ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


検索してはいけない言葉


ヨミ: ケンサクシテハイケナイコトバ
掲示板をミル!
2663カキコ!

概要


検索してはいけない言葉」とは、Googleをはじめとする検索サイトグロ画像や恐怖画像などの深いトラウマを与えるであろう内容、もしくはアングラサイトウイルスサイトリンクしてしまう危ない検索キーワードのこと。「ググってはいけない言葉」とも呼ばれる。インターネットコミュニティ上で広まった解釈ではあるが、最近では地上波放送のバラエティ番組の題材にも使われるほど定着しているようだ。

キーワードからは全く内容が予想できないものや、グロ・恐怖画像のスラング名、荒らし的か偶然で関係の内容が結び付けられてしまっているキーワードして呼ばれている。この「検索しては~」という呼び方が広まるにつれて若干解釈がずれていることもあるようで、悲惨な事件事故を直接した言葉などといった、最初からトラウマに結びつくような内容であることが分かり切ったキーワードが「検索しては~」として紹介されていることもある。


検索したい言葉?


「検索してはいけない言葉」を紹介・解説する各種webサイトでは、「実際に検索してはいけない」「閲覧注意」「絶対にNG」「責任を負わない」「危険」…といったような物々しい注意書きが文字や大文字の装飾付きで大量に書かれていることが多い。

一方で、そういった不安や危機感を煽る注意書きを並べているわりには、キーワードを大量に掲載することが的になっていたり、検索閲覧方法が細かく記載されているなどと、結局は該当のキーワードwebサイトに誘導する内容になっている。注意喚起が的のように思えるかもしれないが、肝心の解説内容は古い情報で再検証がされていなかったり、そもそもはじめから正確な情報が書かれていないことも多く、中には根拠のないガセネタや、ただ不安を煽るだけの悪質なデマを含んだ内容までもが管理や訂正が追い付かないほど大量に書かれているのが現状である。

身も蓋もないことを言ってしまえば、これは「怖いもの見たさで検索したい言葉」の一覧である。

中には他人の反応を楽しむことが的で作られて広まったキーワードや、単に当時流行ったネタを紹介するだけの内容も含まれている。ニコニコ動画Youtubeでは、動画投稿者が実際に検索してみたときの反応を録画し視聴者が楽しむといった趣旨の動画が数多く投稿されており、専らエンタメ扱いである。この傾向は同様の内容のバラエティ番組も同じである。この記事でも掲示板には可らしいお絵カキコが数多く投稿されている。

当初は本当に注意喚起だけが的の言葉だったのかもしれないが、今現在では全く機していないと考えた方がいい。そもそも「検索してはいけない言葉」で検索すると、該当する内容がまとめてたくさん出てきてしまったり、削除された内容が転載されて再表示されているという本末転倒の状態である。


発祥元


「検索してはいけない言葉」という呼び方がいつから使用され広まっていったか、はっきりとした発祥元はわからない。参考として、一覧をまとめる内容が登場したのは、コピペディアとアンサイクロペディア該当記事2008年5月、本記事の初稿が2008年8月、専用のwikiサイトが最初に開設されたのが2009年2月頃である。恐らくはコピペディアに掲載されている掲示板で出回っていたであろうコピペ一覧が最初期の内容であり、急速に広まっていったのが2008年頃だと考えられる。

また、「検索してはいけない~」という言葉が定着する以前からも、2ちゃんねるの各種掲示板を中心に、精神的ブラクラとして出回っていたグロ画像の注意と解説を的としたwebサイトや、掲示板荒らし的や釣りで書き込まれることの多い危険なURL一覧をまとめた内容は2000年代初頭から数多く書かれていた。

ただし、扱う内容が内容であるため、古い情報のまま再検証されずに更新停止してしまったり、直接画像やwebサイトを紹介していたサイトは(規約違反などから)削除されてしまうことが多く、結果としてキーワードだけが独り歩きしてしまうことに繋がってしまっているとも考えられる。


本当に検索したくない、見たくない方へ


[画像を見る]
うそはうそであると見抜ける人でないと(掲示板を使うのは)難しい

やっぱり検索したい、見てみたい方へ


検索してはいけませんと言われると検索したくなる、それが人情ってものですよね。まずは検索した結果を紹介しているサイトや記事があるのでそちらをご利用ください。


記事のある「検索してはいけない言葉」の一覧


ローカルルール

本記事の過去の版では、主観に基づいた感情的なランク付けがされたリストが掲載されていましたが、長期間に渡ってリストの大部分を制作した該当編集者による管理と検証が放置されていたため撤去しました。(リビジョン一覧から閲覧は可です)

ニコニコ大百科という形式上、編集者コミュニティによる永続的な管理および検証が困難なため、現在の版では「検索してはいけない言葉」とは何かという概要説明を中心に行い、リストは解説のある独立した記事に限定し、新規キーワードリスト化や管理は行っておりません。新規キーワードの紹介や登録は管理制度が用いられた専用のwikiサイトの利用が望ましいです。

新規記事作成掲示板での書き込みで新しく用を紹介する際には、注意喚起も結構ですが紹介する以上は正確な情報を書いてください。

この記事では過去に「編集する際に自分で検索するな」という、正確さよりも扇動的な内容を優先し、検証放棄を推奨するような文章が長期間掲載されており、単語記事の一部にはガセ・デマに基づいた内容が記載されている(されていた)可性があります。不安を煽るだけのガセネタデマを含んだ内容を書き込むことは全く褒められたものではありません。掲載するのであれば編集者本人がまず責任を持って検証してください。

怖さを狙った内容のネタ記事でも、きちんと元ネタの解説だけは済ませましょう。グロ画像やブラクラなどに該当する内容への直接のリンク規制削除の対になる可性があります。


次へ»
最終更新日: 17/09/22 19:41
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ