ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


槙原寛己


ヨミ: マキハラヒロミ
掲示板をミル!
27カキコ!

槙原寛己(まきはら ひろみ、1963年8月11日-)とは、愛知県出身の元プロ野球選手投手)である。


概要


OB
槙原寛己
基本情報
日本
出身地 愛知県半田市
生年 1963年8月11日
身長
体重
187cm
94kg
選手情報
投球・打撃 右投右打
守備位置 投手
プロ入り 1982年ドラフト1位
引退 2001年
経歴
プロ野球選手テンプレート

1963年8月11日生まれ。愛知県の大府高校卒業後、1982年ドラフト1位読売ジャイアンツ入団。同期入団には吉村禎章(3位名)、村田真一(5位名)などがいる。
入団1年1982年二軍暮らしだったが、1983年に一軍昇格すると、なんと初先発完封を達成してしまう。最終的にこの年12勝をあげて新人王タイトルを獲得した。

1985年には阪神タイガース戦でかの有名な甲子園バックスクリーン3連発を食らい、勢いに乗った阪神タイガースに独走を許したり、1986年には優勝をかけたヤクルトスワローズ戦でブロハードに痛恨のツーラン被弾で優勝を逃したりと大事な試合でのミスも多い。

1987年背番号54から17に変更。54番時代は50→10の駒田徳広55→7の吉村禎章の三人を合わせて「50トリオ」と呼ばれていた。

1986年桑田真澄が入団、1989年斎藤雅樹エースとして覚醒して以降、この二人と槙原とで巨人の三本柱を構成し、1990年代前半の投手屋台となった。

その後も三本柱としてチームに貢献していたが、1994年には福岡ドームでの広島カープ戦で完全試合を達成している。1978年阪急ブレーブス今井雄太郎投手が達成して以来実に16年ぶりの完全試合であり、人工芝球場では史上初であった。なお、この試合以来完全試合達成者は出ていない。

1軍定着以降は基本的に先発投手として活躍をつづけていたが、1998年シーズン途中にリリーフ不足から長嶋茂雄監督に抑え転向を命され、ストッパーとして投げることになる。しかし、リリーフには不向きな投げるまで調子が分からない投手であったので、安定感には程遠くたびたび炎上していた。

の衰えを感じ、2001年に現役引退。この時三本柱の一人である斎藤雅樹投手同期入団の女房役である村田真一捕手が同時に引退し、長嶋茂雄監督もこの年限りで現場を勇退した。

現在テレビタレントとして活躍している。


ピッチングスタイル


当時日本記録となったMAX155キロのストレートを軸に鋭いフォークスライダーを組み合わせて三振を奪っていくタイプピッチャーである。調子が良い時は、キレのある球がバンバン決まり、あっという間に三振の山と完封勝ちの出来上がりである。

反面調子が悪い時はコントロールが定まらず、置きにいった球を気持ちよく運ばれて自滅していく。メンタルコントロールは苦手な様子。それ故投球リズムが悪く、無援護属性である。事実シーズン勝利数は13勝止まり、勝率もあまり高くなくタイトルも新人王以外は取っていない(88年に最多奪三振を記録しているが当時は表タイトルではなかった)。防御率の割に勝ちが伸びないピッチャーであった。

一方でポストシーズンには強く、1987年1994年日本シリーズでは当時無敵を誇っていた西武ライオンズ相手に好投、特に1994年には日本シリーズMVPを獲得している。


通算成績


通算:19年 登板 完封 勝利 敗戦 セーブ ホール 勝率 投球回 四球 奪三振 失点 自責点 防御率 WHIP
NPB 463 113 35 159 128 56 0 .554 2485.0 773 2111 970 882 3.19 1.21

関連動画


■sm9785723[ニコ動]

■sm8916825[ニコ動]
■sm3296655[ニコ動]

関連商品

■azB00005FW58

関連コミュニティ

■co437


関連項目



最終更新日: 16/06/25 01:06
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ