ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


機動戦士Vガンダム


ヨミ: キドウセンシヴィクトリーガンダム
掲示板をミル!
671カキコ!

『機動戦士Vガンダム』とは、1993年に放映されたサンライズ制作テレビアニメである。
通称V(ブイ)ガン。宇宙世紀ガンダムシリーズの一つ。

監督 富野由悠季
キャラクタ
デザイン
逢坂浩司
音楽 千住明
制作 サンライズ
製作 サンライズ
テレビ朝日
話数 51

概要


1986年機動戦士ガンダムZZ以来となる、TVアニメとしては4作となるガンダムシリーズ。話数は51話だが、これはガンダムの連続TVシリーズとしては『SDガンダムフォース』の52話に次いで多く、SD作品を含まなければ最長である。

ガンダムZZ』以来、初の平成TVシリーズとして再び新規層・子供向きを意識して制作されており、時代的にも『F91』から再び一世代近い未来となり、作品内容も過去宇宙世紀作品の知識がなくてもあまり問題ないようになっている。主人公の年齢が従来より若いことや(13歳)、多数の装備とパーツを持つ役機ヴィクトリーガンダムは当時流行していたRPGの要素を意識したのものであることからも、そういった意識が伺える。

また、それまでガンダムシリーズを支えていたと言える『SDガンダム』の客層を吸い上げることも意図しており、SD側のキャラモチーフとしてVガンダムをしばらく使用させないなどの処置をとっていたことでも知られる。

が、蓋を開けてみるとギロチンによる処刑シーンがあるなど残酷な描写も多く、さらに後半に向けては、宗教戦争民族紛争などの問題が色濃く反映されていったため、当初の対である子供達には受けずに従来通りの一定以上の年齢層が中心客層となった。

作品の結果自体はそれほど悪くなかったものの、大標であった子供達の獲得を再び狙うべくガンダムシリーズは脱宇宙世紀を決意し、翌年にはあの『Gガンダム』が誕生することになる。


あらすじ


地球を汚染させてしまった人類が宇宙移民をして、それに十分なじむ時代となっていた。

しかし人類は、この宇宙でも地球上と同じ様に戦争歴史を繰り返していた。

それは、自らの愚かさを直して、新しい環境に適応しようとする、人の本がさせていることなのだろう。

こんな人類でも、宇宙に暮らすことが出来ると信じなければ、人の歴史はあまりにも悲しい。

第1話 ナレーション

宇宙世紀0153年。地球連邦政府の衰退とともに地球支配を離れ、独立を歩み始めたコロニーの独立国家地球圏の支配を競い合う宇宙戦国時代地球支配を企むザンスカール帝国サイド2)は、マリア主義を掲げ地球侵攻を開始する。その戦闘に巻き込まれ、抵抗組織リガ・ミリティアで闘うことになる主人公ウッソ・エヴィン物語


主な登場人物



代表的なメカ・戦艦


前作ガンダムF91から更に数十年進んだ頃の物語の為、ヘビーガンスペースアーク級、アレキサンドリア級がわずかに登場するのみで宇宙世紀シリーズではあるがメカニック的な繋がりも薄く、本作独自のメカが多数登場する。

が、そのデザインも(ザンスカール帝国ベスパの機体ではあるが)かなり独特であり、胸にデカデカとVの字が刻まれを出すV2ガンダム、特徴的な土偶のようなネコのようなメインカメラ(複合複眼式マルチセンサー)に始まるベスパMSビームシールドヘリのようにを飛ぶ「ビームローター」、宇宙も飛べる上にビームを弾くタイヤサポートメカアインラッド」、前期オープニングで突如登場し視聴者を仰させたクモのようなモビルワーカーサンドージュ」、のダミーを発射し宇宙を泳ぐ『まんが日本むかしばなし』ののようなモビルアーマー(MA)「ドッゴーラ」やバイク戦艦「アドラステア/リシテア」、どう見ても男性アレにしか見えない宇宙要塞「カイスギリー」、睡眠状態で格納した2万人のマリア主義者と女王を使って地球上にサイコウェーブを照射し、地球上の生物幼児退行化させる巨大サイコミュ兵器エンジェル・ハイロゥ

・・・などの奇抜さが際立っており、こういったケレン味さ嫌いで敬遠するガンダムファンも多いが、逆に新で秀逸と評価するファンも存在する。 
また劇中での戦闘描写も独特であり、ヴィクトリーの分離戦法に始まり、ウッソの奇怪な戦法やザンスカールモビルスーツの奇抜な武装(ビームローターを投げる、ショックバイトビームメイス、没になった設定には実体ブーメランまであったそうな・・・)は一定の評価を得ていて、本作の特徴の一つとして挙げられる。

リガ・ミリティア側も、序盤はVパーツトラック(カミオン)で運んでいたり、鹵獲した敵のゾロアットやシノーペ(小艇)を使用したり、リーンホースJr.はこれまた鹵獲したスクイード級のパーツを使用していたり(カタパルトや内部構造も実はスクイードのまま)、前期エンディングの最後にヴィクトリーの持っているビームスマートガンも遺棄されたものを修理したものだったり、非正規軍であることが強調されているのも特徴。

メカニックデザインカトキハジメ石垣純哉、大河原邦男が担当。
基本的にVガンダム系列をカトキが、ザンスカール系のデザイン石垣が、ゾロアット、ガンイージなどの初期のMSデザインの一部とバイク戦艦大河原が担当している。が、カイスギリーはカトキハジメデザインであるし、リーンホース(ただしリーンホースJr.はスクイードをデザインしたカトキが手掛ける)やホワイトアーク石垣デザインなど、MS以外に関しては一概に担当メカが統一されている訳ではないので注意。

特に、ほとんどのザンスカールMSデザインを手がけた石垣純哉は思い入れが強いらしく、彼の画集「ROBOの石」は帯のコメント富野監督だったり、石垣も冒頭のコメントVガンダムの頃の富野監督との思い出をったり、最初のページが本人いわく「初めてデザインしたMS」である本作のシャッコー(の描きおろし新作Ver.)であったりと、影が強いことがうかがい知れる。石垣はその後「ガンダムAGE」でも、ザンスカールMSに似たようなにスリットの入った非モノアイの敵MSデザインを多数手掛けているが、その中でもガンダムレギルスを見た視聴者の中にはザンスカールMSやシャッコーを髣髴とさせると感じた視聴者も多かったのではないだろうか。


主な楽曲


劇中のBGM千住明フルオーケストラで占められており、評価が高い。
富野監督が本作を評価している数少ない要素のひとつでもある。


■sm4134324[ニコ動]

■sm15832813[ニコ動]


制作の経緯


富野監督は本作に関しては放送開始前からかなりのアイデアを練っており、ガンダムF91TV版が没になったため披露出来なかった内容の一部や、SF思考を捨てて自然宗教など、現代の抱える社会問題テーマにするなど作品構想を放送開始前のニュータイプ誌で発表するなどしていて、(ZZの頃のように毎年監督をやっていなかったからかもしれないが…)このインタビューでは「企画書の量は普段の倍近くになった」とっている。

本作では今まで富野監督が携わってきたスタッフが少なく、若手のスタッフが中心となって制作を行っている。その為、作品作りが思うようにいかない場面は多々あったという。 しかしながら、当時対外的な圧に酷くストレスを感じていた監督にとって「スタジオ聖域のようだった」ようで、作品の制作意欲はとても高かったと富野由悠季仕事により記述されている。(尚、本作でデビュー、もとい若手だったスタッフの中には後々著名になった人物も多い。後のガンダムシリーズのほとんどに携わる石垣純哉、カトキハジメを始め、逢坂浩司新保卓郎(現:しんぼたくろう)、声優阪口大助など。その事から本作品での若手スタッフ育成はかなりの成果を収めていると考えられる。) 

本作の中で最も個性的な特徴としてあげられるバイク戦艦については有名な逸話があり、放送開始直前のある時、富野監督バンダイの重役村上克司に呼び出され「戦艦を出せ」と言われたという。これに対し「戦艦が地上で飛ぶならば、バイクだってを飛んでもいいでしょう」と返したところ、「飛ばしてよ」、更に本当にバイク戦艦でいいのかと確認すると「かっこいいじゃないですか」と予想外の反応を示されてしまい、実質バイク戦艦を登場させたという経緯がある。これは、本作がサンライズバンダイに買収される過渡期の作品であり、富野監督く「ZZの頃よりもバックがなかった」と言わしめるほどにスポンサーの権限が強かったという(「それがVガンダムだ」より)。事実、放送開始から翌年の1994年1月サンライズバンダイ下となり、サンライズ上層部もバンダイ側から送り込まれた人間に一新されたという。しかしながら、後に富野監督自身がバイク戦艦について「一番気に入っている艦」だという発言をしており、放送終了直後の特集では「もっとく登場させるべきであった」というコメントを残している。(【機動戦士ガンダムUC公式アカウントの広報いぬツイートより】)


次へ»
最終更新日: 19/02/05 00:57
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ