ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


松岡修造


ヨミ: マツオカシュウゾウ
掲示板をミル!
2902カキコ!

じょせつだああああああああああああああああ

もっと、熱くなれよぉおおおおおおおお!!!

松岡修造とは、諦めない、絶対できる、いつもポジティブ、しかし暑苦しいというプロテニスプレイヤーである。

東京ヒートアイランド現象の原因、いや地球温暖化の原因の一つとも言われており、地球温暖化を食い止めるには、彼を宇宙に飛ばすしか方法がない。しかし、彼を宇宙に飛ばすと地球温度が-273℃になるともいわれ、その温度差は物理法則にすら囚われていない。

炎の妖精の異名を持ち、ニコニコ4大妖精の1人として数えられている。

ちなみに、2016年修造テーマは「褒めくる!」である。

人物概要

松岡修造
基本情報
日本
出身地 東京都
生年 1967年11月6日
身長
体重
188 cm
85 kg
選手情報
利き手
バックハンド 両手打ち
デビュー 1986年
引退 1998年
テニス選手テンプレート

AB型、元プロテニスプレイヤー
現在タレントテレビキャスターとしても活躍している。

な出演番組は『くいしん坊!万才』(レポーター)、『報道ステーション』(スポーツキャスターコメンテーター)、『修造学園』(演)など。テレビCMにも多数出演しており、2008年CM起用ランキングでは木村拓哉と並んで1位を獲得している。(ニホンモニター株式会社調べ)。
キャスターとしての仕事の際は英語が堪であるのを生かし、同時通訳や英語でのインタビューなどをこなす事もある。

人柄は情熱やっ気あふれる熱血で、現役時代から現在に至るまで数々の名言エピソードを残している。現役引退後もその熱血ぶりは健在であり、テレビ出演時にもその様子がえる。

松岡修造オフィシャルサイト(外部リンク)[外部]では、松岡修造メッセージと題し、修造からのビデオメッセージ「こんなあなたに…」が開されており、氏の人生観に沿った熱応援メッセージやはじけっぷりの数々を見ることができる。

東宝株式会社社長である松岡功の次男で、曽祖阪急阪神東宝グループの創始者である小林一三である。本格的にプロテニスしたころ、父親からは反対され援助を受けられない時期もあった。実はそのも有望なテニスプレイヤーであったが、事業に専念する為にテニスから一切足を洗っていたため、松岡修造は父親テニスをしていたことすら知らなかったという。また、全日大学選手権に出場するほどのテニスプレイヤーであった。

Wikipedia 松岡修造(外部リンク)[外部] より

家系

氏の出生や系に関しては、Wikipediaには記述があるものの、氏の公式ホームページ(外部リンク)[外部]に掲載されているプロフィールには、テニスを始める以前の記述や系に関する記述は一切ない。メディアにおいても氏の系について触れられることはないため、氏のかしい功績は実で勝ち取ったものであることがうかがえ、氏も出生に関して特別視している様子はないようだ。

…だが、氏の長女・恵が26.1倍(2017年度)の難関として知られる宝塚音楽学校に合格したことにより、その関係が一気に取り上げられるようになる。彼の祖は元宝塚組男役として活躍していた千波静、高祖には宝塚歌劇の創始者、小林一三という”歌劇一族”という一面が一般にも知れ渡ることに。ちなみにいとこの田中里衣も元宝塚です。

その他にも曾祖や曾叔父には名だたる実業社長の名前が出るわ出るわ、両親やきょうだいにも何だか凄い面子ズラリと並ぶ…。ぶっちゃけ漫画でもこの規模の系はボツになるレベルなので、興味がある人は是非Wikipediaの記事で確かめてみてほしい。

略歴

[画像]

松岡修造オフィシャルサイト(外部リンク)[外部]より

現役引退後の経歴は割愛

ニコニコ動画における松岡修造

テニス選手として確かな実かしい経歴を持つ松岡修造であるが、ニコニコ動画における氏のイメージはそれとは大きく違っていた。

全ての始まりは、2008年の年始に投稿された「【松岡修造】ニコニコユーザーへ向けて応援メッセージ【熱血】[動]」である。

動画冒頭、松岡修造個人が掲げる新年のテーマについてる2本の動画は、彼らしく熱いとはいえそれほど可笑しい内容ではなかった。しかしその後に映し出される、遠くから突然頑張れ頑張れできるできる」と援を発しながらカメラへ走り寄ってくる松岡修造の映像は正にシュールであり、締めに発せられた「北京だって頑ってるんだから!」は、一見しただけでは到底理解出来ないものであった。その後に続く動画も、心にく良い言葉を言っているものの、熱すぎる口調と奇妙なシチュエーションが相まってやはりシュールであった。動画ラストを飾った、寒いダジャレの後に披露されるお茶な氏の姿からは、最日本テニス界を代表する偉人らしさは感じられない様相であった。

この何とも言えないシュールさが受け、一部ではあるがニコニコ動画においても氏の存在が話題となり、氏の活躍を記録した様々な動画素材)が有志によってアップロードされ始めたことから、徐々に氏の動画素材としたMADが作られるようになる。
やがて、2008年以後に投稿された「Xepher - SHUZOMix[動]」「Hot knows...[動]」「松岡動画流星群[動]」等のヒットを期にMAD素材としての人気・知名度が一気に高まり、更には、uni Nano Diaとのタイアップ企画修造式!英単語・四字熟語道場」と「修造の家庭訪問!」のあまりの暑苦しさと面さから、氏の人気は更に加速。その後も氏の新たなビデオメッセージ開や番組・CM出演などを通じてMAD素材となる動画が一層増え、それに合わせて修造MADの幅も日に日に広がっていった。

当初のMADでは決まって言動やパフォーマンスシュールさが強調されていたが、現在は氏の直向きな思い、心に応援メッセージを前面に押し出した所謂"正統派MAD"も数多く投稿されている。2009年5月1日には、「Hot knows...[動]」が松岡修造動画初の100万再生を達成。他にもニコニコ動画ヒットしたMAD動画は数知れず、特に氏の情熱だけを一心に詰め込んだ関連動画松岡天満宮として、就活生や勝負所を控えた人たちの間で密かな人気を誇っている。

2009年10月22日には、テニスマガジン12月号(発売日:2009年10月21日)の連載コラムにてとうとう松岡本人がニコニコ動画における数々のMADの存在に触れ、それらを容認した。

更に2009年10月26日「松岡修造の「熱い」MAD動画 「元気もらえる」とネットで人気」[外部]と題されたコラムがYahoo!Japanトップに掲載。[1]

「怒るとかそういうことよりも、は『ホント、よくできているな』と思って見ている。凝った編集には『あっぱれ!』をあげたいし、逆に出来が悪いものには、もっと頑張ってくれないかな、と思うほどだ。こんなに一所懸命に作ってくれて、感謝したいくらいだ。みんながいい作品(?)を作れるように、たちも、もっと強なものを作るべきだなと思っている。」

上記のコメントのように、松岡本人は自身の映像素材としたMAD動画の存在に対して寛容であり、怒るどころかむしろ喜んでいるようである。氏は実際にそれらの動画を見て、個人的に評価をしているらしい。

このようにいつでも熱く、時にシュールさを醸し出した氏の動画の存在は、今やニコニコ動画における「元気」「情熱」の徴として捉える事も出来る。物事と摯に向き合い、今を生きる人々を積極的に応援し続けるその生き様が変わる事がいからこそ、非常に多くのニコニコユーザーされるに至ったのだろう。そんなこんなで氏は今日でも定期的に自身のオフシャルサイトで新たなビデオメッセージアップロードしたり、様々なCMや番組に出演しては、ニコニコ動画のみならず日本中のファンに元気と笑いを与えている。

外部メディアにおける松岡修造

テレビ番組

[画像][HV]報道ステーション スポーツコーナーキャスター
 ()~()*21:5423:10 テレビ朝日 *日によっては出演しない場合あり ⇒関連サイト[外部]

[HV]松岡修造のくいしん坊!万才 11代レポーター 2000年より出演
 (21:5422:00 フジテレビ 提供:キッコーマン ⇒関連サイト[外部]

[HV][]松岡修造の情熱チャージ 熱血!ホンキ応援団 メイン会者
 (土)19:0019:57 テレビ朝日冠番組) ⇒関連サイト[外部]

松岡修造はバラエティには1年に1回だけと決めているらしい。
そして、ゲストで登場する時、だいたい予想もできない場所から登場する。
2010年からは毎年「夢対決!とんねるずスポーツ王はだ」 でとんねるずと対戦しているが、全て修造側が勝っている。

CM出演


次へ»
最終更新日: 17/05/09 10:21
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ