ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


森祇晶


ヨミ: モリマサアキ
掲示板をミル!
10カキコ!

森祇晶1937年1月9日~)とは、読売ジャイアンツに所属していた元プロ野球選手であり、西武ライオンズ及び横浜ベイスターズ監督を務めていた人物である。本名及び現役時代の登録名は「森昌彦

現役時代は正捕手として巨人V9を陰ながら支え「V9の頭」と称され、監督としては1986年から1994年まで在籍した西武では在任9年でリーグ優勝8回、日本一6回という西武黄金時代を築きあげるなど多大な実績を残している。


現役時代


OB
森祇晶
基本情報
出身地 岐阜県岐阜市
生年 1937年1月9日
身長
体重
174cm
84kg
選手情報
投球・打撃 右投左打
守備位置 捕手
プロ入り 1955年
引退 1974年
経歴
選手歴 監督コーチ
プロ野球選手テンプレート

生まれは大阪だが、戦争による襲で岐阜に疎開、父親は実業だったがこの時や財産を焼かれたため、以降は貧しい暮らしを強いられることになる。
野球中学生から始め、当初は内野手だったが2年生時捕手に転向、高校では捕手将として3年次に甲子園にも出場しているが、初戦で股間ファウルを受けて交代している。
高校では野球だけではなく勉強面も優秀な成績を残しており、当然ながら様々な大学から誘いが来るが、は貧しい庭の事情を考え進学を断念し、55年に巨人に入団。

ルーキーイヤーの55年は2軍スタートとなるが、6月に1軍に昇格、しかしこの時は当時「カベ」と蔑まれるプルペンキャッチャーの補充要員としての昇格であったため、試合どころか練習を観察することさえわなかった。
かしこの時のちに通算310勝を挙げることとなる大投手・別所毅と出会い、別所に気に入られたはしばしば別所の投球練習の際に駆り出されることとなり、この際にはキャッチングについて勉強したという。

2年以降は徐々に出場機会を増やしていくが、当時巨人の正捕手を務めていた尾茂は強肩強打で有名であり、少なくとも打撃面ではは全く敵わないと考えていたため、インサイドワークなどを磨く事を決意。

転機となるのは59年、尾が持ち前の打撃を活かすため、守備の負担が少ない外野にコンバートされると、いた正捕手の座を手に入れることに成功し、鍛え上げた守備とリード投手を牽引してこの年の巨人の優勝に貢献。特に藤田元司はこの年27勝で最多勝にいている。
しかし日本シリーズでは巨人南海ホークス杉浦忠の4連投4連勝という常識外れの投球の前に敗れた。

60年は三原脩率いる大洋ホエールズに振り回され2位に終わる。この年はチーム防御率リーグ5位、自身の打率もわずか.197に終わるなど攻守双方に精を欠く1年となり、監督原茂はこの年で退任となり、川上哲治監督に就任、翌61年はエース藤田元司夫が怪で精を欠く中、中村稔や伊藤芳明、9月に急遽入団した村瀬広基といった若手の投手を引っり、過去4年間で3勝しか挙げられなかった中村17勝を、伊藤も13勝を挙げる活躍で巨人は2年振りに優勝を決め、日本シリーズでも中村らの活躍で南海を下し8年振りの日本一を達成した。

65年には中村稔、ノ内邦雄、そして「8時半の男」と呼ばれた宮田征典が皆20勝を挙げ、国鉄から移籍してきた金田正一が最優秀防御率を獲得するなど投手覚ましい活躍により優勝、はこの年他の選手の不振もあり、打順では5番を打って打率.277、5本塁打58打点と打撃でも好成績を残し、日本シリーズでも南海を下して打撃賞にもいている。

66年はルーキー堀内恒夫の開幕13連勝という活躍をアシストチームもその勢いでV267年はキャンプで足を痛めるというアクシデントがあったものの、堀内ノ内、金田投手を引っりV3を決め、日本シリーズでは第3戦にホームランを放つ活躍などで打率.227にもかかわらず日本シリーズ最優秀選手に選ばれている。

その後も短期決戦となる日本シリーズでは巨人のVに大いに貢献。70年の対ロッテでは強打者アルトマンとの勝負を底的に避けて打線を封じ込め、71年の対阪急ではシーズン106盗塁という驚異的な数字を残した福本豊盗塁をほとんど許さず、これまた阪急打線を機させなかった。

72年からはバッテリーコーチを兼任し、74年に巨人V10を逃し2位に終わるとこの年で現役を引退した。
結局V9まで巨人の正捕手の座を譲ることはかっただが、当時は捕手の地位が低かったこと、同年に「ミスター」こと長嶋茂雄引退を表明していたため、長嶋のようなセレモニーも用意されず、ひっそりと引退したという。


引退後


引退後しばらくは解説者などを務めていたが、78年にヤクルト監督を務めていた広達朗の要請でヘッドコーチに就任、は広の意向に従い、選手たちに練習から日常生活まであらゆることに口を出し選手たちを管理、いわゆる「嫌われ役」にし、さらに現役時代にも生かした観察眼や分析でこの年のヤクルトの初優勝に貢献した。
しかし79年は嫌われ役を続けた結果選手たちからの評判がますます悪くなり、それを憂いた球団の判断により、は解任された。

82年には西武ライオンズ監督を務めていた広の下で再びコーチに就任、ここでもヤクルト時代同様の役割にし、82年、83年は2連覇を達成するが、84年は選手の衰えにより3位に終わる。
監督の広は優勝を逃した責任に取らせ、はそれまで与えられていた選手管理の権限などを取り上げられた。これによりと広は決裂し、西武を退団。しかし広85年の日本シリーズにて吉田義男監督率いる阪神タイガースに敗れ日本一を逃すと監督を退任し、その後任にが選ばれた。


西武ライオンズ監督時代



次へ»
最終更新日: 19/07/07 23:30
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ