ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


森友哉


ヨミ: モリトモヤ
掲示板をミル!
56カキコ!

森友哉(もり ともや、1995年8月8日-)とは、大阪府堺市南区出身のプロ野球選手捕手)である。現在埼玉西武ライオンズに所属。

概要

埼玉西武ライオンズ #10
森友哉
基本情報
日本
出身地 大阪府堺市南区
生年 1995年8月8日
身長
体重
170cm
80kg
選手情報
投球・打撃 右投左打
守備位置 捕手
プロ入り 2013年ドラフト1位
経歴
プロ野球選手テンプレート

5歳から野球を始め、大阪桐蔭高等学校に進学。1年から正捕手に定着し、2年生の時に藤浪晋太郎バッテリーを組み、甲子園連覇。また、第25AAA世界野球選手権大会で1番打者と活躍しベストナインを獲得した。3年生からは将としてチームを牽引し、甲子園4季連続出場を果たした。甲子園通算打率.473、5本塁打日本代表将として出場した第26回AAA世界野球選手権大会では、2年連続のベストナイン打点王を獲得し、チームの準優勝に貢献した。

身長体重は170cm80kg。その小柄さ故にプロ入り前は「プロでは通用しない」「鍛えていても体格の差は余りに大きい」と活躍を不安視されたが、校・大阪桐蔭監督には「(大阪桐蔭)歴代最高の打者」と評されており、身長の低さに関してはの場合問題にならないとコメントしていた。

2013年ドラフト会議埼玉西武ライオンズが単独1位名。背番号10

西武時代

2014年1月4日藤浪晋太郎と共に、校・大阪桐蔭高校のグラウンドで自トレを行った。伊原春樹監督の方針から一年間は二軍で鍛えられる方針だったが、原が解任となったことで方針が変わり、7月27日に一軍昇格。7月30日オリックス・バファローズ戦では守備から出場し、初打席でライトフェンス直撃の二塁打を記録。8月14日オリックス戦ではプロホームランを放った。その試合から46年ぶりとなる高卒新人3試合連続ホームランを達成した。


2015年は開幕から6番指名打者として出場。セ・パ交流戦では右翼手を守った。オールスターではファン投票指名打者部門で選出、最多票数を集めた。7月18日の第2戦では代打で出場し、清原和博以来2人となる10代での球宴ホームランを達成した。その後は打撃不振に陥ったが、9月1日福岡ソフトバンクホークス戦で自身初の満塁ホームランを放った。最終的に138試合の出場で打率.28717本塁打68打点だった。


2016年オープン戦から打撃不振に陥り、4月23日二軍に降格。赤田将吾コーチと共に打撃フォームを見直し、結果打撃フォームを元に戻し打撃が復調。総会での批判もあったのか、後半戦では捕手先発出場する機会も増えた。


2017年キューバとのWBC強化試合で死球を受けて左肘を折。長期間戦線を離脱した。8月15日に一軍登録されると、その日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦で2安打3打点を記録。翌日8月16日シーズンホームランを記録した。


2018年炭谷銀仁朗岡田雅利との併用で本格的に捕手として起用されるようになり、先発投手に応じてスタメンマスクをかぶるようになった。炭岡田捕手として出場する時は指名打者として出場する。オールスターではファン投票捕手部門で選出。第1戦で先発すると、1回に松坂大輔から3ランホームランを放つなど3打数2安打3打点の成績を残し、MVPに選出された。136試合に出場し、打率.275、16打点80打点を記録し、オフ多和田真三郎と共に最優秀バッテリーを受賞した。


2019年炭谷銀仁朗の移籍により正捕手に定着。オールスターでは第1戦で先制2ランホームランを記録し、2年連続でMVPを受賞した。7月まではに5番、8月以降は3番を任され、最終的に135試合に出場(うち126試合でスタメンマスク)、打率.32923本塁打105打点マークし、パ・リーグでは1965年野村克也以来2人NPB全体でも2012年阿部慎之助以来史上4人となる捕手での首位打者を獲得してリーグ2連覇に大きく貢献。増田達至とともに最優秀バッテリー賞を受賞し、パ・リーグMVPいた。

プレースタイル

高いミートパワーに定評があり、170cmと小柄ながら快なバッティングでアーチをかける強打者。吉田正尚173cm)とともに、小柄な打者でもホームランバッターになれるという、MLBでも見られる近年の潮を徴する選手のひとりと言える。

高校生時代は浪の正妻として50m6.2、遠投100m、二塁送球速度は1.86などの記録を残す強肩強打の捕手として名を馳せていたが、バッティングは1年から非センスを見せつけたものの、守備ではなかなかプロレベルの守備には至らず、3年2016年までは多くの試合で指名打者として起用され、また外野コンバートも試みられた。打はどの選手も文句なく認めるところだが、捕手での出場は少なく、またたまに右翼で出場しても「狙い撃ち」されるほどだった。

しかし2017年から辻発彦監督に就任すると、捕手起用を明言。外野起用をすっぱりと止め、捕手に専念させた。監督が辛抱強く捕手起用にこだわった結果、守備面でも成長を見せ、2019年には正捕手に定着して首位打者を獲得。捕手起用は西武リーグ2連覇の原動となった「山賊打線」の形成に大きな位置を占めることになった。強打で守備難の捕手はコンバートされがちな中で、「捕手・森友哉」を諦めなかったことは、ファンからは監督の大きな功績として讃えられている。

エピソード

応援歌

球団 レス No プレイヤー
大阪桐蔭 応援歌のピコカキコ一覧#1430 14573
西武 応援歌のピコカキコ一覧#1248 13351

成績

年度別打撃成績

年度 球団 試合 打席 打数 得点 安打 二塁打 三塁打 本塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺打 打率 出塁率
2014年 西武 41 92 80 14 22 6 0 6 15 0 0 0 12 0 22 1 .275 .370
2015年 138 531 474 51 136 33 1 17 68 0 0 3 44 9 143 5 .287 .357
2016年 107 392 349 43 102 20 0 10 46 1 0 1 42 0 96 3 .292 .367
2017年 38 145 124 16 42 8 3 2 18 3 0 0 21 0 24 4 .339 .434
2018年 136 552 473 67 130 34 2 16 80 7 0 7 70 2 105 3 .275 .366
2019年 135 573 492 96 162 34 2 23 105 3 1 6 72 2 89 9 .329 .413
NPB:6年 595 2285 1992 287 594 135 8 74 332 14 1 17 261 13 479 25 .298 .380

年度別守備成績

年度 球団 守備位置 試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率 捕逸
2014年 西武 捕手 24 101 17 1 2 .992 3
2015年 外野手 23 28 2 1 0 .968 -
2016年 捕手 26 150 23 3 5 .983 1
外野手 49 69 0 3 0 .958 -
2017年 捕手 12 51 5 1 0 .982 1
2018年 81 492 72 5 4 .991 5
2019年 128 782 89 9 7 .990 12
通算 捕手 271 1576 206 19 18 .994 17
外野手 72 97 2 4 0 .961 -

タイトル・表彰・その他


次へ»
最終更新日: 20/03/04 06:12
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ