ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


横軽


ヨミ: ヨコカル
掲示板をミル!
10カキコ!

横軽とは、国鉄JR東日本信越本線にかつて存在した一部区間の通称である。


概要


群馬県長野県の県にある碓氷峠を越える区間の事である。ただし碓氷峠と言っただけでは国道18号線の事をす事もあり、路をす場合は両端の横川駅軽井沢駅)の頭文字を取って横軽と呼ばれる事もあるので、本稿ではこの路における碓氷峠の区間について述べる。ちなみに、北陸新幹線長野新幹線)の場合は横川駅を経由しないので横軽と呼ばれる事はまずい。

高崎長野直江津新潟間を結んでいた信越本線の最後に開業した区間であり、当時は上越線も開業していなかったので東京新潟北陸へのメインルートであった。しかし碓氷峠には最大66.7‰(方向に1000m進んだ時に66.7mの高低差がある状態)という国鉄最大の急勾配があった為にアプト式という特殊な方法が用いられていた。アプト式とはレールの間に歯車を敷き専用の機関車がそれを引っるという方法で、アプト式が用いられているのは内では他に大井川鐵道があるのみである。

1912年には国鉄として初の電化(ただし1904年に私鉄の甲武鉄道飯田町~中野間を電化し1906年に国鉄中央本線となった前例はある)がなされたが、更なる時間短縮を的とし若干の経路変更をした上で1963年にはアプト式の採用は終了している。

それまでのアプト式用電気機関車のED42から横軽専用のEF63が使用されるようになり、この電気機関車廃線まで使用される事となった。ただしEF63の動のみで66.7‰を上り下りしていた為に気動車特急はくたかや、信越本線初の電車特急であるあさまを初めとした列車は最長8両編成に押さえられていた。

しかしアプト式終了5年後の1968年からは輸送増強を的としてEF63と協調運転(電気機関車の動だけでなくその車両の動も使用する運転方法)が可なそれぞれ165系483系183系169系489系189系が横軽用に開発されており、特急列車は最長12両編成に増強する事が出来た。更には機関車連結不要で碓氷峠を上り下り出来る専用車両187系を開発する計画もあったのだが、諸般の事情により取りやめとなっている。この187電車の種として用意されたサロ181形は113系に編入され、東海道線横須賀線自由席グリーン車として使われた。

ところが1997年北陸新幹線長野新幹線)開業の際に横軽は路線ごと止となってしまった。横川駅以東の群馬県の区間はそのままJR東日本が、軽井沢駅以西の長野県の区間はしなの鉄道が管理する事となったが、横軽区間はそもそも県を跨ぐので利用者が少なかった事や、その特殊な運行方法の為に維持費が他の区間にべて膨大となるといった事がな理由で、同区間はジェーアールバス関東へ移行する事となってしまった。所要時間は大幅に増加し、本数も減少している。


碓氷峠鉄道文化むら


この区間の止後、EF63のねぐらだった横川機関区の跡地を利用し、「碓氷峠鉄道文化むら」がオープンした。

この施設は、碓氷峠で活躍していた車両を中心に、機関車、客気動車電車貨車などの各形式を、機関区の広大な敷地を活かして保存展示している施設である。

関門トンネルで活躍していたEF30のような、横軽に縁もゆかりもない車両も展示されている。これは、もともと高崎に計画されていた機関車博物館計画が頓挫し、そのために集められていた機関車がここに展示されることになったためである。

この施設の最大の特徴は、予約制の講習を受ければ本物のEF63電気機関車を運転できる点である。
講習料は3万円と安くはないが、自分で本物の大電機を動かせるところは他になく、好評を博している。
本物の機関車を使っている性質上、車両修理不能なほどに壊れてしまえば、この運転体験は終了せざるを得ないという。迷っているなら、できなくなる前にトライしたほうが後悔せずに済むだろう。
運転を経験するごとに複雑な操作に挑戦でき、中には50回以上参加している強者もいる。

このほかにも、園内を一周する蒸気機関車(またはディーゼル機関車)「あぷとくん」、詰所だった建物を利用した横軽の資料館、名物駅弁「峠の釜めし」売店など、一日思い切り鉄道世界を楽しめる施設になっている。
ちなみに、この資料館内にアーケード版「電車でGO!」が初代から旅情編まで全作っている。

さらに、旧下り線を利用して、トロッコ列車温泉施設「とうげのゆ」まで運転されている(施設は2013年7月の火災により現在休止中)。車窓に美しくったレンガ造りの旧丸山変電所を見ながら、往時の横軽の雰囲気をちょっとだけ味わうことができる。この先軽井沢までの延伸計画もあるにはあるのだが、残念ながらあまり進展が見られない。

開園間もない頃、展示車両部品の盗難騒ぎが起きた。ここにしかない車両もあるので、重な文化財をいつまでも残せるよう皆で協しよう。


おぎのやと峠の釜めし


この横軽区間の名物駅弁が、おぎのやの「峠の釜めし」である。

牛蒡や筍、椎茸など、山の幸がふんだんに使われている釜飯が、「横川駅 おぎのや」と彫られた益子焼の釜に収められている。
食べ終わった後は、1合分のご飯が炊ける。料理番組で使われたこともある。

横川駅では機関車の付け外しのため、停時間に余裕があった。それを活かして、止までこの釜めしが立ち売りされていて、皆競って買いに走った。横軽止時に通いつめ、この釜が大量に手許に残っているファンも多いのでは?

横軽が止になった後も、おぎのやは横川駅前に本店を構え、無料で見学できる資料館も併設している。ちなみにここでは、駅弁のお供として今ではしくなったプラスチック容器の「お茶」も販売している。
高崎駅などにも卸しているため、長野新幹線中で味わうこともできる。

さらに、ドライブイン施設などの支店を周辺各地に出しており、特に上信越自動車道の上り横川SAでは、店内にJRから譲り受けたキハ58を利用し、横軽で活躍していたキハ57に見立てた飲食スペースを作る凝りようである。


末期の状況



使用車両



時刻表


止前に横軽を経由した定期列車時刻表。上り横川駅発は軽井沢駅を経由した列車のみ記載(つまり横川駅始発普通省略)。黒字普通列車急行能登赤字特急あさま特急白山

下り(長野駅金沢駅方面) 上り(高崎駅上野駅方面)
横川駅 軽井沢駅 軽井沢駅 横川駅
2 04福井 21福井
3 35上野
4 03上野
6 33高崎
7 48長野 27上野 00高崎 54上野
8 38直江津 06長野 55直江津 00高崎 18上野 27高崎 44上野
9 37長野 54長野 11上野 39上野 38上野
10 05金沢 35長野 22金沢 52長野 37上野 52高崎 06上野
11 04長野 33長野 55長野 21長野 50長野 38上野 04上野 19高崎
12 36直江津 13長野 53直江津 07上野 37上野 04上野 34上野
13 07長野 30長野 24長野 47長野 38上野 03上野
14 35直江津 53長野 52直江津 23高崎 36上野 05上野 50高崎
15 34長野 11長野 51長野 18上野 48上野 03上野 45上野
16 37長野 54長野 54長野 17上野 46上野 15上野 43上野
17 04長野 37長野 11長野 21長野 54長野 01高崎 16上野 48上野 13上野 28高崎 43上野
18 05長野 34長野 22長野 51長野 18上野 14上野 45上野
19 18長野 38長野 35長野 55長野 15上野 28高崎 48上野 41上野 55高崎
20 38長野 55長野 54上野 14上野
21 25軽井沢 35長野 42軽井沢 52長野 08高崎 21上野 35高崎
22 33軽井沢 45長野 50軽井沢
23 02長野

施設一覧


一部を除き止時点の情報。ちなみに松井田町は2006年安中と合併して安中になった。


次へ»
最終更新日: 13/10/19 19:57
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ