ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


棒読み


ヨミ: ボウヨミ
掲示板をミル!
366カキコ!

棒読み(ぼうよみ)とは、漢文を読む時にレ点などを視して上から下までのようにっ直ぐ読み下すこと。
転じて、文章を適当に読むこと。抑揚を付けずに朗読することなどを意味する(棒読み)


概要


本来、棒読みとは以下のように漢文の返り点などを視して棒状に読むことを意味する(棒読み)

の形態を取つて見ても、々は之を棒読みにするのではなく、日本流に読むのだから

昭和16年11月11日 河上肇 閑人話より抜

そこから現在棒読みと言えば、感情を込めずに台詞を発すること あるいは聞いた者がそのように感じてしまう言い方をす。特に役者声優の演技不足に対して使われる事が多い(棒読み)

それにしても、あの女のひとの朗読は、なんて下手くそなんだろう。一本調子棒読みだ。

太宰治 正義と微笑より抜

以下、この記事では抑揚を込めずに文章を読む棒読みに付いて解説する(棒読み)


棒読みの種類 


現代の棒読みには様々棒読みが存在する(棒読み)

俳優声優の演技に付いての棒読みには大きく分けて二種類がある(棒読み)

それはわざと抑揚を付けない演技方法と、演技が下手くそなため抑揚が付けられない場合である(棒読み)


わざと抑揚を付けない演技方法


わざと抑揚を付けないで演技する方法は、舞台では動揺している様子や慌てている様子を表現する時に度々用いられる。
アニメなどにおいては登場人物のいわゆる「無口キャラ」「棒読みキャラ」と呼ばれる通常の会話が全て抑揚を付けない人物を演じる際に使われる。
無口キャラ」「棒読みキャラ」は他の元気いっぱいな登場人物が周りにいればいるほど棒読みが立ち、その対が作品を面くさせる。

代表的な棒読みキャラ新世紀エヴァンゲリオン綾波レイ涼宮ハルヒの憂鬱長門有希などがあげられる。これらの作品には常に近くに元気いっぱいの登場人物が存在する。


演技が下手なため抑揚が付けられない場合


一方、棒読みをしているつもりがいのに棒読みになっている役者声優も大勢存在する。
それは新人俳優などに多い傾向がある。 また、お笑い芸人など普段仕事をしてない人が声優仕事をした場合など、棒読みになる場合が多い。しかし、前述の「わざと抑揚を付けない演技方法」で紹介された棒読みキャラなら「演技が下手なため抑揚が付けられない役者声優」でも出来るということはない。「わざとそう演じる」のと「出来ないからそうなる」は全くの別物である。

過去の作品で 酷い棒読みだった役者声優が 後に覚しい成長を遂げると ファンはそれに喜び歓迎する反面 当時の棒読みぶりを懐かしく思い出してしまうものなのだ。


その他棒読み


文章で棒読みを表現する場合は文末に(棒読み)と付けて表現される(棒読み)

インターネット掲示板等では略されて (棒)という表記が使われることもある(棒)

 モシクハ ヨクヨウノナイ ボウヨミップリヲ アラワスタメニ セリフガ スベカタカナ(ソシテハンカク)デ カカルコトモアルノダガ トテモ ヨミヅラ

ネタとして扱われる場合 文章の最後に(棒読み)あるいは(棒)を表記することで
明日から新しい自分に生まれ変わってがんばるぞ(棒)」 「ニコニコ動画素晴らしい動画サイトですね(棒)」というように 一見 心がこもっているように見せかけて 実はその気がまるでない 々しい雰囲気を醸し出す表現となる(棒)


関連動画



■1452754807[ニコ動]

■sm1813521[ニコ動]
■sm262356[ニコ動]
■sm287988[ニコ動]
■sm1769731[ニコ動]
■sm3827092[ニコ動]
■sm1061433[ニコ動]


関連商品


 ■az4894512408


関連項目



最終更新日: 16/01/20 00:48
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ