ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


榊原恒一


ヨミ: サカキバラコウイチ
掲示板をミル!
26カキコ!

title

榊原恒一さかきばら こういち)とは、小説アニメAnother」の登場人物である。

担当声優阿部敦実写俳優山崎賢人。


概要


本作の主人公・陽介の仕事の都合により、東京から山北中学に転校する。転入生のため、出席番号はあいうえお順が採られず30番となっている。ホラー小説が好きで、水野沙苗からは「ホラー少年」と呼ばれている。苗字が前年に起きた神戸連続児童殺傷事件を連想させることを苦にしている。

彼の・理子は山北中学の3年3組卒業生で、恒一を産んで間もなく若くして他界している。そので、同居している叔母怜子もまた同様に、山北中学の3年3組卒業生である。見山のでは、怜子と祖(理子・怜子の両親)の・民江の四人で暮らしている。の陽介は留守にすることが多いため、事(特に料理)が得意である。

前年から気胸を患っており、最初の1ヶ内の見山病院漫画では夕見ヶ丘病院)に入院した。この院内で、見崎鳴赤沢泉美と出会うこととなる。しかし、3年3組の災厄と“いないもの”を詳しく知らされないまま、校内で鳴と接触してしまったため、桜木ゆかりをはじめクラスの関係者が次々に死んでいくと、鳴と同様に“いないもの”とされてしまう。しかしこれが原因で、クラスの実情を鳴から知ることができ、後にいないものを解除されると、クラスメイトも恒一への隠し事がなくなったので、むしろ以前より交流が深まるようになった。また、いないものになった間に、鳴との二人きりの時間を通して親しくなり、鳴に惹かれていくようになる。

災厄が止まらない現状に対し、鳴・勅使河原直哉望月優矢漫画版では、これに風見智彦も加わる)と共に、赤沢さんの対策係グループとは別に、独自で現を止める手段を模索していく。そして合宿の惨劇を経て、ある苦渋の決断を迫られるが、鳴の協を受けて「死者」を死に還し、遂に災厄を止めた。それは恒一にとって、少年時代との別れでもあった。

病弱というハンデを抱えながら、次から次へと悲惨な出来事に遭遇したり、たびたび悪夢にうなされるなど、恒一は辛いに遭ってばかりいるが、それでも打ちひしがれることなく、災厄に正面から挑んで生き延びた彼は、主人公補正抜きでも芯の強さを感じることができる。ホラー小説を読んで耐性が付いていたのかは不明だが、恒一にとっては「事実は小説より奇なり」という体験を十二分に味わったに違いない。


ファンからの扱い


イケメンである上に事も得意な高スペック、それでいて赤沢さんの想いに気づかない点(彼の名誉のために言っておくが、実際には記憶の竄があったため、鈍感というわけではない)など、ラブコメ主人公の要素も持ち合わせていること、そしてクラス女子がいずれも美人いであることから、二次創作ではハーレムものSSがしばしば見られる。アニメで恒一を異性として意識しているのは、実は赤沢さんだけだったりするが(鳴はどのくらい恒一を意識しているか、曖昧にされている)、二次創作になると、これに鳴や綾野彩に加えて、Anotherモブキャラの中でも特に人気の高い小椋由美多々良恵有田松子なども参戦するのがお約束となっている。さらに、漫画版では怜子も恒一を一人の男として見ているような場面すら見られる。とは言え、ハーレムもの嫌う読者も多いので、ほどほどにしておくのが懸命かもしれない。

本編シリアスだった分、ギャグ系や日常ものでは原作にはい要素を入ることも多い。6話で鳴といきなり踊り出す妄想をした延長戦として、“いないもの”であるのをいいことに、鳴とイチイチャしたり、赤沢さんセクハラしたり、鳴と一緒にクラスメイトを笑わせようとする(絶対に笑ってはいけない三年三組)など、フリーダムキャラクターになることも少なくない。

ファンアートを見ると、主人公であるにもかかわらず、彼が単体で描かれることは非常に少なく、その大半が鳴とセットで描かれている。その点では他の人気男子キャラとさほど変わらないので、SSべるとイラストではやや不遇なのかもしれない。

ちなみに、恒一のを担当したのは上条さんでもおなじみの阿部敦だが、声優ネタ素材になることはほとんどない(と言うより、Anotherの登場人物で声優ネタが使われたのは福圓美里くらいしかいない)。しかし物語の終盤では、しっかりそげぶを披露していたりする。


関連動画



■sm17101902[ニコ動]

■sm17101977[ニコ動]


関連商品


■az4048740032
■azB009WOZYPG


関連コミュニティ


■co1432984


関連項目



最終更新日: 12/12/01 22:00
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ