ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


松任谷由実


ヨミ: マツトウヤユミ
掲示板をミル!
115カキコ!

松任谷由実とは、日本シンガーソングライター作詞作曲である。『ユーミン』の称で知られる。楽曲提供する際には『呉田軽穂』の名義を用いる。


概要


 1954年東京都八王子市生まれ。実家は地元・八王子では名の知られた老舗店である「荒井店」。

 幼少時よりピアノ三味線などを嗜む。中学生の頃から音楽業界関係者の多く出入りする「キャンティ」というレストランに出入りし、それが縁で14歳の時に初めてプロとしてピアノ演奏仕事を受ける。15歳作詞デビュー17歳作曲デビューした後、多摩美術大学に進学後の1972年シンガーソングライターとしてデビュー

 吉田拓郎井上陽水中島みゆきらと並び、1970年代に登場したミュージシャンで最も活躍し、以降の日本ポップスシーンを変えた人物の一人として数えられる。

 デビュー当初は旧姓の荒井由実で活動していたが、1975年音楽プロデューサー松任谷正隆結婚し、由美名。(荒井由実時代については荒井由実の記事を参照)。

 「中央フリーウェイ」「卒業写真」「あの日に帰りたい」「DESTINY」「真夏の夜の夢春よ、来い」などに代表される、もが一度はにしたことのあるような有名な曲を数々生み出した。
 また、「ルージュの伝言」「やさしさに包まれたなら」は「魔女の宅急便」、「ひこうき雲」は「風立ちぬ」の主題歌となっており、宮﨑駿スタジオジブリとの関係も深い。これらの作品を通じて、原曲が発表された以降に誕生した子供たちにも彼女の歌が広まっていった。

 1980年代には作曲『呉田軽穂』として数多くの名曲アイドル提供しており、松田聖子の「スイートピー」や「瞳はダイアモンド」、薬師丸ひろ子の「Woman Wの悲劇」など、数々の名曲を手掛ける。

  今や日本トップアーティストとも言える彼女を導いてきたのは、心に彼女の伸びやかで美しいと切なくて胸を打つような歌詞、なによりもそれを生み出すことができる彼女の心があったからではないだろうか。


豆知識


 

実績


彼女日本の大衆音楽に多大な影を与えた人物の一人であり、ライバルとして較される中島みゆきにも「私がデビューした時から、ずっと遠くに居る人」と評価を受けている。対してユーミンは中島みゆきを「すっごく才のある人。けど、演歌の人だね」とを効かせながらも高く評価している。

彼女が始めた「ニューミュージック」は、従来のフォークソングとは一線を画した「ひこうき雲」や「ベルベットイースター」などの洗練されたメロディライン、絵画的な詞は後の音楽に多大な影を与えたと言って過言ではない。荒井由実時代、プロデュースを行ったかまやつひろしはユーミンの登場により「音楽行きが生まれた」と息を飲んだという。

1973年アルバムひこうき雲」から2013年発売の「POP CLASSICO」までの全てのオリジナルアルバムTOP10入りを記録しており、現在継続中である。

1981年アルバム「昨晩お会いしましょう」から、1996年アルバム「Cowgirl Dreamin」まで、17年間連続で一位を獲得している。これは歴代アーティスト最高記録である。

1987年発売のアルバムダイアモンドダストが消えぬまに」から1995年アルバムKATMANDU」まで9作連続ミリオンセラーを記録。これは女性ソロ歴代一位である。

また、1988年の「Delight Slight Light KISS」、1989年の「LOVE WARS」、1990年の「天国ドア」の三作品が連続で年間一位を記録。アルバムの年間連続一位獲得記録はこれまた歴代一位。また、アルバム天国ドア」は、この一枚だけで最もCDを売り上げたアーティストに送られる日本ゴールドディスク大賞を獲得した。尚、年間一位を記録した「Delight Slight Light KISS」と「天国ドア」には【一曲もシングル曲が収録されていない】。末恐ろしい実績。

1998年にはベストアルバムNeue Musik」が発売。累計380万枚を売り上げ、二枚組以上のベストアルバムでは女性歴代一位を売り上げた。

2001年には荒井由実、松任谷由実の両名義の楽曲が収録された初のベスト「Sweet, Bitter Sweet」が発売される。オリコン週間一位を記録し、100万枚に迫る売上を記録した。2012年発売の40週年企画ベストアルバム日本と、ユーミンと。」も一位を獲得。90万枚近くを売り上げ、週間一位を記録。これにより1970年代1980年代1990年代2000年代2010年代の五つの年台に渡って一位を獲得した一のアーティストとなった。また、「日本と、ユーミンと。」でアルバム累計売り上げ3000万枚を突破した。これはソロアーティスト歴代一位の記録である。

2013年には荒井由実時代の楽曲「ひこうき雲」がジブリ映画風立ちぬ」の主題歌に選ばれ、iTunes一位を獲得。発表から40年に渡るリバイバルヒットであり、映画と共に話題をさらった。尚、メディアではよく荒井由実デビュー曲とされているが、誤りである(実際は「返事はいらない」)。この年、綬褒章を授章する。

民的楽曲「卒業写真」「春よ、来い」をはじめ、ジブリ映画に使用された「ルージュの伝言」「やさしさに包まれたなら」「ひこうき雲」、ウインターソングの定番「人がサンタクロース」「サーフ天国スキー天国」、ファンから根強い人気を誇る「DESTINY」「埠頭を渡る」「青春リグレット」など、名曲と呼ばれる楽曲の数が最も多く、若者からも親しまれているアーティストである。

 


『魅せる』アーティスト


彼女荒井時代から、様々なアーティストイメージを打ち破ったパイオニアである。

まだ荒井由実だった1970年代前半は、女性シンガーソングライター黒髪ロングスカートといった純清楚系のファッション流だったが、ユーミンは音楽番組「セブンスターショー」などでかなり奇抜な衣装を着用してライブパフォーマンスを行なった。兵をイメージした軍服衣装アラビア衣装、その美脚を惜し気もなく披露したレオタードハイレグファッションなど、当時の女性シンガーとしてはありえないような衣装で歌唱した。破廉恥だとをひそめられたり、自由奔放なライブパフォーマンスは時として「音楽を軽んじている」と批判の対になったが、ユーミンはそんな意見を「女性として生まれたのだから、女性の武器を利用した衣装で歌ってるだけ。何が悪い事なの」と、持ち前の気の強さで反対論など何処吹く。尚、このレオタードファッションは後にピンクレディブレイクによってようやく市民権を得られたのだが、ユーミンはピンクレディより以前にこのような前衛的ファッションライブに取り入れていたことを女性市民権を得てきた後年になってようやく評価されるようになった。

時代になり、ライブパフォーマンスは更に進化。大掛かりな舞台装置や内外の最新技術を用いるようになる。OLIVEツアーでは【本物のゾウ】が出てきたり、SURFSNOWツアーでは【噴ショー】を行ったり、水の中ASIAツアーでは【全長30mのドラゴンの上に乗って歌唱する】など、最やりたい放題。他にもステージエレベーターを設置したり、液晶スクリーンを用いたり、マジックを披露したり、海賊船に乗って登場など、枚挙に暇がない。1990年代後半から2000年代初頭にかけて行われたライブツアーシャングリラ」ではサーカスと共演した。ライブ史上稀に見る組み合わせは伝説としてり継がれている。

これらの「魅せるステージ」は、アーティストライブの新たな可性を広げ、昨今ではジャニーズ浜崎あゆみなど数々のトップアーティストが積極的にライブに取り入れるなど、メジャー級に昇格している。

 


荒井由実の代表曲


卒業写真

1975年発売のアルバムCOBALT HOUR」に収録されているユーミンの不朽の名作。意外にも一度もシングルカットされていない。

・元々はハイファイセットへの提供曲。ユーミンバージョンセルフカバーであるが、こちらの方が有名である。

 

ひこうき雲

1973年発売のデビューアルバムひこうき雲」の表題曲。2ndシングル「きっと言える」のB面曲。2013年ジブリ映画風立ちぬ」の主題歌

作詞作曲当時は17歳筋ジストロフィーで亡くなった小学時代のクラスメイトへの思いを詞にった。

 

やさしさに包まれたなら

1974年シングル発売。同年発売のアルバムMISSLIM」にもアルバムバージョンで収録された。1989年にはジブリ映画魔女の宅急便」の主題歌アルバムバージョンが起用された。


次へ»
最終更新日: 17/06/22 21:12
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ