ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


校歌


ヨミ: コウカ
掲示板をミル!
33カキコ!

校歌とは、学校行事などで在籍する学生や教職員などによって歌われる唄である。


概要


学校歌のことをす場合が多い。一般的に「校歌」と呼ばれることが多いが、学校によってスクールソング・学歌など様々な呼び名が存在する。学校歌がない場合も多々として存在する。

寮歌・応援歌など学校と関連のあるすべての曲を校歌と呼ぶこともあるが、一般的に学校歌のみを校歌と呼ぶことが多い。

一般的に校歌の歌詞メロディーを覚えているのは、その学校学生や教職員が多いが、甲子園でよく歌われるPL学園高校の校歌や、他にも早稲田大学校歌(通称「都の西北」)、北海道大学恵迪寮歌「都ぞ弥生」などにすることの多いものは、その学校にまったく関連のない人でも歌うことができる。

2番以降の歌詞が存在する学校も多いが、行事などで割愛される場合もあるため、覚えさせられない、ないし歌わない場合も多い。


作詞・作曲


校歌の作詞者および作曲は、著名な音楽家が手がける場合もあれば、初代校長など教職員がつけたり、募により学生生徒がつけるケースなど多種多様である。

一般的に歌詞には文語体が用いられることが多い。ただし、近年創設の学校など新たに歌詞をつける場合は、古典への関心教養のない生徒・学生へのわかりやすさへの配慮から口体も用いられることが増えている傾向にある。


校歌を歌う世代



小学生・中学生


児童、生徒にとって校歌を歌うことが最も多い時期である。入学式、学期ごとの始業式・終業式、全校集会、学年集会、音楽会、運動会卒業式音楽の授業など至る所で歌われる。

それ故、成人してからも一番校歌に対して思い入れが深いといわれている。


高校生


小学生中学生時代にべて歌う回数が減する。在籍中の学生すら覚えていない場合がある。また音楽の授業も、芸術の中の選択制となるため、教わる場所も入学式だったりする。

だがまだ歌う機会もそこそこあるため、歌詞の一部を間違える程度である。


専門教育・高等教育(専修学校生・大学生など)


入学式・卒業式しか歌わない場合がとても多く、合唱部員や応援団員、そのほか体育会系部員など一部学生を除いてほとんど歌詞を覚えていない場合が多い。もちろん、校心が溢れる学生には歌えて当然である関連動画参照)。


校歌の歌詞に多く使われるフレーズ



関連動画



■sm5160331[ニコ動]

■sm1346962[ニコ動]
■sm1152972[ニコ動]
■sm458998[ニコ動]
■sm8882646[ニコ動]

■sm15162270[ニコ動]
■sm14647581[ニコ動]

   (↑この学校の校歌は例外的に、JPOPみたい)    (↑厳密には愛唱歌、だが校歌として製作された楽曲)


関連項目



最終更新日: 14/10/05 05:32
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社