(但し、今後京都米原間にて330km/hに、その他の区間でも山陽新幹線並みの280300km/hに最高速度を引き上げる計画がある。285km/hでの走行は2015年3月から毎時1本の列車で実施され、それ以降は臨時列車を中心にダイヤ正ごとにさらに増加し、2020年3月には全ての車両285km/h対応の列車となる。)。

大半の時間における「のぞみ」は、東京新大阪間で2時間33分運転のパターンが多く、285キロ運転の東京駅毎時10分発パターンで2時間30分運転を行う。2時間33分運転の列車700系での代走も可である。かつては2時間36~37分かかっている列車も多かったが、2018年現在はごく一部の臨時便に残る程度である。

また東京駅から横須賀線湘南新宿ラインと並走する区間から離合する武蔵小杉駅付近までの間も、他の区間よりカーブが急になる等の影最高速度は170km/hに抑えられる(東京付近でに見えてスピードダウンするのはこのため。カーブが多いため実際は大半の区間で100km/h~110km/h前後で通過し、170km/hで走行するのは直線区間のみ)他、熱海駅185km/h制限がある。

東海道新幹線では16両編成(座席数1323席・各車両の座席配置もドア位置も全て統一)のみの運用となっており、異常時などにおける車両運用の弾性が確保されている。山陽新幹線九州新幹線用の8両編成は鳥飼車両基地への回送時のみ東海道新幹線に入線している。

JR東海の全収入の8割以上を上げているドル箱路線であり、同社の生命線である[外部](これは東海道新幹線に大規模災害等が長期間続く場合、JR東海の経営危機を迎える可性が非常に高い。JR東海中央新幹線を推進しているのは、東海道新幹線の代替路線確保のためでもある)。

のぞみ」は品川駅新横浜駅名古屋駅京都駅に停が統一されている。私鉄で言えば「特急」の様な存在。以前は品川駅新横浜駅を通過する列車が存在したが、2008年に全列車められた。
また1992年から1997年まで、の下りに新横浜駅のみ停し、名古屋駅京都駅を通過する「のぞみ」が設定されていたこともある(いわゆる「名古屋飛ばし」)。

ひかり」は「のぞみ」の補列車で、静岡県内(掛川駅新富士駅を除く)や北陸連絡(米原駅)など、「のぞみ」が停しないカバー的役割を負っている(停パターンは後述)。私鉄で言えば、「急行」的な存在とも呼べる。

こだま」は全てのに停する。「のぞみ」停と、待避線のない熱海駅以外では、「のぞみ」・「ひかり」の通過待ちがある為、後続から如何にして逃げるかがカギとなる。

のぞみ」では小田原駅(上り)・三河安城駅(下り)通過後に定通アナウンスと次案内が流れる(アナウンス安は次約10分前)。

なお、東海道新幹線では大人の事情(保安上の問題と言われている)で販向け前面展望ビデオの撮影は論、トレインシミュレーションゲームでの採用を一切拒否している(山陽新幹線では前面展望の撮影が行われているが、JR東海管理区間を含む新大阪駅新神戸駅間は撮影区間から除外される事がど)。
これは1990年平成2年)、今上天皇明仁)の「即位の礼・親謁の儀」が伊勢神宮で行われる前日、新横浜駅付近の擁爆弾で破壊し、運行と今上天皇のご移動を妨するという、即位の礼に反対する為のテロが発生した事から、これ以降、テロ対策で原則撮影禁止とされたためである。
但し、旧国鉄時代に撮影された前面展望ビデオ(6倍速で収録)は残されており、重な映像資料となっている。現在でもテレビメディアで一部区間において撮影が許可されているケースは存在する。

1990年以降、東海道新幹線を狙ったテロは起きていなかったが、2015年平成27年6月30日新横浜駅 - 小田原駅間を走行していた「のぞみ225号(N700系2000番台X59編成)[外部]」が、男性の撒いたガソリンによって火災を起こし、焼身自殺を図った男性日本人女性死亡するというテロ事件が起きている(■[外部])。
翌年(2016年)の伊勢志摩サミット開催も相まって、札を空港と同様の保安検場にめる様、議論もされたが、結局、利便性を損なわれるとして却下されている。

2017年9月30には、専用サイトで年会費無料交通系ICカード(ICOCASuicaなど)とクレジットカードを会員登録することのできるチケットレスサービススマートEX[外部]」を「東海道新幹線」「山陽新幹線」(東京駅博多駅間)内において開始した。

路線図

:停:通過、:一部停、■:乗り換え路線
JR東海では「JR京都線」や「上野東京ライン」などの名称は使用せず、正式路線名で案内する為、本表もこれに準じて示す。

次へ»
最終更新日: 18/05/16 21:37
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社