ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します



ヨミ: カエデ
掲示板をミル!
24カキコ!

(かえで、カエデ)とは、以下を表す。

  1. カエデ属の木の総称。とも表記する。英語メイプルmaple)。
  2. 日本人苗字・人名。苗字としては岐阜県東濃地方に多い。
  3. 楽曲の名前。
  4. 石勝線新夕張駅占冠駅間にある信号場。当初楓駅として開業したが、2004年乗降客の減少に伴い信号場に格下げされた。詳細については記事「楓信号場」を参照。

この記事では、1.~3.の意味について記述する。なお、当記事では平仮名片仮名表記についても扱う。


樹木として


【分類】(クロンキスト)ムクロカエデ科カエデ属(APG)ムクロムクロジ科カエデ属
【学名】Acer spp.
(学名の由来)Acer→「裂ける」という意味のラテン語古名から

もみじといったら大抵はこの木の仲間すので、もみじの項も参照のこと。カエデの仲間は非常に大きいグループで、雑種や品種も数多く、分類が難しいグループである。編集者量では網羅的な紹介はできないので、この記事ではカエデの仲間に共通の特徴と、特筆すべき種を紹介するにとどめる。


特徴


葉がカエルの手のようにいくつかに裂けているのが、最もよく知られた特徴である。この数によっておおまかに種類を知ることができる。

最も有名なカエデはイロハモミジA. palmatum)だが、7つに裂けた葉先を「イロハニホヘト」と数えたのが和名の由来(実際は葉先の数は5-9と幅があり7とは限らない)。あとは、として々の身近で見られるトウカエデA.buergerianum)が3つに裂けるということを覚えておくといいかもしれない。

しかし、中にはチドリノキ(A. carpinifolium)のように葉が裂けないカエデもあるので、葉が裂けることはカエデの共通の特徴とはいえない。にカエデに共通な特徴は、枝の同じ場所から2つの葉が対になるように出る(これを対生という)ことである。これはカエデに限った特徴ではないが、落葉で対生といえば、まずカエデ科を連想しても差し支えないと思う。また、プロペラのような形でに乗る特徴的な形の果実()をつくるのも共通の特徴である。


特筆すべき種


カナダ国旗ん中にでっかく描かれているのがサトウカエデA. saccharum)で、カナダ章や硬貨にもデザインされている。ご存知メープルシロップ材料だが、木材としても重要。

カエデの材はドラムなどの楽器によく用いられるが、ホワイトシカモアともよばれるセイヨウカジカエデ(A. pseudoplatanus)は特に高級品。高級なバイオリンギター材料で、特にあのストラディバリウスの裏に用いられたことが有名。


その他・豆知識



楓(かえで)の名を持つ人物


※太字は記事がある方です。「楓(かえで)」のみが名前である人物を除き、50音順。


実在の人物


著名人

ニコニコ関連


架空のキャラクター



楓(かえで)の名がつく、または関連する楽曲



漢字として


Unicode
U+6953
JIS X 0213
1-41-86
部首
木部
画数
13画
Unicode
U+6A92
部首
木部
画数
17
Unicode
U+67AB
部首
木部
画数
8画
意味
木の名。マンサクの仲間。またトウカエデなどを俗にいう。
説文解字・巻六〕には「木なり。厚葉に弱枝、善くるる。一名に欇。木に」とある。よく揺れるのでに従うという説明である。
日本語特有の意味
カエデ。カエデ属の総称。
江戸中期の書〔同文通考・訓〕に「楓(モミヂ・スヘテ):機なり。漢語抄に冠木に作る」とある。
符は
音訓
読みフウ音)、訓読みは、かえで。
規格・区分
人名用漢字である。1981年に人名用漢字に採用された。JIS X 0213第一準。

異体字



関連動画



■sm5003171[ニコ動]

■sm20375289[ニコ動]


関連商品


■az4140402199
■azB00005HKE9
■azB000YI2D62


関連項目



最終更新日: 18/08/25 10:13
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ