ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


松尾歩


ヨミ: マツオアユム
掲示板をミル!
11カキコ!

松尾歩(まつおあゆむ)とは、ヤクザから堅気に戻ったプロ将棋しである。八段。既婚、夫人は女流棋士上川香織だったが、現在離婚し、独身


概要


棋士番号231愛知県[外部]日進市[外部]出身、所司和晴[外部]七段門下。若手の強渡辺明二冠や宮田敦史六段、伊奈川愛菓女流初段の兄弟子としても知られる。序盤、中盤の研究として知られ、先手居飛車穴熊対抗策で現在も最有とされている松尾流を実戦で編み出すなど、棋界に与えた影は大きい。対して、終盤は少し弱点でもあるが、ファンタジスタというほどでもない。

ポスト羽生世代渡辺明など若手の狭間の生まれであり、その空白期とも暗期ともいわれる(後述)中でただ一人、B1級で気を吐いている強棋士でもある(史上最速でフリクラ転落した熊坂学や、同様に徒名からしてフリクラと呼ばれている藤倉勇樹、同じくフリクラの島本、年齢の割に五段に甘んずる大平武洋など逸材がっている辺りお察しください)。だが、十分な棋の割に、まだタイトル戦には縁がなく、2017年には竜王戦羽生善治竜王挑戦決定戦に登場するまで、最高でも4位止まりだった。

読書であり、財テクなど融、経済関係にも興味を持っていた。また、ファンの間ではトーンの低い美声で知られ、イケボと呼ばれ、いつしかセクシー松尾というあだ名がついてしまった。


松尾歩伝説



伝説の インテリヤクザ 対 金髪チンピラ 戦


正確には、第54NHK杯将棋トーナメント第2回戦、松尾歩五段(現七段)対 橋本崇載四段(現八段)である。対局者の橋本は今更るまでもないが、眉毛を剃り落とし、金髪パンチパーマに、スーツうなど、前代未聞といえる紛う事なきチンピラ姿での登場であった。しかし、対局者の松尾松尾で、茶髪リーゼント全に「ナ〇ワ」とかに出てきそうなインテリヤクザ姿だったため、お茶の間の善良な市民に、多大なる衝撃(と笑い)を与えた。加えて解説はこれまたチャイーズマフィアという雰囲気ありありの若かりし渡辺明、記録係は恰幅の良く、鉄砲玉よろしくビシッとスーツった仲澤雄(それとあじあじ)と役者っていた棋戦自体は、橋本振り飛車穴熊松尾居飛車穴熊で、お互いの上手いし回しがった好局である)。

2006年になってから茶髪姿をめ、くしたため、一部からは堅気に戻ったと言われる始末である(ひょっとしたら、下の事件も関係あるのかも知れないが、実際は結婚がきっかけであるようだ。そして、トゲの多かった若い頃とべると、かなり性格は円くなった)。

その9年後2013年NHK杯戦、今度は松尾が解説の立場で、対局者橋本寒い一発ギャグの当たりにし、「なんと言っていいか分からない」と発言する事態に。


松尾二歩


松尾歩といえば、豊川孝弘の1年後の2005年NHK杯史上二度二歩を打ってしまった棋士としても知られ、その時に神吉宏充から付けられた渾名が「松尾二歩」である(だが、当時の対局者、先崎学八段に対し敗色濃厚であったため、ふてぶてしい態度で二歩を打つという醜態を曝した。これが、申し訳ない気持ち一杯の豊二歩とは対照的であるため、一部からは故意的とも言われ、一時的に彼のを大きく下げてしまった。行方尚史といい、なぜ先崎に関わるとこうなるのか…)。

それはともかく、今度は奇しくも第67順位戦B級2組で、お互いお茶の間で二歩を披露した二人がB1級に初昇級するという偶然(もう一人は豊川孝弘)が起こる。これにより、ひょっとしてNHK杯戦で二歩を打てば殻を破って出世できるのでは?というジンクスが一部の人間により叫ばれたが、それを実践したプロはいない。


昇段履歴



成績



叡王戦成績



関連動画



■sm2239608[ニコ動]

■sm8181083[ニコ動]


関連商品


なぜか、強いのに一冊も棋書を出したことがない。


最終更新日: 18/11/23 12:59
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ