ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


櫻井螢


ヨミ: サクライケイ
掲示板をミル!
34カキコ!

「泣いて祈れば起きるような奇跡なんか、私はいらない」

櫻井螢とは、lightより2009年12月25日に発売されたPCゲームDies iraeActa est Fabula~』に登場する架の人物。CVかわしまりのPC版)、瑞沢渓移植版)。

なお、専門用に関してはwikipediaに詳しくのっているのでそちらを参照のこと。


概要


ネタバレ注意 この項は、大量の厨二成分とネタバレ成分を多く含んでいます。
ここから下は自己責任でごらんください。

十三騎士団・円卓第五位。ルーンは「闘争」。魔名は「獅子心レオンハルト・アウグスト)」。ただ、この魔名はヴァレリアがつけたものであり、他の魔名とは違ってメルクリウスの嫌みったらしい皮は入っていない。ファンからの称は「アホタル」が多い。

ヒロインの一人で、騎士一の日本人にして最年少団員。そのため、首領たち幹部五人とは面識がなく、ヴィルヘルムたちからは見下されている。一見生で堅物な印を受けるが、根はかなりのであり、精的にかなり脆い。ただ、自身の的のために戦い続ける覚悟は持っており、の前に立ちはだかり続ける。益な殺生を好まず、を助けたりヴィルヘルムやルサルカの行き過ぎた行動に釘を刺す場面もある。

騎士団と大きな関わりを持つ櫻井一族の最後の一人であり、11年前に敬愛していたと先代第五位のベアトリスを同時に失い、ヴァレリアの甘言にのって騎士団入りした経歴を持つ。その後は世界を転々としながら魂を集め(本人くなるべく悪人ってきたらしい)、練成によって二人を取り戻そうとしている。その想いは強く、自身の創造の元となったくらいであり、「失ったものは地球とだって釣り合わない」とするとは対立することが多い。ただ、ルートによっては練成が何たるかを知って側につく。自身のルートにおいては何度もボコボコにされながらも、立ち上がり続ける「強さ」が描かれている。ルートだとサクッとやられちゃうけどな!

専用のテーマ曲は存在しないが、ベアトリスと同様「Thrud Walkure」が多く使用されている。

ちなみに、私センスはかなり悪いが、これは原画家Gユウスケにとっても黒歴史認定らしい。


戦闘能力



聖遺物


『緋々色シャルラッハロート)』櫻井一族によって室町時代に作られた。位階は創造。形態は武装具現

トバルカインの『円卓の』と同じ特殊な金属を使って作り出されており、使用者によって性質が変化するが、が持つことによって炎をう緋色のとして機している。奈良平安時代を彷彿とさせるフォルムをしており、身には「爾天神之命以布斗麻邇爾ト相詔之」という文字が刻まれている。少しわかりづらいが、創造位階になると大太刀の形へと変化する。


創造


かれその避りたまひし耶那美は
Die dahingeschiedene Izanami wurde auf dem Berg Hiba
出雲と伯伎の そのなる婆の山に葬めまつり
an der Grenze zu den Ländern Izumo und Hahaki zu Grabe getragen.
ここに耶那岐
Bei dieser Begebenheit zog Izanagi sein Schwert,
御佩せる十拳を抜きて
das er mit sich führte und dienge von zehn nebeneinander gelegten
その子具土の頚をりたまひき
usten besaß, und enthauptete ihr Kind, Kagutsuchi.
創造
Briah―
天神之命以布斗麻邇爾ト相詔之
Man sollte nach den Gesetzen der Gotter leben.

『爾天神之命以布斗麻邇爾ト相詔之(ここにあまつかみのみこともちて、ふとまににうらへてのりたまひつらく)』。

幼い頃に死別した二人を取り戻したいという気持ちを炎と定義し、「その情熱を決して消さず永遠に燃やし続けたい」という渇望のルールを具現化したの創造。

『自分自身を炎へと変化させる』こと。ただ炎そのものを操るだけでなく、自分自身をも炎へと変化させることで物理的な攻撃を透過することもできる。ただし、透過できるのは自分と同位かそれ以下に限り、格上の相手による攻撃を透過することはかなり難しい。また、自分をどこまで信じているかによって物質透過の確率は変動するというややむらっけのあるでもある。なお、であるために炎に触れなければ至近距離でも熱を発しない。

なお、創造を発動すると緋々色大太刀へ、自身はくなるという変化が生じる。余談ではあるが、この状態のをみてシャナと揶揄する人もいるとかいないとか。

詠唱元ネタ日本歴史書である『古事記』。


関連動画



■sm9186059[ニコ動]

■sm9330153[ニコ動]
左は創造の詠唱ネタバレ注意!右の動画では普段と違った彼女の一面が見られる・・・かも?

関連項目



最終更新日: 13/07/08 02:04
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ