ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


棋聖戦(囲碁)


ヨミ: キセイセンイゴ

棋聖戦(囲碁)(きせいせん いご)とは、囲碁棋戦棋聖位の称号が得られる。七大タイトルの1つ。3大タイトルの1つ。


概要


1976年創設。賞囲碁タイトル最高額の4500万。

5連覇、または通算10期以上獲得した棋士は、引退後または60歳以降に「名誉棋聖」となる資格を得る。獲得棋士は6連覇した藤沢秀行、8連覇した小林光一


獲得者



37期棋聖戦(2013)


プレーオフの末、井山が高尾半目勝ち。
憧れの棋士として挙げていた張栩との番に挑み、見事4-2でタイトル奪取。
これにより6冠となった。 


38期(2014)


リーグ四天王山下張栩依田小林覚、さらに予選から清成・山が加わり、
ベテランいの組み合わせとなった。
Bリーグは治勲・村川大介リーグ入り。
溝上も前期リーグから残留しており、若い棋士の集まるリーグとなる

当然ながらAリーグは前期棋聖張栩に注が集まるが、まさかのリーグ陥落。
(治勲く、「張栩は井山にぶっ壊された」)
衝撃を与えた。

Bリーグは治勲の残留もさる事ながら、リーグ入りしたばかりの村がなんと4-1でリーグ突破という快挙。
惜しくもプレーオフ山下に敗れるが、村という名前を囲碁ファンに知らしめた。

と、いうことで挑戦者は山下敬吾
第一局の会場はスペイン山下、鼻の下伸ばして女の子キャワイーとか前祭で挨拶してノリノリ。(週刊より)
そのまま井山に防衛された。


その他


 

 


関連動画


棋聖戦(囲碁)に関するニコニコ動画動画を紹介してください。


関連商品


棋聖戦(囲碁)に関するニコニコ市場の商品を紹介してください。


関連コミュニティ


棋聖戦(囲碁)に関するニコニコミュニティを紹介してください。


関連項目



最終更新日: 14/11/15 03:05
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ