ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


松沢成文


ヨミ: マツザワシゲフミ
掲示板をミル!
38カキコ!

松沢成文(まつざわ しげふみ)とは、日本政治家である。第15代、16代神奈川県知事。元衆議院議員(3期)。
2013年から参議院議員として政に復帰(2期)。現在日本維新の会に所属。


来歴



衆議院議員時代


1993年に初当選。2期1997年羽田空港ハブ化を2010年にようやくったことだが、当時は受け入れられなかった。

民主党代表選挙にて、約に消費税を最大10%に増税する、郵政民営化、首相選制、憲法調問題委員会設置という約を掲げていた。

郵政民営化を直接呼びかけて「郵政民営化研究会」が発足した。自分は事務局長として、小泉純一郎を支える人間となった。


神奈川県知事時代


2005年PS2ゲームソフトグランド・セフト・オートIII』を県少年育成条例に基づき、有害図書定した。当時ブログでは異論が出ていたが、本人は定例会見で「より大きな観点に立って、今の少年の保護をし、育成するにはどうしたらいいのか、やはり悪から少年を遠ざけるため、定のようなゲームソフト少年に何の抑制もなく販売されてしまっているという環境は、めなければいけない。これは多くのなきサイレントマジョリティーと言っていいか分からないが、皆さんのご理解はいただけるのではないか」と。このブログ2010年に『炎上』で閉鎖された。

外国人参政権に関しては苦言を出している。「民の権をいじる問題で、一方的国会で決めていいのか」と発言。

国会議員時代より「集団的自衛権」について度々唱えており、政府普天間基地移設問題に関して、強く批判した。

2009年神奈川県が全初となる禁煙条例(神奈川県共的施設における受動喫煙防止条例)を施工した。飲食店などから反発を受けての施工だった。

横浜ベイスターズ買収問題で、買収交渉を進めていた住生活グループに対し、「会社の宣伝さえできればいいという論理には違和感を覚える」と発言した。


松沢成文と非実在青少年


東京都知事選に立補した松沢は、『東京都少年の健全な育成に関する条例』(いわゆる『非実在青少年』)に対して大いに賛成する発言をしている。

また、ゲームに関しても、『人を殺せば殺すほど、点数が上がって先に進めるゲームに刺されて、殺人に抵抗がなくなってしまい事件を犯してしまった例もあった。神奈川でも少年にこういうのが行きわたらないように条例を正した。できれば、埼玉千葉東京神奈川など、首都圏で共通のルールを作った方がいい』と、ゲーム規制には強い意欲を表している。

つまり、松沢が知事になれば、アニメ漫画だけではなく、ゲームまで規制されて、結果的にはアニメ漫画ゲームなどの産業全体で打撃が生じる事態となる。

なお、結局松沢は再選を石原慎太郎現職都知事の出決定の報道を受けて、立補を断念した(2011/03/14)。
「元々、勇退する石原知事から請われた出」「石原知事が出るのに私も出ては首都圏分裂だ」「石原知事には私の約を受け入れてもらうことにした」と述べた。(ニュース記事[外部]


関連動画


『松沢成文』で検索[動] 『松沢成文』でタグ検索[動]


関連商品


■az4887139225
■az4341172204


関連項目



最終更新日: 20/02/19 21:07
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ