ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


椎名慶治


ヨミ: シイナヨシハル
掲示板をミル!
8カキコ!

椎名慶治とは、日本ミュージシャンである。


SURFACE時代


同じ高校後輩である永谷喬夫と在学中に知り合いバンドを結成し、
1998年5月27日1stシングルそれじゃあバイバイ」を発売してプロデビューした。

その後勢いを増し続け、「さぁ」や「ゴーイング my 上へ」など、椎名ならではの歌詞と永の親しみやすいメロディーを武器に数々のヒット曲を発表する。


入院 


しかし2ndアルバムFate制作終了後、喉に異常が見られる。7thシングル「ヌイテル?」あたりからすでに症状が見られ、次回作のカップリング曲に「samurai mania」というインスト曲が入るほど。でごまかしながら何とかやってきたらしい。
ただだけではさすがに理があり、ついに入院を余儀なくされた。帯を切る、もう元のを出せないなどという
リスクを背負いながらも点滴や注射で治療を続けていた。そして「喋れない」というクリップボードを首から下げながらの筆談であったらしい。

当時の椎名の心は9thシングルボクハミタサレル」の歌詞で垣間見れるという。
それは「性に独りが怖く」、「二人でいる喜びを知ったから」、「君がいる寂しさと 君がいないしさ」などのフレーズ
帯が悪化しSURFACEとして永スタッフらと活動出来ない君がいる寂しさ、喉の病気と独りで闘う君がいないしさの両方を表していたのではなかろうか。

その後はも元のままで事に回復し10thシングルではまたSURFACEらしいファンキーな曲をリリース
楽曲スタイルも少し変化が付いてきたらしい。


移籍~解散


2005年にはユニバーサルミュージックからソニー・ミュージックレコーズに移籍、ユニット名表記も「SURFACE」から「surface」へと名した。
知名度がやや低くなりつつも、移籍・名以降もセンスが生かされた楽曲をリリースし続けるが、2010年2月14日ファンクラブイベントで年内をもって解散する事を発表。またユニット名表記を小文字から大文字へとめて名。

その言葉通り、2010年4月28日にはSURFACEにとって最後の作品、今まで発表されたシングル全て+新曲4曲を収録したCOMPLETE BEST ALBUMLast Attraction』をリリース。そして約1ヵ半後の6月13日に解散ライブを行い、このライブを最後にSURFACEは解散した。


椎名慶治としてのソロ活動


解散ライブでは、相方ギター)の永は落涙する場面も見られたが、一方の椎名はほぼ何も考えず悲しみなどあまり感じなかった。しかし翌日起床した間、虚無感などに襲われ全てを失ったような感覚がしたとの事。ソロとして新たに活動するまでは何をしていいか分からなかったらしいが、知り合いのミュージシャン、磯サイモン山口寛夫らの誘いでソロデビューが決まったのであった。
そして解散から約4ヶ後の11月10日にはミニアルバム「I」ソロアーティスト、椎名慶治としてデビュー
彼の第二のアーティスト活動が幕を開けた。

2011年9月から放送された『仮面ライダーフォーゼ』では、May'nとのデュオ「Astronauts」として挿入歌を担当。
2013年10月には、SURFACEでのデビューから15年を迎えることから、1stアルバム『Phase』の全曲セルフカバーに挑んだ。

またソロ活動後にはUstreamなどで配信を行い、最近ではニコニコ生放送でもUstreamと同時に配信をおこなっている。


人物



関連動画



■sm12846345[ニコ動]

■sm14793391[ニコ動]
■sm12753143[ニコ動]
■sm12808722[ニコ動]


関連商品


■azB005R22PB8
■azB004VQ91UY
■azB005QZOTRY
■azB0077NZ080
■azB00EHULKQW


関連生放送


lv51102119 lv64623980 lv67679330 lv69365971 lv73683016 lv78140220 lv84611995 lv88517806


関連項目



最終更新日: 14/01/14 10:00
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ