ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


松山光


ヨミ: マツヤマヒカル
掲示板をミル!
1カキコ!

松山光とは、『キャプテン翼』に登場するキャラクターである。


概要


北海道ふらの出身。「北海の荒鷲(ワイルドイーグル)」の異名を持つド根性プレイヤー学生時代の経歴からも分かる通り、大日向小次郎に次ぐリーダーシップの持ちで、彼らがいないときは彼がの役割を担う。所謂秀才で、「おれは日向のような性のサッカーの才はない!だから練習するんだ!才のないやつは努するしかないんだ!!」という発言からも分かる通り、相当な努でもある。

名前の元ネタ松山

歴代声優


経歴


初登場は小学生編。立つ選手がいないとされていたふらの小を率いて全ベスト4まで進出。しかし、たまたまよそ見をしていた所に日向に衝突してしまい、殴り倒される。こうして日向松山にしばらく恨まれることになる。

ふらの中に進学し、決定不足を補うために「イーグルショット」を編み出す。この時期からトレードマークであるはちまきを頭に巻くようになる。藤沢美子とのラブコメを挟みつつも、準決勝で南葛中と対戦。必死プレイとフェアプレーで最後までるがドライブシュートの前に敗北を喫する。

Jr.ユース編では当初、MFだったが…全日本のコーチとして参加した三の提案でアクの強いメンバーが集結しているDFへコンバートすることに。以降、DFの要になりつつもたまにMFとして辣腕を振るっていた。

そして、ワールドユース編ではついに日向への借りを返すことに成功。以降は地獄コーチングを耐え抜き、ボランチとして活躍。一時は藤沢美子交通事故に遭うという憂きに合うが、結果的には日向も不在がちなメンバーをまとめ上げている。

「ROAD TO 2002」からはコンサドーレ札幌に入団。「GOLDEN-23」ではU-22日本代表五輪代表)のキャプテンをつとめ、岬太郎・三と共に3Mと呼ばれるまでになった。どうやら海外進出も視野に入れているようだが…?


松山光プロジェクト


リンクプロジェクト公式サイト[外部]

リアルの方のコンサドーレ札幌が発足させた、サッカー選手育成プロジェクト2014年から開始したこのプロジェクト高橋陽一先生からの協も得ており、彼をアイコンとして永続的に続いている。また、高橋陽一先生からもコメントが送られているので、ファンならチェックしてみよう。

賛同者は公式サイトに記載されている額を支援として振り込むことが出来、集まった支援は選手の「育成費」「強化費」に使用される。

実際にこのプロジェクトの成果は出ており、北海道コンサドーレ札幌U-12チームが全少年サッカー大会で準優勝するなどの実績を出している。


関連動画



■sm20050995[ニコ動]

■sm674751[ニコ動]
■sm23808632[ニコ動]
■sm2951024[ニコ動]


関連商品


■azB01M2VD33D


関連項目



最終更新日: 18/11/06 16:45
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社