ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


松平定信


ヨミ: マツダイラサダノブ
掲示板をミル!
5カキコ!

松平定信とは、江戸時代後期の政治家である。


概要


江戸後期,寛政のを行った白河にして老中。実家は御三卿筆頭の田安徳川吉宗の孫。白河へ養子にいった後、実家が跡継ぎがいなくなったため、田安へ戻ろうとしたが田沼意次の妨にあい実現しなかったといわれている。田安が当不在のまま10代将軍治が亡くなり,将軍の後継は弱冠15歳の一斉が収まった。当時26歳の定信が田安にいれば将軍になった可性は十分にあった。

天明6年(1786年)に治が死去して斉の代となり、田沼意次が失脚した後の天明7年(1787年)、徳御三家の推挙を受けて、少年期の第11代将軍・徳斉のもとで老中首座・将軍佐となる。そして天明の打ちこわしを期に幕閣から旧田沼系を一掃粛清し、祖吉宗の享保の革を手本に寛政の革を行い、幕政再建をした。

当時、幕府の備蓄底を突いており、しかも100万両もの収入不足が見込まれていた。この財政を再建するため、厳しい倹約による財政緊縮政策がとられ、大名から百姓・町人にいたるまで厳しい倹約が要された。大の経骰を3分の2に減らしたのみならず、朝廷にも経費の節減をめたほど、底したものであった。その結果、最終的には赤字体質から幾らかの備蓄が積み上げられるようになったが、その厳しすぎる倹約は内外の不満をつのらせた。

また、飢饉の際、価の高騰をおさえられなかったことから、江戸の両替商を中心に商を幕府の勘定所御用達に任命し、彼らの資と知識や技術を活用しようとした。定信は、作でも飢饉にならないように食糧の備蓄をはかった。諸大名には1万石につき50石を5年間にわたり領内に備蓄させ、さらに各地に社倉・義倉を設けさせた。

ロシア対策としては北代を新設して北方の防備にあたらせる計画が立てられたが、松平定信の老中辞職とともに実現しなかった。

寛政の革の成果については現代では賛否が分かれている。また昨今の田沼意次の再評価の煽りを受け、定信に関しては過小評価がされている傾向がある。


田沼意次の過大評価と松平定信と過小評価


・明和~安永期の幕府経済政策をすべて田沼意次政治と結びつける考えがあるが,この時期の政治導権は老中座の武元が握っており、田沼意次が専横を行ったのは武元死後。ただし、専横時代の田沼の政策はすべて失敗か田沼の失脚で中途半端に終わっている。

田沼は積極財政で気を良くしたみたいな話を見かけるが、実際は緊縮財政。明和~天明期にかけて、前代に続いて繰り返し倹約を出し続け、行政などのコストを削減のため認可権件を行使して民間の商人に任せ、災害作の際に助けるはずの大名への拝借も停止。さらには諸大名は共工事を積極的に押し付けていくなど田沼時代の財政黒字は積極財政などとは逆の倹約などの緊縮財政の成果である。

田沼の先進性としてロシア交易と夷地開発などが挙げられる。だが、調団を送った結果、鉱山開発やロシアとの交易は利益にならないと計画を中止している。続いて農地開発として7万人の穢多・非人の移住させ、短期間に農地1166400町歩を開発させ、そこから1反歩につき5斗の収穫し583万2000石の収入を北海道で実施しようとしたが後世の北海道の開拓の苦労を考えれば、北海道栽培の難易度を軽く見ていることを含めて見通しが甘いといわざるえない。意次が失敗した印旛沼の開拓が実現したのは戦後の話の例を見るに、夢はあるが意次一人の政治で実現できる計画とは思えず飢饉での失脚がなかったとしても失敗していた算が高い。

・定信のロシア交易に関しては、むしろ、定信は日露交渉の際に”の船は、打ち払うのが古よりの法である”としながらも、長崎への信長崎への入港許可)をロシアに交付し、次回ロシアが来たときは通商もやむなしと考えていたとされているので、消極的開容認ともいえる立ち位置にいた。(なお、ロシアが次回長崎に来た際は定信は失脚していたため交渉は失敗に終わり樺太・択捉を襲撃されるという露事件がおこった。失脚後も定信は防の強化を訴え続けたという

・定信は重農義と言われるが、武士の生活苦、農村の荒貧困農民の都市流入は田沼以前から慢性化していた。さらに時期的に意次が天明の大飢饉の際の失策で農村荒と人心離れを起こしたぬぐいが必要であったので、農業政策を重視するのはむしろ自然

・意次の時代は人材や提案を民間などからも幅広く募い、現代ではこれを現代的と評価されているが、実際のところ、これらの意見は山師的な場当たり的な計画が多かったため、見積もりが甘く失敗するケースも多々あった。

・定信の時代、定信は勉学ができるものを幕府内で出世するように革した。当時は勉学ができて出世できるのは裏方のみで軍事面にはあまり意味がなかったが、定信の時代以降勉学ができるものが等しく出世できるようになった。「寛政以来、幕府の要職者は卑しい身分からの者ばかりで武功のの者は少なくなった」と述べた記録も残っており、勝舟などを登場させる基盤を残したといえる。

松平定信の時期は「寛政異学の禁」によって羅山の子孫で大学頭を世襲)の門人が儒学のうち朱子学以外の学問を学ぶことを禁じた。これは庶民にまで及ぶものではなかったが、その余波で結果的に蘭学は後退とまでは言わないまでも寒冷期になった。だがしかし、彼の著書、『下人言』では「蘭学は有益」との記述しており、定信自身は蘭学の有益性を認めていた。

経済政策は定信の庶民まで含めた倹約は擁護のしようがない失策であり、経済感覚においては評価は低い。ただ、誤解の上で批判されがちな棄損だが、これは乱暴な借帳消しではなく、実際には一定以上過去の分のみの帳消しであり、貸していた札差には取り消し分のある程度の補償を与えたものであり、そこまで批判されるようなものでもない。


関連商品


松平定信に関するニコニコ市場の商品を紹介してください。


関連コミュニティ


松平定信に関するニコニコミュニティを紹介してください。


関連項目



最終更新日: 18/11/19 07:23
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ